FC2ブログ
ジャンプ35号雑感
暑い日が続く中如何がお過ごしでしょうか。
自分もあと一日大学へ行けばあとは夏休みです。二ヶ月間の夏休みです。
さて、オレは何をどうしようかねぇわくわく。

それはそうと「ハチミツとクローバー」のコミック10巻が9月8日に緊急発売されるそうで。
この発行ペース、ふふ小躍りしたい気分だよ。
もう八月なんて終わってしまえばいいと思います。求むキングクリムゾンっ。
そんな、お間抜けな発言もほろろにジャンプ感想です。
ネタバレのマシンガン突きしてるようなしてないようなそんな感じですよー。
レポートの後にそのまま書き始めたんで色々と駄目な感想かもしれませんがー。
一部がんばりましたー。たー。たー。
続きを読む
スポンサーサイト



2006/07/30(Sun) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
最低な近況報告アゲイン
ようやくここまできました。
辛き道のり、死のロード。
恐怖のテストとかシーズンも幕がちかづいてきてます。
カーテンフォールだ、アンコールはないぜ。

いやあホント、この一ヶ月はアレな一ヶ月でした。
やらなきゃなことだらけでやりたい事もろくに出来ず、
挙句ガンガン全作品感想ですからねぇだっはっはー
そらネガティブはいりまますよよょょょって話です(笑)
まあそそんなななな愚痴痴痴痴痴もほどほどほどににに。
かゆうま。ヤミーヤミー。病みー病みー。


というワケでひととおりりりテンションは復活したようです。
じゃあそういうワケで。

寝るぞーっ。(みかん)



…、うーん。この前の日記の方が出来がいいなぁあっはっはー。
誰も褒めてくれなかったけど、過去最高級な日記でしたと思います。
色々と大満足な出来だったですよ。この一個下の記事。
マイベスト日記だと思います。色々な意味で。

寝るぞーっ。(みかん)
2006/07/29(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ある種さいてーな近況報告
ヘルシング最新八巻を読了。
あいかわらず台詞がひしひしきます。ヤバイです。ほんとサイコーっす。
誰も彼も酔いどれ。されど誰も彼も至極真っ当。
「神は助けを乞う者を助けたりしない。慈悲を乞う者を救ったりしない」
至極真っ当。これこそ正しい信者ってヤツのあり方です。
いや、ほんと凄おもしれー漫画ー。

ほんと、テスト期間中に読むんじゃなかったですよよよ。
フロム現実トゥ妄想。逃避行スタート。


まったく、おもしれー物語って読むだけで脳汁ぴゅーぴゅー出てきます。
これだから読書はやめられません。
たぶん本を読むのもスポーツやるのも、それこそなんだってみんな、みんな
たぶん求めてるものは同じなんだって。アドレナリンなんだって。

というわけで現在、脳内麻薬全開で脳内妄想全開です。
ドラッグをキメながら芸術活動に奔る人の気持ちが少しだけわかった気がします
ヤベェ、ラリッてるのって楽しいわー。
ていうか平野耕太先生のあとがきみたいな文章かけるようになりたいです。
まさか月が犯人だったなんて…。
そんな平野先生も読んでるハチミツとクローバー。
クライマックスでは、はぐちゃんと花本先生がくっつきます。
あと、リカさんも花本先生とくっつきます。
ついでに、山田さんも花本先生とくっつきます。
花本先生の一人勝ちです。野郎三人はそういうわけで残り物。
そしてラストは竹本君のモノローグで〆。

僕たち三人は、三つ葉のクローバー。
誰かを幸せになんて、できるワケなかったんだ…。完。


いやぁ、ネタバレしちゃってほんとごめんなさい。
うん、「ネタ」なんだ、すまない。
「バレ」は…、そうですね、そこまで丁寧にボケてなんてられませんて感じで。
バレ、バレ、バレ、バレ。サイクロプスの目に見えるものはただひとつ。
デストローイ。





こうやって書くとまんま駄目人間のひとみたいですね。
いや違いますよベイビー、かろうじて駄目人間ちゃいますよメイビー。
断じて駄目人間などであるものか、セイブミーっ。
2006/07/27(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ34号雑感
どうもコンバンワ。
じゃあジャンプ感想いっときます。ネタバレしてますよー。

ていうかテニス休載で一番困ってるのは大先生だと思います。
続きを読む
2006/07/23(Sun) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(2) | コメント(5) | page top↑
ハウルの面白さにびっくりでした。
いや、なんだあの演出の凄まじい巧さは。


これだけじゃなんなのでちょっとだけ追記。

いやぁ、正直予想を遥かに凌ぐ内容でした。
いや、内容は普通のストーリーだと思うんです。
言ってみれば、野郎が抱く少女マンガ的ストーリーへのイメージのテンプレに沿った内容、
って感じに思った次第。
それを面白いと思うか思わないかは人それぞれだと思います。

そんなコトよりも、そういったシンプルなストーリーであそこまで魅せてくれる演出ってヤツが
どれをとっても素晴らしすぎました。
ヤバイですよ、あの何が飛び出すかわくわくする演出は。
でもこれって何にでも説明欲しがるアメリカ人(偏見)とかには通じそうにないなぁ。
いや、アメリカ人はともかく、説明しないから良いんじゃないか。
この映画は凄く良いとっかかりとその余韻を味あわせてくれました。
いや、ホント良かったです。ラストシーン含め。
ラストシーンのあの苦笑いたくなる感じが蝶・サイコーでした。
いやぁ、良い物語を見ました。
批判する余地なんかどこにもないわー。
2006/07/21(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ちょっと本格的に底が見えてきた気がする
はじめに。
なんか、ありのままのテンションで書いたら本当に頭おかしい人の文章になってました。



ちとテストでわたわたしてますんで今まで以上に更新が途絶えがちになりそうです

まあ最近はテンションが公私共々ホント底状態なんで充電期間ということで。
いや、なんかどんどん放電してる気がしますがー。

テスト終わったらテンションも回復しますように。
なんか最近は上がるハシから落ちていきます、テンション。
落下しながら梯子を上ってる気分。上がっているのに落ちていくー。
ひょっとしたら誰かが時を止めて、
せっせこ階段を上ろうとしている私を下ろしているのかもしれません。

起こったことをありのまま話すぜ。
「オレのテンションが上がったと思ったら落ちていた。」
何言ってるかわかんねぇかもしれねぇがオレもあんまし説明する気がねぇ
とにかく催眠術とか超能力なんてチャチなものじゃねぇ。
もっと健気なものを経験したとかなんたらかんたらー。

上がるんじゃねぇー、オレのテンションは上!お前は下だぁー。



全部うろ覚え。だいたいそんな感じ。みんな目が死んでるー。
色々あったけど私は辛気です。臭ェ――、辛気の臭いがプンプンするぜェー。

なんか、ありのままのテンションで書いたら本当に頭おかしい人の文章になってました。
せっかくなんで頭おかしいついでにもうひとつ。


オレ、テストが終わったら愛犬とルーベンスの絵を見に行こうと思ってるんだ
続きを読む
2006/07/20(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
拍手返信のコーナーだよ、わーい拍手拍手ー
どうもコンバンワ。
現在体調不良まっしぐらで試験関係の勉強がはかどらずヤバイヤバイしてます。


調


+ネガティブテンション



こうやって書くと何か見てはいけないものが見えてしまいそうです。
むしろ非日常バッチコイ。逃げちゃだめだー。



そんな感じで遅れに遅れた拍手の返信だけしとこうと想います。
ホント遅れてすいませんでした。
でわ、心当たりのある方はどうぞ。
続きを読む
2006/07/16(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ33号雑感
どもこんばんわー。
今週のジャンプはなんだかボリューム満点で凄い満足度高かったんですが
直前にハチクロの最新刊を読んでからだったので胃が痛くて胸が痛くて。
私は人でなしなんで涙腺が緩んだりは一切しないんですが
(物語で大泣きするのに、ものごっつ憧れてたりします)
いやはや、正直テンションのスイッチが完全にダウン系に入っちゃってまして。
物語読んでここまでうにゃうにゃした気分になったのは
昔読んだ「こどものおもちゃ」以来かもしれません。

いや、ホント頭が重いです。最後の森田さんの言葉が個人的に胸に突き刺さりました。
でもそれでもオレは何か残すために生きたいです。そう思います、でも。



つー感じで、こっからはなるたけ無理してテンションあげようとは思いますが
まあこんな状態なんで、いつも以上に支離滅裂してるかもしれません。
でわ宴もたけなわジャンプ感想です。ネタバレしてます。どうぞー。

続きを読む
2006/07/14(Fri) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
おおよそ正気の沙汰とは思えないガンガン八月号全作品感想
すべての始まりは、数日前の更新にさかのぼります。
その時の私は、ネガティブ全開なテンションにも関わらず
ブログ開設一周年をセルフで祝ってみせるという荒行を成し遂げたのですが
そんな狂ったテンションの末尾にこんな一文を載せたのです。

何か一周年的なアイデァのある方はコメントなり拍手なりで無茶振りしてみてはいかがでしょう
(人事っぽく言うのがコツだよ☆)


ほんの軽い気持ちで載せたこの一文が、よもやこのような事態に私を引きずり込もうとは。
ちらほらと拍手やコメント欄で祝ってくれるありがたいお客様がいた中で
私を絶望のどん底に突き落とすには十分すぎるコメントを、
とある村長さんが残していったのです。

ガンガンの全漫画を懇切丁寧にレビューするとかどうですか。

一周年記念的な記事でやったガンガン感想カテゴリの開設において
「触れている作品が圧倒的に少ないのは、そういうコトです」
って言ってるのにこの無茶振り!地味どころか、露骨に辛すぎます。
誰だよ、人事☆みたいに「無茶振りしてみてはいかがでしょう」などと
戯言りやがった野郎はっ。

今はまだ何も感想書いてない状態なんですが先に言っときます、「もう二度とやんない」

そんな感じで真っ向から受けて立ってみました。
空中楼閣EX一周年特別企画超絶!懇切丁寧なガンガン感想」いきます。
全作品について懇切丁寧に頑張ってみました
そうそう、無茶振りは今でも受け付けてますよー。

それでは、ネタバレしてるので覚悟のあるヤツはかかってこいッ
続きを読む
2006/07/12(Wed) | 月刊少年ガンガン雑感 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
オレの瞳に乾杯という名の現実逃避
というワケでこんにちわ。
現在ガンガン感想で死にそうな目にあってるんですが、
まあそれはそれとして、ネタでひとまずお茶を濁しておこうと思います。
ガンガン感想は木曜までにはなんとかしたいですね。

そんな感じでお茶請け企画!「オレの瞳に乾」杯!開催ッ。

内容は簡単です、お題をキメてボケる。
すごいです、パクってスモールな規模で無許可でやらかそうって魂胆です。
しかも、ちゃっかり自分の別HNを冠する杯にしちゃってる辺りのあざとさと言ったら。

お題FROMオレ!ボケFROMオレ!なこの企画。
しかし「各界」の著名人からの参加を多く頂きました。
この場では匿名とさせていただきますがご了承下さい。


それでは前フリもそこそこにお題を発表します
「鳴かぬなら ○○○○○○○ ほととぎす」
意外と普通だ!

そんなワケで栄えあるボケ発表は続きを読むからっ。
続きを読む
2006/07/11(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フジワラノモップレラァァァ
そこそこ好きだったツギハギが終わってしまって悲しいので、
とりあえず決別がてら適当に文章書いてみました。

今回はただのやっつけ仕事なんであんまし期待とかせずに読むのがいいと思いますよー。



--------------------------------------------------------------------------

木曽 巴・著「藤原フヒトの弟子を求めて(ソガノ出版)」第4巻収録予定の未発表原稿より抜粋



それは、表現する言葉を探す時間も無いほどに、突然で、荒々しくて、容赦なくて、そして絶え間ない攻撃でした。彼らは、明らかに敵意を持って私たちを攻撃してきたのです。手に手に石や枝を拾っては投げて拾っては投げてしてきました。こうなっては、私や私の担当である橘さんも応戦せざるを得ません。それぞれモップと赤ペンを握り締め、飛んでくる石や枝たちをはじき返します。
飛び交う石と赤ペン!私はメモを取る振りをして橘さんの背中の影に入り、橘さんの一挙手一投足を目に焼き付けようと考えました。
ああ、あの時の橘さんのペン捌きといったらもう!華麗で優雅で艶美で冷静で一切の無駄のない、それはもう素晴らしくて素晴らしくて!飛んでくる石や枝をモップで跳ね返すのもほどほどに(とは言っても実際、そのほとんどを橘さんがはじき返してくれていたワケですが)、私は橘さんがまるで風と一体となったかのような錯覚すら覚えてしまうその見事な舞を脳裏に刻み込むのに必死になっていました。実際この辺の記憶に残っているのは橘さんの手さばきや脚さばきや息づかいぐらいなものです。
この本を手に取っている読者の方は、「お前、橘ってヤツしか見てないじゃん」とか「それより景色とか攻撃してる原住民の服装とか描写してくれよ」などと思う人もいるかもしれませんが、今の私の漂流の目的が「藤原フヒトの弟子」を見つけ出すことである以上、それ以外のことなんてノートにぺたぺたと貼り付けたメモみたいなモノです。そんなメモの中から重要な事柄をピックアップして文章にしようとするのであれば、やはりこの場では橘さんの赤ペンさばきしかないでしょう。
しかし、ここではこれぐらいにしておきます。言葉にできないからではありません、あの瞬間は私だけのものだからです!



続きを読む
2006/07/10(Mon) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ32号雑感
るろ剣・完全版を買っちゃったんですが、やっぱ面白いですわ。
二巻の表紙が刃衛なあたりは流石和月先生だと思います。
てか刃衛編はるろ剣の中でもトップな出来のエピソードかもしれません。大好きです。
あと二巻表紙めくった下がすばらしいので是非。カッコよすぎですよ再筆刃衛ー。



そんな感じでジャンプ感想です。ネタバレしてるってウワサだよー。


続きを読む
2006/07/09(Sun) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
武装錬金小説暫定更新・第六話「もしもキミが大事な存在を死守せんとする意思を疑うならば」
(プロローグ「そこにある命」)
(第一話「日直二人ぼっち 」はコチラからどうぞ
)
(第二話「決戦開始は給食時間後」はコチラから)
(第三話「EATER・寄生完了」はコチラ)
(第四話「カーニバル0(ゼロ)」はコチラ)
(第五話「VS.レイニーエモーション」はコチラ)


オリジナル武装錬金小説、「武装錬金ラストエピソード」第六話です。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2006/07/06(Thu) | 小説・武装錬金LE | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
ブログ開設一周年記念日によせて
どうもコンバンワ。日頃からなにとぞお世話になってます。
というワケで本日を持ちまして「空中楼閣EX」開設一周年です。わーぱちぱち。
これからもマイペースにのんべんだらりとやってきたい所存ですので、
今後もお付き合いくださればありがたく幸いに思わせていただきます。
そんな感じで、今後ともヨロシクお願いしますー。


つーワケで一周年なんですが特にネタも思い付かなかったので、
普通にこれまでを振り返ってみようと思います。
名づけて「空中楼閣EXTRA・今更のカテゴリ解説」どんどんぱふぱふー。
それぞれのカテゴリを荒っぽく解説染みたコトしながらざっくらばんに語ります。
まあ、続きを読まれる方は下からどうぞー。
続きを読む
2006/07/04(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
…WWEとかの話
ちょっとハンパじゃなくショックな出来事がWWE及びECWで発生してしまった模様です。
自分にとってはとにかく洒落にならないぐらいにショックでした。
ウチに来てくれてる人の大半はWWEに興味ないだろうですけど、
とりあえず言いたいコトを吐くだけ吐いとこうと思います。

現地情報ですので、当然大きくネタバレしています。ご注意ください。
続きを読む
2006/07/04(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早すぎる引退
いや、もう本当にショックです。

うーん…、言葉が出ない…。
正直残念ですが、うーん。
2006/07/04(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジヤンプ31号雑感
先週はモロモロの事情で日曜にアップできずにすいませんでした。
とりあえず感想自体は遅ればせながら書き上げましたので、未見の方はよろしければどうぞ
個人的には良い感じのテンションで書けたと自己満足してる出来です。

まあそんな感じで今週号のジャンプ感想をば。

追記
どうも今ちと読み返してみた感じ、今回の感想は少し感じ悪いですね、文章が。どうも先日はテンションがダウン系にスイッチ入ってたみたいです。はんせい。
P.S.拍手にてコメントを残してくださった方、どうもありがとうございます。失礼ながら、下のコメント欄にて合わせて返事をさせていただきました。お心当たりのある方は合わせてどうぞーッ。



それではネタバレしてますよってけつかるさかいー。
続きを読む
2006/07/02(Sun) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
 ホームに戻る