FC2ブログ
失踪ホリデイ
今週末は久々にどっぷりとゲームに触れる予定なんでたぶん失踪します。
ぶっちゃけそれ以外にも予定がそこそこあるんですけどね。
この週末のために今月はばんがったみたいなところもあるんで
のーばでぃきゃんすたっぷみー。

はい、浮かれてますな。
コレは次の更新のテンションが底そうなフラグが立ってしまいましたよ。
あっはっは。



追記
うおう、マジでテンション底った更新をしてしまった。
おれはよげんしゃのひとかー。
スポンサーサイト



2007/04/26(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
色々とコミックス雑感
スチールさんが褒めてらしたので、興味をもって見てみました。
時をかける少女
ただし漫画版。いちおう映画準拠?ってヤツです。
うん、おもしれえぜ!

こういう丁寧な話は大好きですなー。
なんというか教科書みたいな完成度の高さです。
あ、いや、教科書でもアレな話は山ほどのってますが。
こころとか舞姫とか。悪いけどアレはアレです。
物語として酷すぎる。というか人間として酷すぎる。
話がそれました。
とにかく時をかける少女が良かったんです。
無駄のない理想的なお話でした。上の「教科書みたいな」ってのはそういう意味です。
コレは映像でもどこかで時間を見つけて見なければ。
そういうわけで大変満足度の高い一冊でした。

ジャンプもこう、一巻完結のつもりの連載とかすればいいのになー。



あと乙一さん原作を漫画化した短編集ZOOも買いました。
うん、相変わらず趣味悪いぜ。

乙一先生の物語作りって、なんというか「乙一先生らしい」というか
ぶっちゃけ展開を読もうと思ったら読めちゃうんですね。
それでもこうやって楽しめるあたりが、流石のプロフェッショナルだと思いますんだ。
きっと演出のうまさによるものが大きいんでしょうなー。
見事に引き込まれてしまうわけです。
突飛な発想のわけのわからん話よりも
こういった真新しさはないんだけれど丁寧に狂った話のほうが自分はツボる性質なんで
大変よかったのです。
値段以外は。なんだコレ、あきらかにハードカバーである必要はないっしょ。
ぶっちゃけ軽くボラれたぜ。
でもカザリとヨーコは満足度たかかったです。
絵柄が古いのは少しマイナスかも。個人的な嗜好として。
良い紙を使ってるだけに、もっと好みの絵柄の人に書いてほしかったのです。
ただしネームの切り方?は凄いよかったうまかったー。


あともはやどうでもいいことかもですか
ヴァンパイア十字界の最終巻のオマケ漫画の内容に喜んだ人間はいるのでしょうか?
「…あなたもこの千年、封じられていたも同じではないか。望めば違う世界…、月へも火星へも、他の太陽系にも飛べたというのに、あなたはずっとこの苦しみしかない世界から逃れることができなかった。皆を守るためこの世界にあり続けなければならなかった。アーデルハイトは、セイバーハーゲンの十字碑に封じられていた…。しかしあなたは世界そのものによって封じられていた。世界自体が、あなたを縛る絶対の十字界だったのだ
こんな重要なセリフをこんな心底どうでもいい話に挟むだなんて
城平先生らしいというかなんというか。

まあ最近はそんな感じです。
2007/04/24(Tue) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
書きなぐりテスト
続きを読む
2007/04/23(Mon) | さくしあそぴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
レッスルマニア23雑感
縁あってレッスルマニア23を見れたのでうろ覚えながら雑感です。
以下、ネタバレあるかも。
続きを読む
2007/04/22(Sun) | WWEをげほげほと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
中学パワーを取り戻すリハビリ再び
続きを読む
2007/04/21(Sat) | さくしあそぴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10cm絆創膏バトン
10cm絆創膏バトン
続きを読む
2007/04/18(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
vsベヒーモスが特に好きですなあ。
ふと思ったんですが、そろそろエアギアの巻数が天上天下を越えちゃう気がします。
そうやって考えると週刊連載ってスゲエというかなんというか。
短期間で物凄い積み上げをみせてくれるものです。
まあ一番すごいのは大暮センセイでしょうけど。たとえ休載が多くても。

エアギアにしても天上天下にしても、ストーリーだってしっかりしてると思うんですが、
どうも巷ではそう思わない人が多いんでしょうか。
アレは単に脱線が多いだけで、ストーリーは本当に良いと思うんですけどなー。
なんだかんだで熱いところはとてもとても熱いし。
2007/04/18(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
父さん母さんごめんなさい
今週のジャンプに載ってた読み切りは凄い面白かったです。
あ、いや、「面白かった」というよりかは
「印象的だった」という感想の方が的確かもしれません。
あとは少女漫画大好きの設定をもっと魅せて欲しかったのは私のわがままです。
小さくまとまらず、是非とも看板クラスの漫画家に化けてもらいたいものです。

あと跡部様がヅラ疑惑浮上しちゃってますが、あれはヅラじゃありません。
育毛剤から果ては肥料まであらゆるものを試した結果なのです。
最近の科学力は凄いのです。
むかしそんなことを真顔で語ってたカート・アングルという人がいましたのですよ。


それはそうと、就職活動してて思うんですが
七光りが足りねぇよ~。
2007/04/16(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
妄想10cm〇〇バトン
沖田さんから頂きました、妄想10cm〇〇バトン
どうもありがとうございますですよ。

そんな沖田さんが私にチョイスしてくださったキャラクターはエッジ
エッジといえば私のフェイバリットなWWEスーパースターです。
かつてはカナダの馬鹿兄弟として、今はソロで自らをR指定と宣言するナイスガイ。

試合は時々ハズレもやっちゃうけど、
常に何かしらやらかそうというフィニッシュに対する強いこだわりと
さらには、自身を必要以上に誇示せず、相手を引き立て魅せようとするその精神に
わたくしは惹かれずにはいられないわけです。


今回はそんな語りだしたら止まらないぐらいわたくしが敬愛しているエッジが
「10cmのミニマムサイズになっちゃったら?」という
まさに可愛い物好きにとってはたまらないシチュエーションを妄想してみようという
なんというテンションの上がってくるバトン…って相手が野郎じゃ微妙だよ(笑)!

だが愛があればラブイズオーケー(古い)なわけですので
存分に愛をこめた妄想バトンの回答を…って野郎相手じゃやっぱり微妙だよ(笑)!

でもよくよく考えたら、女の子は実物大じゃねーと意味ないよね(最低)。
そういった意味で、この妄想チョイスは正しいのかもしれません。


ちなみに参考リンクとしてR指定のエッジさんのお顔とかを<コチラ>に。
こんなナイスお馬鹿さんがエッジなわけです。我ながらチョイスが酷いぜ。
そんな感じで以下はバトン回答です。



続きを読む
2007/04/15(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第三話です。
続きを読むからどうぞ。

続きを読む
2007/04/12(Thu) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
駄目な映画を盛り上げる為に簡単に命が捨てられて行く。                           違う僕らが見ていたいのは希望に満ちた光だ
突然ですが、「ラブロマ」という漫画を読みました。
健全すぎる高校生男女を中心に繰り広がるラブコメです。


主人公の星野君は、とても正直なひとです。あえて月並みに。
極力気持ちとかをつつぬけにしていこうとするひとでした。
たぶん、こういう風に本当はあけっぴろげたいって人は多いと思います。特に野郎。
シンプルに綺麗事に、そういう風になりたかったひと。特に野郎。
「……ひどい映画だ……」
コレは登場人物が死ぬ映画を見て彼が思っていたことです。
彼は映画で泣けない人だそうです。私と同じですね。
だからでしょうか、すごいうらやましい。

主人公の根岸さんは、とてもまっすぐなひとです。これまた月並みですが。
特に何も考えず気持ちをブチ撒けるタイプのひとだと思います。
そんでいざ意識しちゃうと、とても真面目な考えに至る。
とても野郎っぽい思考の持ち主に見えました。
恋愛に関して幻想を持ってる野郎みたいなおんなのこ。
「ただみんなと一緒に、もう少し子供でいたいんら」
こんな気持ちを持ってる野郎は実はとても多いと思うわけです。

これはそんな真面目な二人が綺麗事抱いて付き合うお話。
だから、とても綺麗なお話でした。



--------------------------------------------------------------------------


色んな人と関わり合いながら、俺達の生活があるんですから、
いけるトコまで綺麗事でいきましょうよ。



-------------------------------------------------------------------------



きっかけはweb拍手でした。

>アフタヌーンKCの、とよ田みのるさんの『ラブロマ』辺りはどうでしょうか?
>漫画としては???なところも多いんですが、青臭いところが逆に新鮮!って感じがする作品です。


そういうわけでヒマな時間を見つけては本屋巡りを二日間で六件繰り返して購入に至りました。
とてもとてもとてもとても良かったです。、中学パワーみなぎってきました。
いや、実際教えてくださった拍手様(仮名)には心から感謝しますです。
あなたが神か?ってぐらいに私好みど真ん中でした。もう本当に。
この場にて本当に心から感謝させていただきます。
ありがとうございました。


そういうわけで、本当にオススメします。ラブロマ。
うちのブログ見てて、私と感性が合うなあと思われてる方は是非是非。

ラブコメは好きだけど、ラブコメ特有のドロドロが苦手な人、
ガキな性格してて、そんでその気持ちをいい年して大事にしたいと思ってる人、
「わるぎ」は大好きで「あくい」が苦手な人、問題なく読める本ですよ。
とりあえず早い話、武装錬金とハチクロが好きな方ならわかってくれると思います。

そういうわけでアフタヌーンKCの、とよ田みのるさんの『ラブロマ』。
ありがとうございました。
読み終わった今は本当にそんな気持ち。
ごちそうさまって言葉を最初に使った人は凄いです。


ご馳走でした。
2007/04/10(Tue) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
うおー遊びたいぜー
最近は新しい漫画に手を出せてないのです。
一応、フルーツバスケットとドロヘドロには目をつけているのですが
前者は「今20冊オーバーに手を出すゆとりが無い」
後者は「なぜかどこにも見当たらない」
という理由から読めてなかったりします。
誰か短めのヤツでオススメとかあったら教えてくださまさー。
真っ当ならぶこめとか読みたいなあ。
エロはいらんから。

・一切関係のないかもしれない追記
そんなことよりもさっきまでやってたロミジュリが面白すぎてどうしようでした。
後半しか見てないのですが、あんな酷いお話は久々に見た気がします。
だってオチが「私たちはロミオとジュリエットじゃないんだし」ですよ。
全て台詞で説明する物語作りといい、あらゆる点ですばらしく駄目なドラマでした。
いやあ笑った笑った。
とりあえず脚本の人はシェイクスピアに土下座してきましょう。




以下拍手返信です。
心当たりのある方はどぞ。
続きを読む
2007/04/07(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
それはそうと、レッスルマニアのエッジの扱いに涙と拍手
たまには就活生らしく就活な日記でも書いてみましょうか。

先日とある企業の面接を受けてきたんですよ。
事前にネットで色々調べてみたところ、少なくとも面接に関しては、とにかく評判がよくて。
面接の雰囲気のよさをあげている人が多かったわけです。

まあオチから言うと、今時に圧迫でした。
うおー、なによりこの自分がネットの情報ごときにおどらせれちまったことが悔しいぜー。



これだけじゃなんなのでジャンプ感想でも追記。





テニス
みんなわかってないなー。この次の展開は「越前が脱ぐ」以外にないでしょうに。服が焦げただけで済んだと考えるかどうかは貴方次第です的な展開。これはアリでしょ。時代は半裸テニスです。テニス中に半裸になった者だけが至れる境地、天衣無縫の極み。おお、辻褄合ってるぜ。

ネウロ
犯人はプログラマー、そんで共犯が秘書。秘書が呼び出してプログラマーが落とした。社長室になんとかしてプログラマーをしこんだのが長男。睦月ちゃんはサイ。

P2
今は鬱展開じゃなくアッパーに突っ切ってほしいんですけどなー。

ナルト
誰がなんと言おうとテンプレ通りのツンデレなんぞに走らなかった岸本先生は本当に偉いと思います。華燐はとても良いキャラだと思いますですよ。

ブリーチ
「副隊長格」扱いの虚新キャラを出すのは流石にやりすぎかと。ここまでするからには是非総力戦にはしってもらいたいものです。

ジャガー
ヒゲみちのネタが地味に好きだったり。ハナケルとハナンダは最高でした。そしてハマーの扱いがもう最高ー。
2007/04/05(Thu) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
下の記事の言い訳
というわけで、この一つ下の更新はエイプリルフールでしたよっと。
ホントはもう少し真面目に作りこみたかったんですが
時間等の都合であんな感じになってしまいました。
察しの通り凄い時間かかってないです。

オチがなんだかヘタレてんなあと反省しきりですね。
2007/04/02(Mon) | 暴発企画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第三話「決断がふたりをわかつまで」
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第三話です。
続きを読むからどうぞ。

続きを読む
2007/04/01(Sun) | 暴発企画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る