FC2ブログ
歯車は軋軋と音を立てて明りを灯して、折り返して
シグナルという小説を読みました。
関口 尚という方の映画館を舞台にした小説です。

爽やかな読後感を始め、始まりから終わりまでの
総てが非常に映画的な物語でした。
これでもかと物語でした。
優しい人たちが理解されて報われる、そんな素敵な物語でした。

そして、悲しいまでに映画的な物語でした。



この物語は悲惨なまでに、〈物語〉というテーゼに縛られた物語です。

それはミステリアスで在るが為に不幸な罪で罰を背負ったヒロインにも言える事ですし、
そんなヒロインを理解できる人間であるが為に不幸な過去を知る主人公にも言える事です。
そしてヒロインにミステリアスを与える為に、
不幸な狂人の役回りを請け負った存在にすら言える恐ろしい話です。

紐解かれていく物語が描く世界に、
必然という奇跡が重なれば重なる程に。
そこまでのそれほどの物語がなければ、
人は幸せになれないのか。 なってはいけないのか
ひとは幸せを実感できず、納得を覚えないのか。
ラストシーンが映画的でなければ、本当にその物語には喜びはないのか。

あなたは。

そんな黒い感情が心を支配していく。


描かれている物語に、さして真新しい世界はありません。
言ってしまえば、男受けのしそうなヒロインを主人公が陥落す、それだけの物語です。
そこに安っぽい狂人が絡んできて、ドラマチックに対決の構図を演出する。
本当にそれだけの物語だと断ずる事が出来ます。

そんな男女の世界がどれだけあるんでしょうか。
それが本当に皆が憧れる物語なのでしょうか。
それを本当に幸せと言えるのでしょうか。


この物語は非常に爽やかな読後感が背中を押してくれる、
そんな爽やかな余韻を残して幕となります。
しかし本質的には、物語のお人形さんが、
確定していた理解による幸せに到達したに過ぎません。
彼らは善意や優しさに踊らされただけなんです。

描かれた不幸は、本当に彼らが幸せに至る為に必要な試練だったのか。
こんなにも優しい人たちが優しさに届く為には、辛い心の傷が欠かせないのか。
本当に罪深いのはどこのあなたなのか。


この物語を非常に映画的な物語だったと片付けるのは簡単です。
だけど本当にそれでいいのか、ちょっと待ってほしい。
これは非常に切ない物語です。
そこにいたるまでの総てが作為的で物悲しい物語なんです。


叫べばそれで発散されてしまえばそれでいいのか。
どうにも違う気がする。
それでも彼らが笑えている結末を、
喜びと呼ぶのが作法なのか。

奇しくもそれは、優しい生き方ほど辛いものはないという
テーマにも帰結する感情で、だからこそ余韻ひとつに誤魔化してはいけないと思うわけです。


これはとても安い物語です。
それは負の感情からの言葉選びではなく、
ひたすらにお手軽な物語だからです。

まさに歯車を見ているようで、だからこそとても切ない物語構成でした。

とても、いい本だったと思います。
映画化も納得の完成度を誇っています。

総てに意味があるからこそ、登場人物が人形のようで、見ていて切なさが溢れて漏れる。



シグナル。 とても、いい本でした。
スポンサーサイト
2011/11/30(Wed) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
九月が永遠に続けば
そういうわけで、ベストセラーだそうです。

全編に渡って、とにかく品がない。
心底いやになるほどに下世話で下品な小説でした。

実際、生々しい描写がイコールにエロい文章ってわけではなくて。

わりと本気でろくでもない小説だったと思います。
とにかく文章力ひとつで成立してるようなもんなんで、
多分あらすじだけを炙り出せばマジで酷い事になる。
明らかになった真実っぽい雰囲気が、
あくまで登場人物による想像の範疇に留まっているので、
サスペンスを語るわりに「やっべ、これはマジ無理っしょ」という事は特になく、
むしろ「それがマジならヤバいよねー苦笑」的な目線を気取ってしまう。
非常に乗り切れない意味で、しんどい小説でした。

小説を読むのにこれほど苦労したのも久し振りでした。


格別に悪いという事は無いんですけど、個人的にはとにかく相性が悪かったです。
主人公のオバサンがなんか痛々しいのがかなり致命的だったと思います。

いやはや。
特にどんでんも返さないし、
醜い性描写に対する嫌悪感だけでサスペンスが構築されている感じは、
何ともしんどい小説なんじゃないかと。

それはある意味で非常にサスペンスでホラーですよね。
だからどうしたと言われればそれまでな感じがなんとも言えねーんだぜ。

厭な本読んだという意味では、何も良い余韻残らない点が痛々しいですね。
2011/11/06(Sun) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もしももしドラを読んだら
読書をしていないわけでは無いので、たまには雑感を。


そういうわけで、一時期にアホほど売れた「もしドラ」読了しました。

躊躇なくネタバレしますけど、入院中の親友が安い感動の為に死ぬ話です。
そういうのが嫌いな人間としては、ほんとそれだけで色々とブチ壊しでしたね。
途中までは、過程のしつこい進研ゼミのまんがみたいな陳腐さ
わりと程良いヌルさで、悪くなかったんですけど。

あと文章も凄い下手だと言わざるえんストーリーテリングでした。
だって語尾の八割以上が「だった」「でした」「なった」みたくの過去形連打。
素人のヒップホップか、ってぐらいに「た」で締めます。
正直、ここまでやられたら、ケチつけてゴメンナサイの規模。
これは何の報告なのかと。レポートなのかと。
絨毯爆撃炸裂と言う奴ですね。そうですか?


とは言えちょっと真面目な話をするなら、
当然のツッコミとしてご都合主義が過ぎる。
初めから全てが予定調和な配役もそうですが、
何より「組織」が綺麗に運び過ぎている。

それは、「障害」はあれど、それを乗り越えた際に発生するはずの
行動に対する「弊害」がないストーリー運びと言ってもいいでしょう。

ていうかこの物語に漂う嘘くささの大半がその
一切の行動の結果に弊害が無いストーリー運びに起因していて。
一度うまく運んだ物事が予定調和にしか進まない、
現実に山ほど起こるであろう『物事がある程度すすんだ上での想定外の不条理』が
ちっともさっとも存在していない(安い死除く)。

それはもう、ご都合主義と言われても仕方がない作風ですし、
ある意味では間違いなくご都合主義を楽しむ物語運びがされている。

言ってしまえば、保険屋さんの絵空事に似てるんですよね。
うん、これは本当にそういう話だと思う。


それでも、です。
決してボロクソに貶して然るべきな酷い話ではありません。


ただひたすらに焦点を絞った安い話ではあるけれど。
だからこそ描けている面もあるし、
間違いなく下手な入門書よりは親切で読ませる内容です。
決してお勧めする物語ではなくて。
ネタとして弱いのは勿論だけど、
やっぱり読んでて腑に落ちない点が点在しているのが大きいけれど。

それをケチをつけるベクトルと言われればそれまでだけど、
むしろ詐欺っぽい雰囲気に疑ってかかる本能に近い感じ。

だから全てひっくるめて「仕方がない」話だと思います。


そして言うなれば。
洗脳じみた断言や聞く耳を持たない断定に満ちた専門書に比べて、
格段に優しい目線で描かれた物語なのは間違いなくて。

描かれている事象に疑えるというゆとりのある本で、
それはそこまで悪くない物語なんじゃないかと思います。


まあ安い感動の為に親友を殺した展開だけはうんこ。
恥を知るべき工夫の無さには、酷い仕事であると言わざるをえません。

だからこそ、安い話が読みたくて、ちょっと雑学にも触れたい人にはマジお勧めします。

保証できる安っぽさは絶品と言えるでしょう。


いや、ほんと其処まで悪くはねーハズなんですよ。
しかし口を開けば誉められない。なんだこれは。
2011/11/02(Wed) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
兄弟仁義
リハビリには伊坂せんせー、というわけで。

わりと伊坂先生は読んでるノリなんですけど
重力ピエロは派手にスルーしていたので
ちょっと手を出してみたのでその感想として。

けっこうおもしろかった

それが一番しっくりくる感情です。
たとえば結構に展開は読め読めで
普通に八割がたの着地なんかはもう
うん、予想通りだね!ってな感じだったんですが
それが退屈とか不快感とかとは
程遠い所にあるのでさくさく読めましたわけです。


いや、ていうかこれは読む人によっては傑作に部類することができると思う。
最後の一行がね、うまいにくいすごいたくみ。と思う。あれはずるいしすごい。
言葉にできない余韻を絶妙な言葉で言葉にしなかった。
それは本当に、物語の着地としてあるべき幕引きの理想の一つだと思います。


重力ピエロ。
物語にテーマとかメッセージとかそんなん
どうでもいいと思える人にこそオススメです。

ていうかテーマとかメッセージとか、
この本で感化させてる奴は、
それこそ日常を正義を悪徳を
もっと考えて悩んで過ごせよ、って思うんだぜ。
それはこの本の感想でも何でもなく、
余談として主張するんだぜ。
登場人物の言葉なんか借りずともなー。
2011/09/23(Fri) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひとつの陽だまりにガラス玉ふたつとか余裕で入るし
そういうわけで。
テイルズ・オブ・ジ・アビスの3DS版をクリアしました。

いやはや、やっぱ3DSは面白いです。
目が慣れてくると、もぅ3Dで当たり前みたいな感じになってきて
ホント技術の進歩すごいよなー。まじで人類のすごい人はすごいなー。

そんでまぁゲームですが、面白かったですよ。
誰一人として感情移入できないRPGの名に恥じない
絶妙な人間関係が繰り広げられていました。

でもまぁ主人公は噂ほどクズでは無くてびっくり。
いやー、もっとクズを想像してただけに
シンプルに「世間知らず」の言い訳ひとつで
普通に納得できるわがままっぷりはもはや和むレベル。
むしろ、主人公の境遇(設定)を察(確信)していた癖に
放置して、主人公がやらかしたら非難しまくる仲間たちにどん引きですぜ。

いやいや、完全にあの件は子供を放置したあんたらの責任だろと。

あと終盤は専門用語を読み飛ばしていたツケが来て
完全に雰囲気を楽しむだけのゲームと化していましたが
いや、わりと満足な内容でした。しいて言うならボリユーム多すぎ。



そういうわけで、終盤はテイルズゲーの例の如く
パーティ全員がコスプレ状態だったので、非常にカオスでした。

テイルズ・オブ・カオスでした。


・・・ていうか誰もが突っ込んでいるんでしょうけど
よっぽどシンフォニアな設定だったこのアビスの
一体どこら辺がアビスだったのでしょうか。



・・・しかしエンディングの短さだけはいただけない。
あの短さは一体何事なんだぜ。

こっちは30分の壮大エンディングすら覚悟していたというのに!!
2011/08/15(Mon) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ