FC2ブログ
メールの返信的な意味合いの後日談
前回記事の続きです。



~今週号のジャンプを使ったわかりやすいあらすじ~

刹那修羅さん「パンツ見せて貰ってもよろしいですか?」
EX’el BLUE「見せるかっ!!!」

EX’el BLUE「お前うんこでるのか?」
刹那修羅さん「あ、うんこは出ますよ」

EX’el BLUE「そんな事よりお前おれの仲間になれ!!!」
刹那修羅さん「ええいいですよ(せっかく新鮮な仲間だ。寿司か…湯ざらしにして…辛い酢ミソでいくのもいい。天ぷらもおつだな)



まあそういうわけで、ちょっとした後日談。
前回記事に対して刹那修羅さんからメールをいただきました。
要約すると「私はMです」という内容でした。
もしあなたがそうなら、僕が尊敬するあこがれの人です
まあ正確には違うんですけどね>要約。
そんな感じでこれからもお互い微妙に仲良くしていきましょう。

つー感じで、お友達が増えました(蝶強引)。ヒャッホィ。


…しかしアレです、ネタをきちんと練る時間が欲しいぜー(笑)。
スポンサーサイト



2007/01/31(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
緊急議題、そして例の如く力いっぱいに無断
◇「日常とは全く関係の無い日常的ブログ」さんと仲良くした方がいい?しなくてもいい?



ふー、びっくりした

うーん、今回は簡単だとぼくは思っていた。
だって、「日常とは全く関係の無い日常的ブログ」さんはおとなりのFC2ブログだものね。
これからもずっとつきあっていかなければならないのだ。
この質問のこたえなんて考えるまでもない。
けれど、最近の空中楼閣EXのリンク情勢を、みんながどんなふうに感じているのか、
それが探りたくてこのテーマにしたのだ。

するとあらら、不思議。
寄せられたのは厳しい「日常とは全く関係の無い日常的ブログ」の電波ばかりだった。
なぜなのかしらん? 
というわけで、今回は多数を占める「しなくていい」派からいってみよう。

「近隣ブログと友好関係をつくるのは『望ましい』ことであって、『なすべき』ことではない」(住所不明・乾さん)。
「隣ブログとは仲良くしたほうがいいに決まっているが、空中楼閣EX側から頭をさげてまで仲良くする必要はない」(海外在住・戌亥さん)。
「友情ごっこのような関係ならいらない。「日常とは全く関係の無い日常的ブログ」とは必要があれば協力し、なければ距離をおくくらいでちょうどいい」(北海道旭川市・DX’el BLUEさん)。

ふー、びっくりした。でも、反対派の意見はほぼ一点に集中している。
「日常とは全く関係の無い日常的ブログ」はジャンプ感想サイトだから、
仲良くする必要はないというもの。
それ、ほんとなのかなあ。


今回のこたえは数字のうえでは「しなくていい」派が圧倒的だったけれど、
応募しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「日常とは全く関係の無い日常的ブログ」さまをリンクに追加しました。


追記・うおっと、元ネタ明記しとくの忘れてました。→(元ネタ)
続きを読む
2007/01/30(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ロイヤルランブル観戦記
WWEのお話。

今日は現地でロイヤルランブルが開催されるそうです。
ロイヤルランブルと言えば四大特番のひとつにして
ロード・トゥ・レッスルマニアの幕開けを告げる重要な大会。
90秒おきに選手が続々参戦するというファンキーなバトルロイヤルで
勝者は30人中のたった一名という長丁場。
ルールも単純明白で、トップロープからリング下に放り投げるだけっていうのが熱いです。
個人的にも一番大好きな試合形式ですともさ。

まあそういうわけで速報がてら観戦記を…ってコレ去年のヤツの観戦記だよー。(←しらじらしい)
そんな感じで、去年のロイヤルランブルの観戦記を今さらUPしようと思います。
ぶっちゃけ観戦記そのものは何ヶ月も前に書き上げたものだったりしますんですけどね。
一度観戦記というヤツを書いてみたかったんです、それだけさー。

もっとしっかり仕上げてから公開したかったけど、まあ仕方なかです。
ていうかやってみてわかったけど、コレすげえしんどい作業だわ。
アフィでもないとやってられないってのが心ではなく言葉で理解できました。
書いたのはランブル戦だけだけど頑張って書いたよ。
以下、去年のランブル戦の観戦記です。


続きを読む
2007/01/29(Mon) | WWEをげほげほと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
止められない運命さ 連鎖レース
最近っつーか、ここ一年ほどはなんだかカラオケが楽しくて仕方ないです。
なんて言うんだろ、歌ってて自分の駄目な所とかがガンガンわかる境地とでもいうんでしょうか。
歌ってても、「オレはもっとうまくなれる」みたいな感じのテンションなんですね。
こうやって言うと、恋次レベルのかませ犬が修行編に突入する前振りみたいかも。
まあそれはともかく。
歌い方を変えたりと、色々と試行錯誤してるんですが手ごたえがあるとやっぱいいですね。
確実に一年前より高音も扱えるようになってきたし、声量も増えました。
これも全てジャンプの巻末広告の通販を買ったおかげです違います。

でもなんだか良いことばかりじゃないんです。
なんか、たまに採点とかしてみるわけですよ。ノリで。
そしたらなんか確実に点数が下がってるんです昔より。
昔だったらそれこそ95以上とかをザラに出してたのが
なんだか今は90越えるも気合必要、みたいな。
アレ、オレ下手糞になってる?

まあ心当たりは色々とあるんで改善の余地アリなのが救いですが
なんというかこのままじゃ終われないぜ。
でもまあ一番の問題はいつも行ってるカラオケ屋さん、
マイクとスピーカーの質が悪すぎることなんですけどね。
そういうわけで最近はカラオケブームです。
そんなことやってる場合じゃ真剣にないのにね。

それにしても最近の邦楽のヘタレっぷりは本当に深刻。
歌いたい新曲が半年以上ほぼゼロってのはカラオケ好きとしてはキツイものがありますぜ。
うーん、真剣にキツくなってきてたり。
2007/01/27(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
軽く壊れた少年漫画ってテーマの感情論
はいどうもこんばんわ。
スケジュール整理してみたら、なんかこれから非情なまでに忙しそうで、
今学期に授業を取りすぎたことを真剣に後悔している後の祭り真っ只中です。
まあ今頑張っとけば来年は大学に行かなくても良いんで頑張りますが。
しかしなんでテストと就職説明会の日がかぶるかなー。
大学ももう少し日程を考えろよーばかー。ばかー。一週間早いだけで大分違うっつーのー。



はいっ。まあ、さっそくですが大絶賛現実逃避をしようと思います。戦略的撤退です。
今回のテーマは、わたくしにとっての「理想の『少年漫画』への条件」です。
非公開コメントにてネタフリいただきました。多謝。

まあね、アレだけ賛美の嵐とブーイングラッシュが交互にくるような感想を
それこそ好き放題に書いてるわけですし、
こうした「基準?」みたいなのは明確にしといた方がいいすわな。

そういうわけで、今回は自分が「少年漫画に求める物語」というものについて
つらつらと語ってみようと思うわけです。
感情の赴くままにキーボード叩いたんで、なんか論点ブレまくりましたと前置いて。





続きを読む
2007/01/26(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
みんなも存分に突っ込むといいと思うよ
いやー、この前友達とカラオケ行ってたんですよ。
そんでこう、「なんか曲ねーかなー」ってパラパラと本めくってると
たまに紛れ込んでるじゃないですか、「お前、場所をわきまえろよ」的なキャラクターソングが。
普段ならそんなん目に入っても
「あー、痛いなー」ぐらいのリアクションしか浮かばない自分なんですが、
先日は少し電撃が走りましたね。
別に電波なタイトルとかじゃ全然ないんですが
脳内「頭おかしい」ランキングを仏契(ぶっちぎり)で突き抜けられた心境を味わいました。
だって曲名「KA・BA・JI」ですよ。
歌手跡部敬吾さまですよ。跡部様が樺地に捧ぐ歌歌ってんですよ
真剣に気持ち悪い見たくない光景ですよ
彼ならやりかねないだけに見たくない光景なんですよ。

まあそんなことを先日考えたなー、みたいなことをさっき思い出して
さっそくYAHOOで歌詞検索かけたんですが
うん、正気じゃないです。

続きを読む
2007/01/25(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント返信
コメント返信です。心当たる方は続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2007/01/23(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カオス強化期間
昔々、ヨーロッパにマルコという少年がいました。
マルコは腹を壊しました。これは早く正露丸を飲まないといけません。
だけど不幸なことに正露丸は母が出稼ぎに行く際に一緒に持ってかれてたのです。
これは大変です。兎にも角にもこんなところで脱糞するわけにはいきません。
そういうわけでマルコは母を捜して遠い大地、ブラジルを目指したのでした。

腹を壊して三千里。次回に続く。






…いや、語呂が良かったもんでつい。
当然「続く」とか書いてますが続きませんよ。打ち切りますよ。
とりあえずそれでも続きが気になる人の為に、みっつの結末を用意しました。
好きな真相を選択するといいと思います。



--------------------------------------------------------------------

3択―ひとつだけ選びなさい
答え・ハンサムのマルコは突如脱糞のアイデアがひらめく
答え・仲間がきて尻をぬぐってくれる
答え・もらせない。現実は非情である。


--------------------------------------------------------------------






なんか前振り長いですね、こんばんわー。
某LOGIC & MATRIXさんの更新を見て、
読者層を意識する重要さを思い知らせれた自分なりの更新でした。
アレです、狙っている層は言うまでもなくM1層です。
心の汚れきってしまった大人の人はひょっとしたら不快に思ったかもしれませんが
それはあなたの心が汚れているからだと思います。
心の綺麗な子供たちは上の小話を見て大爆笑していること請け合いですよ。
子供なんて下ネタ言ってりゃ笑うんだっつの。ウンコー。


人間って、「やっちゃったんだぜ」が口癖として定着するぐらいの暴走が必要と思います。
ちなみに上の口癖は死亡フラグ入っているので素人にはオススメしませんだぜ。
そういうわけで、「貴様は次に「やっちゃったんだぜ」と言うッ」






「と思ったけど別にそんなことなかったぜ!!!」


マルコは限界が近そうだったので最寄のトイレへ解放しておきました。
別に正露丸がなくても何とかなると信じてッ。ご愛読ありがとうございました!


2007/01/23(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
武装錬金小説更新のお知らせ
まあそういうわけで武装錬金小説「ビフォー.」更新しました。
プロローグを一部修正し、第一話も追加した完全版みたいな感じです。
まあ良かったら読んでみてください。感想お待ちしてます。


(武装錬金ビフォー.プロローグ→第一話「諦めるつもりはない」はコチラ)
(ちなみに前作「武装錬金ラストエピソード」はコチラからどうぞ)
2007/01/19(Fri) | 日記 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
どうかネタバレになりますように
巷では「無駄」の一言で片付けられているテニスの王子様の展開予想。
折角なんで自分もやってみました。
ていうか勝手に浮かんだ妄想を文章にしただけなんですが。

まあそういうわけで今やってるタカさんと師範の勝負、
最終的には波動球の打ち合いになると思うんですよ。



河村「…バーニング……、…バーニング……、バーニング……」
師範「むぅっ、その構えはまさか…“参拾壱式波動球”ッッ!」
河村「ぬおりゃあ、バーニングゥウウウウッ!!!!」
桃城「タカさんのあのオーラ…、まさか無我の境地?!」
不二「違うッ、よく見るんだ、タカさんのオーラは右腕に集中している!」
越前「……百錬自得の極みっすか」
眼鏡「まさか、パワーでむりやり扉をこじ開けたというのか?!」
師範「だが所詮は参拾壱式止まりッ、ならば参拾弐式波動球ッ!!」
河村「参拾参式波動球バーニングウゥゥ!!」
師範「なんだとぉっ、ならば参拾四式波動球ッ」
背景「なんだ、この戦い…」「なんか地面が揺れてないか…?」
(中略)
師範「…百六式波動球ッ!!」
海堂「河村先輩スゲェ…。こんな長ェラリー見たことねぇ…」
河村「百七式波動球ッ!!」
師範「よくぞここまで!だがここまでだ、これが究極にして最終奥義…、百八式波動球!」
不二「タカさん!!」
桃城「ヤベェ、これまでの波動球と比べても段違いだ!!」
師範「抵抗は無意味。波動球を返すには無効化するか、もしくはさらに強い波動球で返すしか方法はない。だがおぬしには無効化はまだできぬだろう、そして百八式より強い波動球などは存在しない!!」
河村「ガッデェェエエエエエエムゥッ」
青学「タカさぁーーーんっ!!!」
爆風で煙渦巻き視界が遮られる。だが師範の目に写った一つの影。それはネット際で既に打ち終えた体勢の河村であった。
河村「……百八式“ダッシュ”波動球」
師範「百八式にダッシュを上乗せしただとッ!!不味い、無効化を……ぬぅっ」
師範の手から零れ落ちるラケット。師範の腕は限界をとうに超えていた。
桃城「ラケットを握れねーんじゃ無効化はできねーよな。できねーよ」
崩れ落ちる師範。
ボールはそのまま師範の脇を越え、壁を砕き兆弾したボールを亜久津が受け止める。
亜久津「胸を張れ、河村。てめーが、全国一のパワープレーヤーだ」

○河村 vs師範×
(師範試合続行不能により棄権)




2007/01/17(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
さあ 止められないEraserRain
どもこんばわ。
昨日、コナンを買ってきて読んでたんですが、
少し面白いギャグがあったので紹介してみようと思います。
なんか物凄い釈然としない気持ちで一杯にしてくれる良いボケだったと思います。ます。
以下、主人の返事が無い部屋の中に独断先行してる時のコナン君のモノローグです。

「嫌な予感…。胸が締めつけられるような…、息苦しいこの感覚…。こんな時、そこにはいつも決まって…死体…」

そんな経験に裏付けられた超感覚を言われてもまったく共感できないぜーっ。



そんな感じでコメント返信を以下に少々ッ。


続きを読む
2007/01/14(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
「週刊石川雅之」雑感
新しい漫画買いました。
「もやしもん」の作者様な石川雅之先生による短編集「週刊石川雅之」
いやー良かったですよ。
なんというか年をとるとこういう古典な空気にニヤニヤが止まりません。
コレって10代の時に読んでたらきっともっと微妙な評価を下してそうな感じなんすが
そんなわびさびの効いたニヤニヤを理解りる年になってから読めて良かったです。
この漫画を面白いと思った人は自分判定で有無を言わさずおっさん認定しちゃいます。
ようこそ、「男の世界」へ。

巻末見た感じじゃ2003年初版みたいですね。
いやー、きっと既に知ってる人からしたら
「いまさら何を言ってるんだ」みたいな感じかもですが
まあとりあえず面白かったんで感想を書こうと思います。ネタバレ無しで。


続きを読む
2007/01/12(Fri) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ガンガン2月号雑感
どもこんばわ。さっそくですがガンガン感想です。
忙しい忙しい言いながらもなんだかんだで更新ペースをキープできてる理由は他でもなし。
現実逃避してるからです
知ってるか小僧共、人生とは現実とのチキンレースを言うんだぜ。
そんなわけでネタバレしてますよー。
あとなんか支離滅裂酷いかもしれませんよと予防線はっときまし。

続きを読む
2007/01/11(Thu) | 月刊少年ガンガン雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前半に誇張表現を含む
スープカレーを煮込んだらカレーができました。
ノーベル賞はワシのもんです。


追記・以下に拍手返信を少々追加。
続きを読む
2007/01/08(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
完全に乗り遅れてる今だからやることがある感じ
唐突にですが大自然占いの結果をはっとこうと思います。




大自然占い

理(Theory)

◆全般◆
「理(ことわり)」という大自然占い中、唯一実体を持たない観念的な言葉で表現されているあなたは、やはり他人とは少し違う不思議で神秘的な魅力をもつ人です。
理論的で計算能力に優れ、確立された自分のスタイルを決してくずそうとしませんが、とっつきにくいカタブツというわけではありません。むしろキレの良い話術と愛嬌で他人を楽しませることのできるエンターテイナーで人気者であることが多いでしょう。
音楽的・芸術的才能に恵まれ、思考能力の豊かな芸達者です。
食べ物にはちょっとうるさく、不平不満を言うことがあります。
また、本業を怠けて、レジャーや遊びを優先する傾向があります。誘惑に弱く色情のトラブルにも注意しなければなりません。

◆得意ワザ◆
「急所を突く鋭い一言」
その切れ味はまさにカミソリ。しかも理にかなっているだけに相手も何も言い返せないのがつらいところ。
例えそれが正論でも、鋭すぎる内容は相手を必要以上に傷つける結果となりますので口に出すときは慎重に。

◆あなたに贈る格言◆
「諸刃の剣」
明晰な頭脳でキレ味鋭い理論を展開するあなたですが、切れ過ぎる刃は時には自分を傷つけることもあります。
また、口論で一見相手をやりこめたようでも問題の根本的解決になっていないことも多々あります。
カミソリは良く切れますが、大木は倒せないことを覚えておきましょう。

◆あなたを魔物に例えると◆
「かまいたち」
かまいたちは3兄弟で1匹目が相手を転ばせて、2匹目が鋭いカマで切り裂き、3匹目が薬を塗ってゆくって知ってました?
自分の持つ刃物の鋭さを良く知っているからちゃんと薬をつけてあげるんですよ。

◆色◆
ピンク系の赤 ■

◆適職◆
歯科技師・外科医・経理士・税理士・司法書士・製図設計・保険証券・食品関係・水商売・レジャー関係・芸能関係など
刃物を扱う職業や、他人を楽しませるサービス業、食べ物や言葉、歌など口にまつわる業種に縁があるでしょう。

◆魅力◆
男性:ちょっと「夜の雰囲気」をまとったダンディな男性が多い。アフター5に真価を発揮か?
女性:神秘的で知的な印象の女性。話術や小物使いにセンスが光る。




いやぁ、まんま自分ですねぇ。
詭弁使いなことまで見透かされてますねぇ。
そしてスチールさんとかぶってますねぇ

まあアレです、これだけじゃ手抜き更新すぎるんで色んな結果もはっときます。




続きを読む
2007/01/07(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
不定期更新とはつまりテロみたいなもんです突発的アレの感想
新年ですねー。
ご無沙汰してます、ようやく帰省から帰ってきました。
帰省から帰ってくるとはなんという変な日本語。頭痛で頭が痛くなるわっ。

しかしやっぱりなんだかんだで忙しくて、
来週はテストだったりレポートだったりテストだったりで、
まるで学生みたいな生活を送ることになりそうです。学生だっての。

まあそういうワケで、新年早速愚痴愚痴で失礼しましたね。
しつこいですが今年はスロー更新を心がけていこうと思っています。
じゃあそういうワケで、ジャンプ6・7合併号の感想です。
ネタバレしてます。そして自由です。


この感想を自分の感想休止宣言に対して偲んでくれた雨人さんに捧げます。
いや偲ぶて。死んでねぇよー。そんなセルフツッコミ。

続きはいつものように続きを読むからどうぞからー。
続きを読む
2007/01/06(Sat) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
新年の挨拶
あけまひておめでとうございますっ

こういうときってホントにタイマー更新が便利ですね。
今年も相変わらずぐだぐだと更新していけたらと思っています。
そういうわけで皆さんよいお年をー自分の力で掴み取りませう。


祈るコトも願うコトも心に決めるコトも。
胸のうちでやってるコトは同じなんだから
それなら精一杯に前を向いて実現を目指そうぜ。




新年早々ポエムで始めるとか、ほんと狂ったテンションしてますね(笑)。
そんな感じで、今年もよろれいひ!
2007/01/01(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る