FC2ブログ
見たこともないようなギターの弾き方で、聞いたこともないような歌い方をするよ
人間って生き物はとても厄介なもので、
言葉ひとつに一喜一憂するだけでは済まずに、
勝手に傷ついたり傷つけたりします。
コミュニケーションの手段であるはずの言葉なのに、
自分の真意をそのまま言葉にするのが、なぜだかとても難しい。
だってそれは、言葉ってのはあくまでもケースなんだから。
ケースの中身は言葉によって見えないことが多いけど、
それでパッと見ぃでなんとか中身を判断しなくちゃいけない。
だから、どれだけ中にあったかいものが詰まっていたとしても、
その言葉にトゲがたくさんあれば、人は簡単にキズついてしまうんです。

だったら、たとえばプレゼントの「包み方」にまで気を使うように
言葉もしっかりと選ばなければいけないんですね。

あらためましてこんばんわ。
そういうわけで今日は言葉を選ぶってことについてのお話です。
続きを読む
スポンサーサイト



2007/07/31(Tue) | オーバー十代語り場 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ごったみっくす
今週のジャンプ感想は、現在圧倒的に体調が悪いのでお休みします。
風邪なのかアレルギーなのかすらもよくわからないんだぜ。
ああー、アジアカップの感想とかも書きたいのになー。
あんな糞日程を乗り切ったメンバーをバッシングする意味がわからんです。
そら悪いところもあったけど、不可抗力が大半ですように。
まあ気が向けば色々とかきたいなあと思うわけです。

とりあえず今週のジャンプの言いたいことだけ箇条書きでちょっとだけ。
ネタバレは特にないはず。


ナルト→なんだかうちは一族がいなければ世界は平和な気がしてきました。
読切り→なんかガンガンの漫画みたい。背景がゴチャってしてるのがもったいなかでし。
勇者学→先生じゃないムチ子先生に興味はありません。


以下は拍手返信です。

>やばかった、合法ドラッグって聞いて……こんな人だったのかと勝手に失望して、
>お気に入りから永久消去しか

先日のネタ日記で、あやうく有難い常連様の一人を失うところだったようです。
しかしあの日記は注意して書いただけあって嘘はいっさいありませんからね。
みなさんもああした誘導的な文章で誤読をしないように、ご注意ください。
特にマスコミは世論操作をいつも狙っていますから要注意です。
真実ってのはいつもひとつかもしれないけど、
でもソイツは角度によって顔を変えるものなんですよ
。つまりはそういうこと。

凄いですね、あの文章にこんな深いメッセージが込められていたなんてびっくりです。
まあ実際は私が単に悪趣味なだけなんですが(笑)
2007/07/30(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カミングアウト
ここ最近、急速に何もかもがどうでもよくなってきて大変です。
数日前まで、ほんとに負のパワーがたまりにたまっていて
今ならとんでもねー黒い文章が書けそうだぜー、てなテンションだったのが
今は、そんな感情がしおしおと萎えてしまっています。
いったい私はどうなってしまったのでしょうか。

心当たりといえば、合法ドラッグにまた手を出したことぐらいしか見当たりません。
ええ、ぶっちゃけるとドラッガーなんです私は。
手を出したというか、今ではもうすっかり薬漬けでジャンキーと化してしまっています。
キメている状態とキメていない状態では本当に天と地の違いがありますね。
でもラリるだけの価値があるから困ったもんです。
合法ドラッグとはいえ、薬に逃げるのはよくないのかもしれませんが、
やっぱりヤメラレナイトマラナイのです。
薬なしでは生きられない。
もう禁断症状かなんなのかわからないぐらい、
キメてない状態の私の体調は悲惨なものなのです。
だれかたすけてください。
かゆ、うま。


まったく、鼻炎薬が手放せません。
最近は原因不明なんですが鼻炎の調子が絶好調でまじやばいんす。
ほんと薬のせいで頭ボーっとして眠くて色々とあれですよう。
でもおくすり飲まないと水分が全て鼻からでてしまう勢いなんだす。

いや、マジでオチが弱くてごめんなさいー。
2007/07/27(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
もうすぐ選挙。
二十歳になると、クソか浣腸機かを選ぶ権利が与えられます。
そんなことをサウスパークで言っていました。
まったくうまいこというものです。

しかし私は裕福な人間では決してないので、
とりあえず自民にだけは入れるつもりないんですよ。
かといって他もうんこなんですよねえ。

さあ、どのうんこに入れようかなあ…。
どこに入れようが死亡フラグなんだよなー。
オレ、この選挙が終わったら結婚するんだ…ッ!
2007/07/26(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
怒りのパワー
ちょっと前に書いてたとある文章が
感想の域を超えて暴走しすぎた、ちょっと駄目すぎるモノだったために、
現在は頭を冷やすための時間をとっています。
ちょっと最近はテンションの浮き沈みが非常に激しいですね。

でも、だからってヘタレるのもどうなんだろうとも最近は思うようになりました。

納得できないなら戦うのが男の子ってもんじゃないでしょうか、と。
そしてきっと、戦うのと暴れるのは意味が違ってるんです
だったらもっと色んなことに怒って、色んなことと戦って生きたいですね。

そういうわけで、近いうちにしっかりした文章に仕上げてやろうと思うわけです。
武装錬金ゲームについての私の考えってヤツを。

これからの私はもっと色んなコトに怒っていきたいです。
「怒る」っていうとちょっと色んな意味を持ちすぎてしまいますが、
ここでは納得できないことに納得しないという意味であえてこの言葉を。

ヘタレはいいけど、ヘタレを言い訳に逃げるのは駄目。
ボロ糞に怒られてもいいから、もっと全力で本音をブチ撒けよう。
どれだけ「言葉の選び方」ってヤツを否定されようとも
決して「正直な気持ち」ってヤツだけは否定されたくない。

自分が正しいなんて思っていません。そんな自信家な人間じゃないです。
ただ、その場その場の感情ってヤツをもっと大事にしたいな、ってお話。


こんな文章の下で恐縮ですが、拍手返信です。
遅くなってごめんなさい。
続きを読む
2007/07/26(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ34号雑感
数日間放置してしまいました、どうもおひさしぶりです。
六月と七月は個人的にもありえないペースで更新していましたけど
まあ実際はコレが本来の更新ペースのハズです。
だからボクは更新再開の言葉を使わない。
うん、なんだかポエミーですねえあっはっは。
これからしばらくはいつものこうしんぺーすになるきがしますので、
一週間ぐらい音信普通でもご容赦ください。
はい、音信不通宣言はいりましたー。
この言葉を最後にEX'el Blue 乾君は私達の前から姿を消して、 もう2年も経ちましたね。
の前フリ完了ですね。

まあそれはともかくやれることはやれるうちにってワケで
ジャンプ感想 on the ネタバレです。
そういうわけでネタバレしていますよ。

続きを読む
2007/07/23(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
たまにしかいない人でしたみたいです
どっかのだれかさんがかいてたんだけど、アンケート出さない読者っていないも同然なんだってさ。
へー、コミックス買うことには意味なんてないんだねー。

実感こもってるのはすげえ理解できるけどさ、それは言っちゃだめなことだと思うなあ。
つうかすげえ哀しい。
いるよ。アンケート出さないファンだっているよ。そこ否定すんなよ。
いちいち皆が意思表示しなきゃいけねー世界なんてやってらんねえよ。
うっわ、ありえねえ。まじありえねえ。

オレ、いないことにされちゃったよ。

なんて曲解してもみたけど、やっぱり納得はできませんね。
いろんな応援の形があったっていいじゃない。
そりゃ現実としてそんな応援が無視されてしまったりすることが多々あるとしてもさ。
あまり易々と言ってほしい言葉じゃないよね、「いないも同然」なんて言葉。
いるんだから。いたんだから。
真意はどうあれ、言ってほしくなかったよ。やっぱり辛いから。
2007/07/19(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
呪われてるなあMITB。+拍手返信
現地WWE最新のネタバレなんで詳しくは伏せますが
某誰かさんが怪我をしてしまったらしく心底の大ショックです。
ここ半年ほどはマジで頑張り過ぎでしたし、恐れていたことが現実にーって感じです。

ちょっと今のWWEはマジで人手不足だと思いますよねーやっぱり。
ていうか人手はあるんで、もっとたくさんの人間で回さないと、
今、トップの人たちの負担はハンパないものだと思うんですよ。
ロングマッチにボーナスマッチにハウスショーに共催PPVに。
マジで年間300試合ペースの人も多いんじゃないかなあ。
それに最近じゃブランド間も関係ないことが多くなってきていますしにゃあ。
特にシナやマシュー君とかの負担とかヤバいって絶対。
この二人は最近本当に試合をやりすぎだと思います。

ビッグナインのうちの半分が欠場ってのはさすがにヤベーっすよ。
噂のジェリさんが復帰しても、今のトップ戦線じゃ手の合う人すくなそうだしなあ。
つうかシナリオ的に絡めそうなヒールがいないというか。

ヒールがマジでいないんですが、
今こそシナボンとバティがヒールターンすべきタイミングじゃね。
そんでnWoみたいなチームつくろうよー。
もういっそシナバティオートンでチーム組ませちゃおうぜい(笑)





以下は拍手返信です。
心当たりのある方はーどぞ。
続きを読む
2007/07/19(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キミの瞳に乾杯
マキシマムザホルモンの公式サイトのワンコーナーの文章中に


この言葉を最後にマキシマムザ亮君は私達の前から姿を消して、
もう2年も経ちましたね。
私は今でもこの時の亮君の最後の笑顔が忘れられません。
亮君は今も私達の心の中に生きている!
そう信じています。
さようならマキシマムザ亮君。 匿名希望 24歳 OL



って文章があったんですよ。まあ今も探せばありますが。
で、その改編コピペをどこかしらのコメント欄に貼りたいと、前々から自分は企んでいたんです。
しかしまあなんというんでしょうか、
こんなジョークが使えそうな場面ってちょっと冗談になっていない場面が多いんですよね。
皮肉や嫌味ととられては嫌なんで肝心なときについ自主規制しちゃいます。
自分はヘタレです、サーっ。でも心はピュアだよ。

以下、長くなったので畳みます。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2007/07/17(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第十話 敵は全てLet’sお見舞い
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)
(第九話「カーニバルを要す」はコチラ)



それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第十話です。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2007/07/16(Mon) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ジャンプ感想のターン…」「リバースカードオープン、『無効』ッ!!」
今週のジャンプは発売日を完全にスルーしていたり
その他もろもろの事情でやすませていただきまーす。

というか今週号のナルトの表紙が面白すぎてどうでもよくなっちまったぜ。
まさか岸本先生が少年誌であんなエロいべろちゅーの絵を書くだなんて…。
ディダラが時折このような妄想にふけるのを、
見て見ぬ振りをする情が“暁”構成員たちにも存在した。

もうそっち方面にしか見れないぞ、デイダラさんのエロハンド。
ね、なんかどうでもよくなったでしょ?



以下はコメント返信っす。毎度ありがとうございます。
続きを読む
2007/07/16(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サイバラ先生の漫画でも読んで出直せい
最近はよくサウスパークを見てるんですが、もうすっごい面白いです。
知らない人のために解説すると、サウスパークってのはアメリカの方でやってるアニメで、
なんとまあ、差別や偏見を徹底してギャグにしちゃうすっげえ番組なんですね。
怒涛のようなあらゆるパロディとジョークにタブーなんて言葉はありません。
いや、実際は結構自粛しながらやってるとこあると思うんですが
それを感じさせない「やりたい放題の見せつけっぷり」は見事なもんなんですよ。
まさに、自由。ガンダムフリーダム。

まあ嫌いな人は徹底的に嫌いなんでしょうが、
それでも言わせてもらうとあの番組は本当に「教育に良い」と思うわけです。
あのひとつひとつのジョーク全てに意図があってしかもあの一話ごとのシナリオの完成度。
あれに対して怒る人間ってのは、下ネタが嫌いな人か、グロが苦手な人か、
サウスパークではあくまでも風刺や皮肉の体裁をしっかりととっています。
あれを作っている人間は本当に頭が良い人だと思いますんですよ。

そういうわけで、あれは本当に凄いんすまじで。
ああいうのを見ると、日本ってレベルが低いなーって思っちゃいますねえどうしても。
なんというか、日本はしょーっもない規制が多すぎます。
どうにも日本は教育とかって言葉が間違ってつかわれてる気がしますんです。
私に言わせれば、教育に悪いものなんてないんですよ。
ちゃんと両方の側面を教えてさえいれば問題はない。
どちらもしっかりとした「教材」になるんです。
教育に悪いものもしっかりと見せて説明しないとその悪さがわからないんですから
遠ざけるだけじゃ、それはぜんぜん教育になっていない。
まあサウスパークとかは子供に説明するのが大変な部分がありますから
わざわざ見せる必要もないですよ。
でも、見せたって全然かまわないとも思います。
少なくとも、大人に近づけることは確かじゃないかな。
色んなことを知ることは決して悪くありませんから。

もしも、サウスパークが教育に悪いってんなら
図書室中の火の鳥とゲンを取り除いちまえ。
あっちの方が子供にとってよっぽど過激で危険なんだから。
でも大人があの作品を読めば、まさか過激で危険なんて感想は抱かないでしょう。

わかるヤツには年齢なんて関係なく理解できるし
わかんないヤツってのは年齢なんて関係なく理解できない。
サウスパークはマジで文化とか思想の勉強になります。

じゃあ大人と子供の違いってなんなんだ。
いろいろなことを知っているかどうか、理解できているかどうか。
だったら遠ざけていたって何もはじまらねーよ。
続きを読む
2007/07/15(Sun) | オーバー十代語り場 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
アジアカップUAE戦感想
アジアの審判は本当にレベルが低いな…!
笛もカードもそれぞれの裁定理由があるでしょうが、
せめて注意はしっかりとしないとマジあかんて。
そこはしとかないと危ないんゆからさあ。

ちょっと審判がゲームを危険にしすぎてるよう。
2007/07/13(Fri) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヤングアニマルはたぶんもう買わない
ハチクロの羽海野チカ先生の新作連載がヤングアニマルで始まると聞きまして
早速立ち読みに言ってみましたところ、当然のように「封印」がされていまして
そういうわけなんで仕方がないので購入しました。
なんというヘタクソな文章。あじがあっていいですね。ええー。

それはそれでいいんですが、
それよりもハチクロの「スピンオフ」のヤツってコミックス化しないんですかね?
あんましよく知らないんですが、あれって結局どれくらいの量だったんだろう。
一個は読んだんですけどねー。
読んでないのがあるのならなんとか読みたいものですたい。


まぁそういうわけでちょっとだけ雑感です。
ネタバレはあえてなしで。


3月のライオン
なんというか、真山と森田さんと竹本君とはぐちゃんと山田さんの駄目な時のテンションを足してしまったかのような「黒い」話に思いました。はやい話がハチクロ8巻辺りのテンションです、ちょっと違うかな。なんとまーうじうじした人を書くのがうまいんだからなあ、ほんとすげえや。
第一話の段階では前フリがほとんどなんで、あまり「面白い話」ではなかったです。とりあえず話がどう転ぶかわかんないですが、単行本で一気読みした方が面白そうな話な気はしますね。どうしましょう、どのみちDMC目当てで立ち読む雑誌ではあるわけなんですがどーしよーかなー。まあ立読み派になろうがコミックス派になろうが、どのみちコミックスは買うんでしょうけど(笑)

2007/07/13(Fri) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
LET IT BE
あらすじ
来月のガンガン感想は休載なんで誰かかわりに全作品やっといて下さい。

web拍手より。
>じゃあ、僕が・・・ 嘘ですよ、嘘!! 本当に嘘だって!!(雨人)
…。
…。
…。
…(ハッ)。
…ツンデレじゃ。ツンデレ様があらわれたぞ!
2007/07/12(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ガンガン八月号雑感
しっかしイチローは本当にカッコ良いっすねーっ。
役者が違い過ぎってヤツだと思います。
やべーなー。ちょっと感動しちゃったよー。わーわー。



まあそれはそうと、ガンガン感想です。
正確には「何号連続で買いにくい表紙してくれやがるガンガン」感想です。
まじ編集部ふざけんなっつーか勘弁してください。ギブアーップ!
三ヶ月コレが続くと流石に罰ゲームの限度越えてますってばー。

ネタバレしてますよ。

続きを読む
2007/07/11(Wed) | 月刊少年ガンガン雑感 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
関係ないけどカクテルパートナーメロンバニラが美味しかた
エムゼロのクズミタイガがタイガクズミだったことに今更ながら気づいて
あまりの自分の鈍さに愕然としましたこんばんわ。
こういう言葉遊びに気づけなかったことが悔しくてなりません。
しかしなんというか酷い親もいたもんですね。
告白済みに退学済みの姉弟て。




以下は拍手返信です。
続きを読む
2007/07/10(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ32号雑感
ジャンプ感想ですよ。
ネタバレりしてますよう。
続きを読む
2007/07/09(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
というかあの日の自分はなぜ何も思わなかったんだろう
昨日筋トレを久々にしたせいか今日は全身が痛くて痛くて大変でした。
でも全然二の腕だけは痛くないんですが、なんか腕立ての仕方間違えたったけかな。

しかしなんか二の腕がここ数ヶ月の間に、見てとれるほど痩せてしまっているのですよ。
コレで自分が女の子だった日には、とても良い細さってヤツなんですが
いかんせん野郎なんで腕が細いのはなぁとなってしまいますわけです。

いやマジで洒落になってねえなあ。
そういえばふと思い出したんですが何年か前に自動車学校で
「女装とか似合いそうだな」というとんでもないネタ振りをされたことがありますわ。
その時は運転でいっぱいいっぱいだったんで、よく考えずに適当に流してたんですが、
今思うと結構キモいですね、あの教官。
うわ、考えれば考えるほどキモいぞーあっはっは。

記憶の片隅にしっかりと封印しておきましょう。



以下は拍手返信ですよ。心当たりのある方は。
続きを読む
2007/07/08(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フリーダム
ちょっと真面目な話の練習でもしてみようと思います実験。
新しいカテゴリをこっそりと始動ってヤツですね。
喋り場なのでほとんど吟味せず気の赴くままに書いてます。



つーわけで、今回のテーマは「権利と自由」です。
わお、なんとも青いテーマですねわたしらしいですね。

さて、私は「権利」という言葉が嫌いです。
なんていうんでしょうか、ノーリスクで振りかざせる辺りが好かないんですよ。
「われわれには○○という権利があるんだよーっ」て言うのは簡単なんですが、
人の権利の為になにかをしなくちゃいけないってのはぶちあげ心底面倒くさい。
なんか違う気がするんですよね、そういう権利の使い方って。

権利ってのは、誰かが保障してあげる必要のものだとは思います。
でもなんなんだろーなー。なんか釈然とできない。
「権利よこせー」とか「権利あるんだよボケカスアホニラ!」とか。
なにごとにもいちいち権利って言葉が飛び交うのはなんだかなあなんですね。
「騒音やかましいわボケカスニラ」じゃなくて「静かに暮らす権利があるんだよ」とか。
なんか論理のすり替えっつーか、言葉の誤魔化しっつーか。

そういうわけで、少なくとも私はあまり
「権利」って言葉に頼らない生き方をしたいとおもうわけです。

そしてもう一つ。
「自由」って言葉は大好きなんですよ。
生きるも死ぬも自由って言うと極端になっちゃうんですけど、
因果応報とか自業自得といったミーニングが
この「自由」って言葉には含まれていると思うんですね。
権利って言葉に発生するのは「義務」じゃないですか。
私は自由気ままに生きたい人間なんで、義務とかは大嫌いなんですなあ。

そうやって考えると、権利と自由って言葉は対極にあるのかもしれません。
一部の人にしか通じない例えを使うと、リーチは天才を凡夫に変える、みたいな。
権利は自由を奪ってしまうのかもしれません。
それは嫌だなあ。


権利なんて言葉を使わなくても色んな問題にケリを入れられる人になりたいものです。
それがつまり自由ってコトなんだろなあ。
権利には義務が。自由には責任が。
だったら私は後者を選びますんですねー。

ああそうか。
権利をやたら主張する人に感じる違和感の正体がなんだかわかった気がします。
あの人たちは権利の代価である義務を等価で果たしている気がしないんだ。
義務ってのはホイホイ発生するものじゃないってのもあるかもしれませんね。





続きを読む
2007/07/07(Sat) | オーバー十代語り場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ライナーノートアナザー
「武装錬金小説ビフォー.」も順調に話を重ねることができました。
ここらで一度振り返る機会を作ろうじゃないか、
ということで「ライナーノートアナザー」です。
まあやってることはまんま本家本元と同じスタンスですね。できたものはどうアレ。
そういうわけでネタバレがあるでしょうので続きを読むからどうぞ。



続きを読む
2007/07/06(Fri) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
blue World order
流行の脳内メーカーをやってみたところ、嘘と欲が半々でした
詳しく言うと前面に欲を押し出しつつ、裏では嘘まみれのようです。
でもね、脳内がたとえ真っ黒だったとしてもね。
胸のうちはとってもピュアなんだよハイこんにちわ!


年月とは振り返って初めてその速さを知るものでして。
この空中楼閣EXというブログも早二周年です。
振り返ればまあそこそこありました。

しかしまあ、ね。
こうして二年間やってこれたのは、やっぱり閲覧者の方々のおかげであるわけです。
特にこれまでの記事に対して何かしらの反応を残してくださった方。
本当にありがとうございました。
あなた方のコメントがこの今にも崩れそうな空中楼閣を支えてくれています。
(うわー今すげえうまいこと言っちまったよ)
ジャンプ感想なんて割に合わないことをなんだかんだで続けているのも、
皆様のコメントあってのことなんです。
反応がなきゃやってられない面が強いですからねアレは。

本当にありがとうございました。
そして今後ともよろしくお願いします。


それではみなさんおまちかね、空中楼閣EX二周年企画です。
これまでも「カウントダウン企画」と称してこの日に備えてきたわけですね。
そういうわけでもちろん何もありません。
六月中の更新数が無事20を突破できたことが、言わば企画みたいなもんです。
うん、がんばた自分。めさめさがんばたじぶん。すげーがんばた。
うちは基本が「受け身」なブログですから、ネタも無いのに無理はしませんのでし。
しかし同時にネタ振りには全力で応えますブログでもあります。
物足りない人はなんか無茶振りでもしてみるといいんじゃないでしょうか。
どこぞのロック様ばりの受け身をみせてあげましょうともさ。
JUST BRING IT!


当面の目標としては、もう少し武装錬金小説の閲覧者を増やすこと、でしょうか。
どうにもなかなか宣伝というものをしていないせいか、伸び悩んでる気がしますので。

でわ、そういう感じで次の一年もボチボチダラダラ頑張ろうと思います。
That's bottom line ...BECAUSE EX'el BLUE SAYS SO!
2007/07/04(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
第九話「カーニバルを要す」
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第九話です。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2007/07/03(Tue) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ31号雑感
とりあえず簡易版ジャンプ感想!
ネタバレしてますよー。
続きを読む
2007/07/02(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
拒否はお早めに(笑)
六月はついに念願の一ヶ月更新数が20の大台を越えました。
毎日更新しなくて、日参している方にはほんとうに申し訳なく思いますが、
今後も肩の力を抜いてやりたいことを濃くやれたらと思っています。
お蔭様で武装錬金小説の終わりが全然見えてきませんが。

最近はようやく精神状態も以前ぐらいには戻ってきました。
一時期の私は本当に公私共々酷かったですからねえ。

さて。
そういうわけで、ちょっとリンクを増やそうと思います。
前々から増やそう増やそうとは思っていたんですが、
一時期はANO☆ZAMAでろくに管理もできてない状態だったこともあり
あんな状態でリンクを増やすのはどうにも失礼に思えて嫌だったんですね。
そういうわけで遅くはなりましたが、リンク追加です。


AQUA CRESCENT


うちに何度もコメントくださってもいるMisfreakさんのブログです。
まず何がすげえってアンタ、
それこそウチなんか比べ物にならない量のガンガン感想です。
まさに炸裂弾のようなな爆発的ボリュームは
「立ち読み」で書いてるとはにわかには信じ難いほどです。
ていうかまず「あの」ガンガンを立ち読めるのが凄い(笑)。
あえて言いましょう。「ガンガンの立ち読みは物理的に不可能」であると。
HEYジョニー、ガンガン立ち読みしたらムキムキのマッチョになれて女の子にモテモテさ!ってぐらいに不可能技です、マジでハンパありません。
感想そのものの中身ももちろんとてもいい感じに濃いのです。

そしてもちろんガンガン感想だけのブログではありません。
随所に散りばめられるは写真の数々。
私は写真のことはよくわかんない人間なんですんであまり偉そうなことは言えませんが、
それでもああして自分の「作品」を頻繁にアップロードする姿には
私自身も大いに啓発されるものがあるわけです
。もうほんと。
とりあえずどっかの変態蝶々の変態プレイぐらいしか
画像をアップロードしていないようなどこぞの乾さん(It’s me!)がしているブログとは
そこだけでも大違いですよねまったく。

他にもVIPピアノとかいうのだったりとか本当に盛り沢山な内容で、
人によっては正直よくわかんない内容もあったりするかもしれませんが、
そこは圧倒的ボリュームの更新のおかげで一切気になりません。
ていうかむしろ興味を持ったり持たなかったり。

そういうわけでMisfreakさん、今後もよろしくお願いします。
最後になりましたが、突然リンクを貼って御免なさい(笑)
基本の私は受身というか、リンクは「貼り返す」というスタンスだったんですから、
私からリンクを貼らせただけでもたいしたもんだと思いますでました何様気取りでしょうあっはは。

Misfreakさんの本当に徹底された丁寧さには正直ほんとうに憧れます。
ある意味、とても「書いている人」が見えるブログだと思います。
ああいう、心みたいなのがしっかりと見える文章ってヤツは大好きなのですよ私は。


そういうわけで久々のリンク追加ですっ。
2007/07/01(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る