FC2ブログ
スパイラルから読み取れるテーマについて
というわけでようやくこっそりと再動。
「スパイラル~推理の絆~」紹介カテゴリ。名づけて「スパイラルをオススメる」。
順調に放置プレイしていたのですが、一応の完成を目指しての再開です。

もう一年近く前の更新で申し訳ないのですが、
前回は「このスパイラルって漫画がどんな漫画か」ということについてと
オススメポイントのひとつでもある「台詞回し含め登場人物のが魅力的まくり」
ということについて、多少(多々)気持ち悪く紹介させていただきました。
そういうわけで、今回は
「それぞれのエピソードに託されたテーマがさりげに、ものっそ深い。」
という一点について紹介できたらと思っています。
そんなに深いと思うかどうかは人それぞれなんですけどね。
深いと思う余地は十分に用意されてると思うわけです。
この漫画ってポエム漫画とかトンデモ推理モノとか見られがちなんですが
(勿論その辺も面白さの大きな一因なのは否定できませんが)
このスパイラルって漫画は、少年漫画の鏡のようなテーマ性を持っていると思いますわけす。

そもそもこの漫画は、大きく分けて以下のようになります。つまり
・どうにか「本格推理」らしかった頃
・VSブレードチルドレン
・カノン来日
・カーニバル
・解決編
・火澄編
・目指すはハッピーエンド

全15巻を以上のように大別できるわけなんですが
それではそれぞれに秘められたテーマについて
私の独断と偏見に満ちた言葉で語っていこうと思います。
要するに、ネタバレ無しの簡単な解説という暴挙。
野暮の一言で片付けられてしまえばそれまでですが、まあどうぞ。

そういうわけで続きは続きを読むからお願いします。

続きを読む
スポンサーサイト



2006/12/28(Thu) | スパイラルをオススメる | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そして時は動き出せ
はい、どうもおはよーございますこんにちわーこんばんわー
にゃんにゃにゃーにゃんにゃにゃーにゃんにゃにゃー!
冬休みですねー、帰省のシーズンですねー、帰省してきまーすっ。
「オレ、この更新が終わったら実家に帰ろうと思うんだ」
って言うとただの死亡フラグですけど
「この更新が終わり次第実家に帰らせていただきます」
っていうと離婚フラグですねなんのはなしだー。


それはそうと、最近ちょくちょくつけてるweb拍手を叩いてくれた方
ほんとうにありがとうございますですよ。

ブログ管理が手抜きになる前に、せこせことコメント返信です


続きを読む
2006/12/27(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
唐突に最低な思いつき
ワンピースの宝樹アダムのネーミングって今考えると絶妙ですよね。
アダムの肋骨からイブが作られたように、
アダムの枝からイブの如き建築物がつくらりるわけですか。
しかし、アダムってその気になれば肋骨の数だけイブを創れるんですかね。
もしそうだとしたらハーレム創れますね
2006/12/26(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
むしろECWをほげほげと
はいどうも。

早速でなんすが、今年復活したECWなんですがどうにも低調で
例のPPVとかもそうなんですけど、
むしろECW勢が質を下げてね?って自分は思うわけなんですよ。
そういうわけで、いっそECWを徹底的に破壊したらよくね?ってコトで
一興行分丸々の妄想を繰り広げてみようと思います。
いわゆるひとつのシナリオ書く練習になればいいなってヤツです。
目指すは面白い妄想。

つー感じで長いので以下、続きを読むからー。


続きを読む
2006/12/26(Tue) | WWEをげほげほと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
朝っぱらから雑記
わーい、冬休みだー。
ていうかアレなんですよ、
なんで12月中ずっと忙しかったくせに昨日今日に限ってヒマなんでしょうね。
まぁ理由は深刻にシンプル、これまで散在しすぎただけなんですけど。
年末は飲み会多すぎだっつーの!
中学生並みの金額しか財布に入ってなかったぜ、
23は天皇誕生日なんでお金下ろせなかったぜー。
そら誘えねぇよ、友達なんか。そら帰れねぇよ実家になんかッ。
でもとりあえずお金下ろしてきて、今日一日は遊び呆けようと思っています。

そういうワケでメリクリっ。
とりあえずタイマー更新で武装錬金小説をUPしたんですが、
様々な事情から一話は更新出来ずのプロローグのみとなってしまいました。
次回更新は恐らく三ヵ月後にあるかないかです。
無理っ、精神的にも時間的にも今って結構いっぱいいっぱいっ。
でもまぁ長かった更新不定期期間もとりあえずはこれまでってコトで
今年いっぱいぐらいはしっかり更新していこうと思います。
来年に入ったら就職活動が本格化するけんね。
前途多難だけど、そんな感じで、I'm going to get some!!
2006/12/25(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プロローグ→第一話「諦めるつもりはない」
はじめに
この小説は、原作武装錬金におけるヴィクトリアとムーンフェイスを中心としたホムンクルスの反乱劇について、原作コミックス全十巻をもとに描いた二次創作武装錬金小説です。
原作「コミックス」の内容をある程度把握していることを前提に物語を進めています。
あらかじめご注意ください。
当然ながら作者様、関係各社様とはいっさい関係ありません。
また、以前にも増してスローペースの更新頻度になると思います。
大変申し訳ありませんが、2007年内の完結を目指してやっていくつもりなので、
気長にお付き合いいただけたら幸いに思います。


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第一話です。
READ MOREからどうぞ。

続きを読む
2006/12/25(Mon) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ジャンプ感想ピリオド
先日の更新でジャンプ感想ファイナルと銘打ったわけですが
察しの良すぎる方は読んでいたかもしれませんね。
ここで「ファイナル」ということは当然続きを意味してるわけですよ。

そういうわけでジャンプ感想ピリオドいくぜー。

やってることは単にこの一年半の総括感想みたいな感じです。
目指すは危険なレベルでのぶっちゃけです。
意見反論感想バッチコ。

そういうわけで長々とぶっちゃけてやろうと思います。
Are you ready?
NO! I said ARE YOU READYYY!??


準備のできた愛すべきピーターパン野郎淑女は続きを読むをクリックだ!
続きを読む
2006/12/20(Wed) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ3号雑感
重機人間ユンボル
めっちゃくちゃおもしれぇぇええっ!!!!贔屓目抜きにしてもハンパ無いです。ていうかぶっちゃけマンキンの続きがあきらめきれなかったんで最初は結構冷めた目で読んでたんですが、もう一瞬で引き込まれちまいました。文句無しです、この漫画大好きだーっ!ナイス少年漫画!こんな少年漫画を何年も待ってたんですよーっ。ようやくジャンプで少年漫画が始まってくれたよー!もう感想とかを胸に秘めたくなるぐらいの圧巻、今のジャンプじゃワンピースとネウロぐらいしか思い当たらないレベルでの感動です。なんというかアレだ、読めれ。


そういうワケで空中楼閣EXのジャンプ感想ファイナルです。
こっからはネタバレしてます。
なんというかワンピースとかのせいで心の内側が無防備な感想になってしまいました。
石を投げたくなった人は存分に投げるといいかもしれません。

続きを読む
2006/12/17(Sun) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ガンガン一月号雑感
なんというかガンガン感想です。遅れたぶんだけちょっとがんばってみました。
でもうっとおしいテンションな気がします。
そりゃネタバレはしてますよ。たぶん。
続きを読む
2006/12/17(Sun) | 月刊少年ガンガン雑感 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
ガンガンについてもちょっとだけ
今月のマテリアル・パズルはなんというか期待外れでした。
なんか斬り裂き魔で上がりきったテンションを「おあずけ」てまで
やる価値のある展開だったとは思えないというか。
ぶっちゃけ無理やりシメに入ってる感すらしますし。
とりあえずは今号の話が実はでかい伏線だったみたいなのを切に願おうと思います。

あとオコノミミは鎌田をかませ犬にするかどうかで
夏海センセの評価が大きく変わる気がします。
安易に面白い展開に走るなら鎌田敗北濃厚ですけど、
リューガにこれまでのハッタリに見合うだけの活躍をさせつつも
鎌田を勝たせた上で決勝にもしっかりと絡ませ
キイチが主人公としての存在をいかんなく発揮する展開を描ききってくれたら
蝶・サイコーってやつです。
そういうわけで今後しばらくのオコノミミはちょっと楽しみです。鎌田が。
でもアレですよ、兵庫県を二度もかませ扱いしやがってゆるさねえ(笑)
2006/12/14(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あまり放置なのもなんなので少しだけジャンプ感想
ラルグラド
女がどうみても精子みたいな量の唾液をだらだら流してるのって普通にエロくないというかキモいっしょ…。ないわー。こんなのただの薬中の人じゃんよー。

ナルト
たまに凄い良い絵が混じってるのがなんとも複雑でした。ナルトはもう少し泥臭い絵柄のほうが光るのかもしれませんねぇ。あとイノは廊下に立ってなさい。これでイノがカカシ先生の影分身の変化だったりしたら熱いですけどもー。

ワンピ
これはチャカす余地なしの最高でした。
「妹達…」
これって地味にフランキーの人柄がにじみ出てくる台詞っすよね。よーするに手ェ出してないってことですし、なんというかホントフランキー一家はみんな良い年した大人の癖に最高の家族だなー。

エムゼロ
九澄すげえかっけえ。かくありたいものです。

ムヒョ
ロージーって一護並みに修行ばっかしてんなー。



気が向いたら追記します。でもたぶんガンガンを先に書くと思いますが。
2006/12/14(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
更新停止のお知らせ・追記しました
来週はちと私事でヤバイことになりそうなんで
とりあえず音信不通状態になる前に連絡しときます。
一週間強ほど更新を停止するかもしれません。
時間があればジャンプ感想書こうとは思ってますけど、
今の状態ではなんともです。
まあ今までサボってたツケがきたようなもんなんで
ひょっとしたら何事もなく三日とかで帰ってくるかもしれませんがー。

そんな感じで今週のジャンプ感想も奇跡を起こせない限りは遅れます。
だってそうでしょ、奇跡は人が起こすもんだぜぃぇぃ。

☆追記☆
順調に奇跡は起きませんでした。
ていうかガンガン感想も遅れるかもしれません。
とりあえずガンガンから優先して感想は書こうと思っていますですよ。
ていうかジャンプ感想は書いたら書いたで物凄い今週は毒吐きそうです。
とりあえず新連載ふたつはなんというか気に喰わないんですなあ。
軽く自粛ムードなんで、まあコメントとかで「書け」と言われたら書きますす。
そんな感じでヨロシクゥ。
でわまたちと失踪してきます。



but the rock is concerned, yes, I'm concerned......THIS, this is HOME...
それはそれで嫌だなぁ(笑)
2006/12/08(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dissing December to Dismember
というワケで、ちょっとECWのPPVについて
ちょっと思うことをつらつらと書こうと思います。
現地情報につきネタバレが多く含まれています
ご注意を。
あと例の如く、多少感じ悪いかも。わかんないですけどとりあえず。
ご注意を。


続きを読む
2006/12/06(Wed) | WWEをげほげほと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メモ書き
とりあえず片付けてしまいたいこと。


・武装錬金考察
・螺旋考察の修正と追加
・新作武装錬金小説プロローグ及び第一話の更新


なんか12月はぐだぐだと急がしそうで、
結局どれも更新すらなさそんなんですけど
とりあえずこうやって書いとくことで自分を引き締めようという試み。

せめてどれか一個は今月中に片つけたいんだけどなー。
とりあえずパソコンで調べ物するのは流石に飽きました。
先月からレポートばっかやってるよー。
もっと堕落したいです。ぼかあスローライフが好きなんだなぁ。
2006/12/05(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今までで一番素に近いバトン回答
バトンとか回ってきたワケじゃないんだけど、
なんか自分のためにあるようなバトンだったのでササっとパチってきました。
今回は一切のボケ無しのガチトークでいきます。
何一つ嘘偽りはありません。
リアルです。
私はこんな人間です。注意はしましたからね。
たぶん凄い幻滅されるだろうけど、
早いとこカミングアウトしたかったんで良いタイミングでした。
ホント、こんな最低野郎なんでそこんとこ死苦夜呂。
注意したかんね。




恋人バトン!

■Q1 今付き合ってる恋人はいますか?
います。とりあえずいます。
正直、飽きがきてるけど、なんだかんだで欠かせない存在ではあります。
でもたぶん代えは全然効く存在です。

■Q2 その恋人と付き合ってどれくらい経ちますか?
なんだかんだでもう三年のつきあいです。
惰性でだらだら付き合ってます。ぞんざいに扱いまくってます

■Q3 この恋人と付き合ったキッカケは?
顔。
何ができるかなんてどうでも良かったです。とにかく顔。
あ、あと金のかからなさそうな辺りはポイントでかかったです。
でも付き合うに至るまでに結構搾り取られました。ダムッ。

■Q4 この恋人以外にどれくらい恋人いました?
一人いました。
今の恋人よりも段違いに綺麗でホントは別れたくなかったんですが
そのこがあまりに体力が無さすぎたので捨てました。
毎日夕方に息切れ状態なのとは付き合いきれませんでした。
別れたんじゃなくて捨てました。でもオレは悪くないよ

■Q5 1番長く続いた恋人とはどれくらいですか?それはいつ頃?
今の恋人の三年ですね。
なんだかんだでやっぱり
学生の身の丈にあった安さというのは恋人選びにおいて重要です

健やかなる時も 病める時も
喜びの時も 悲しみの時も
富める時も 貧しき時も
これを愛し これを敬い
これを慰め これを助け
死が二人を分かつまで
共に生きることを誓いますか?
誓ってたまるか。
ぶっちゃけ今の恋人との付き合いは遊びです。

■Q6 逆に1番短かった恋人はどれくらい?
前の恋人で二年です。
これでもそんな簡単に捨てたりはしない人間です。
自分に捨てる決断をさせるなんてホント大したヤツだったと思います
しかしまさか二年であそこまで体力が落ちるとは思ってませんでした。
そういうわけで捨てました。しつこいけどオレは悪くないからね。

■Q7 恋人を色に例えるなら何色?
青です。
そういえば前の恋人も青っぽい感じでした。
クールで爽やかっぽい感じのこが好きみたいです。

■Q8 恋人との思い出があればどーぞ!!
寝転がってるのを踏みつけてしまったらバキって音がしてあせりました。
その治療費が大変もったいなかったです

■Q9 浮気願望はある?
それはもうめちゃくちゃあります
友達の恋人とか見るたびに目移りしてしまいます。
ていうか、早いとこ今のを捨てて新たな出会いに走りたいです。
ホント別れたい…。

■Q10 今の恋人に一言!!
まあでもあと一年は付き合うつもりなんで、体調管理だけは徹底してくれ。とそんな感じ。
でも一年経ったら確実に捨ててやる。そんで新しい恋人とうひょーってね。







あーなんというかアレです。
とりあえず続きは読んでほしいなあ。
続きを読む
2006/12/04(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ1号雑感
どうもこんばんわ。

12月いっぱいでとりあえず休止するジャンプ感想。
どんな感じに合併号るかわかんないんで、
とりあえず武井先生の新連載まででひとくぎりとする予定してます。
あと、なんかやらかしたい気分なんで、なんかやらかしてほしいことあったら存分にどうぞ。
極力リクエストとかあれば応えたく思ってます。
なかったらヒステリアばりにブッちゃけでもしようかと思ってますが予定は未定。
まあ何かあればなんなりとどうぞ。

それではジャンプ感想です。
ネタバレ、してまっせー。
続きを読む
2006/12/03(Sun) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お笑いの話 ~婆さんや、ビキニマン杯はまだかいのう?の巻~
ちょっとまじめに。


笑いが一番とりやすいところってどこだと思いますかね。
自分は絶対に「ツッコミ」だと思います。
漫才とかでも「笑いどころ」はツッコミの後が多いじゃないですか。
ボケ倒すタイプの芸人よりも、ツッコミばっかりの芸人の方が多いですよね。面白くない芸人は。
逆に、ボケ倒す芸人ってのはたとえあまり面白くなくてもある程度の需要が発生します。
それはなんつっても、ツッコミがあると輝く余地が十分にでてくるから。
これは何もボケる方が偉いとかそうじゃないとかそんなレベルの話じゃありません。
単に、「ボケ」だけで笑いをとるってのは凄い難しいって話
今回はちょっと、そんなお笑いについて語ってみようと思います。


たまに言いますよね、「寒いボケにはつっこんでられない」
これってどうなんでしょう。果たして正論なんでしょか。
違いますね、はっきりと違いますね。くそったれもいいところですね。
さきほども言いましたが、「ボケだけで笑いを取る」のはすげぇ難しいんですよ。
逆に言えば、「ツッコミがあって始めて笑いがとれるボケ」ってのが多いってことです。
これが俗に言う、ツッコミ待ち。
つまりはそういうことなんですよ。
ツッコミ待ちのボケがツッコミ無しでおもろいわけがないやないか、と。
あるボケを寒い、と言える人はツッコミの人だけです。
上手いこと「寒い気持ち」を言葉にするのがツッコミなんですよ。
「そのボケにツッコミ入れたらオレまでおもんない人間みたくみられるやん(笑)」
みたいな感じでいいんですよ。

笑いを取ることの難しさを知ってる人間はお笑いに厳しいです。
笑いを取ることの難しさを知らない人間もお笑いに厳しいです。


でもこの両者って全然違いますよね。
関東関西関係無しに面白い人が点在しているのはそういうことだと思うんです。
別にツッコミをしない人が悪いとかそういう話じゃありません。
ツッコミをしないことをボケのせいにする人がくそったれなだけです
別にボケに対してツッコミをする必要は無いんですよ。
ボケを被せたっていいじゃないですか。ツッコミにつっこんでもいいじゃないですか。
ツッコミできないぐらい大暴投なボケなら、それを言葉にしてつっこめばいいのにね。

笑いを取れる人に尊敬を。
笑いを理解する人に感謝を。
そんな感じ。

本当に面白い人間ってのは、面白くないコトすら面白く料理してみせる人間だと思います。
ボケでもツッコミでもどちらでも。
そういう人ってホントかっけえなあ、って思います、余談として。

そういうわけで、笑いをとるのは滅茶苦茶難しいって話。
お笑いを評価するのはいつだって簡単なんですけどね。いつだって誰だって。
チャオズだって。
2006/12/01(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る