FC2ブログ
第十三話 GIRL MEETS BLACK BLACK
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)
(第九話「カーニバルを要す」はコチラ)
(第十話「敵は全てLet’sお見舞い」はコチラ)
(第十一話「everybody同類項」はコチラ)
(第十二話「スラッシュゼータ 夢見た楽園」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第十三話です。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
スポンサーサイト



2007/08/31(Fri) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Viva la revolution
そういうわけで、武装錬金小説を更新しました。
が、ちょっと今回の更新は多少の説明が必要でしょうと思います。
そういうわけで日記がてらに補足を少々したいと思います。

続きを読む
2007/08/30(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第十二話 スラッシュゼータ 夢見た楽園
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)
(第九話「カーニバルを要す」はコチラ)
(第十話「敵は全てLet’sお見舞い」はコチラ)
(第十一話「everybody同類項」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第十二話です。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2007/08/29(Wed) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エピローグⅡ 禊
はいども。
そういうわけで今週のジャンプ感想は、何を思ったのか懇切丁寧版でお送りしました。
ちょっとその裏話っていうとたいそうですがそんな感じの話です。


続きを読む
2007/08/28(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ジャンプ39号雑感
なんということでしょう、久々のジャンプ感想です。
なんということでしょう、懇切丁寧版です。
ネタバレ
してます。それはいつものことですね。

じゃあ続きを読むからどうぞー。
続きを読む
2007/08/27(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
No more love and peace
大っ嫌いな言葉があります。
それは「平等」。

恐らく誰もがガキの頃から教え込まれたであろうその平等の精神なんですが、
はっきり言ってあんなもんは百害あって一利なしです。
平等ってヤツは下の人の底上げにつながるかもしれませんが、
同時に上の人の首を刎ねているのと同義でもあるわけなんですよ。

そういうわけで今回はそんなクソったれた精神に関するお話です。
テーマはいたってシンプルです。
今すぐ平等なんて言葉のもとに行動するのはやめちまえください。
ひあうぃご。
続きを読む
2007/08/26(Sun) | オーバー十代語り場 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
I will rock you
うん。あれです。
更新再開の前になんとなく挟んだネタのせいで、
かえって更新しにくくなることってあるんですね。
しかもなんとなく書きなぐったポエムの出来がなまじ良いせいで、
別のポエムをさらに更新してお茶を濁すなんて真似もできないから困ったもんです。

なんなんですか、「私は元気です。頑張れの言葉も必要ないほどに」って。
名コピーじゃないですか
なにこれ、こんな適当な更新で使っていい言葉じゃないですよ。
うちのブログの中で屈指の名言じゃあないでしょうか。
こういう希望に満ちた言葉も吐けるんですね私って。

まあそういうわけで。
Finally.......





EX’el BLUE has come back to.......home.



続きを読む
2007/08/26(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
COMING SOON
私の声が聞こえますか。
私がどこにいるかわかりますか。
あなたはどこで何をしていますか。

言葉を声にすることが出来るように、声もまた言葉にすることができる。
だからきっと今、あなたは私の声を聞いているはずなんです。

私はここにいます。
またここに立っています。
あの日言ったさよならを取り消す言葉を吐くために、
これから帰ろうとしています。
だけど今はまだ、その取り消しの言葉は吐きません。
だって吐けば、またさよならが始まってしまうから。
だから。


空中楼閣EX・近日再始動予定


私は元気です。頑張れの言葉も必要ないほどに。
2007/08/21(Tue) | さくしあそぴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
また逢えた日を思って今はさよならを言うよ
それじゃあしばしバイバイ。
DAのベストが出るころまでには戻りまふ。

陽はまたのぼりくりかえしていくー。
2007/08/08(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
それでも何かをさがして夢を見続ける人もいたりして
そういうわけでテストも終わり夏休みに入りましたので、
このブログも少々夏休みに入らせていただきます。
今のところどのくらい休むかは全然決めてないんですで、
ひょっとしたら三日ぐらいでひょこっと帰ってくるかもしれませんが、
もしかするとそのまま自分探しの旅とかしちゃうかもしれませんありえませんね。

私が休んでいる間、「KC Z支部」の雨人さん
ガンガン全作品感想文提出を夏休みの宿題として押し付けているので、
もしもガンガン感想目当てでうちへこられた方とかはそちらに流れるといいと思います。
ドMの雨人そんは、きっととても懇切丁寧なものを仕上げてくれるはずです。
万が一、雨人さんが「現実」のあまりの恐ろしさにヘタレてしまった場合、
それはとても仕方のないことですので、誰も責めないであげてくださいね。
…もしここでヘタれるなら、雨人は最初から、それまでの男だったということでござる。
なんということでしょう、雨人さんをどこぞの左之助扱いです。
まあ左之もドMだしね。雨人さんもきっと
「ガンガン全作品感想を更新るのは諦めな。格が違うしそのうえ、この俺がいる!!」
ぐらいのことはいってくれるはずです。微妙に意味がおかしい発言な気もしますけどー。
ん、これでちょっとはハードル上がったかな、期待してますよー(笑)

それでは心残りもなくなったことですし、最後の夏休みを楽しんでこようと思います。


さあ窓を開け僕はただ手を振るよ
さあ外へ出てもう少し歩けばいい
陽はまたのぼり繰り返していく
僕等の上を通りすぎてく
生き急ぐとしてもかまわない
理由がいる人は残ればいい
飛べるのに飛ばないよりはいい
Hang in there Body clap your hands
Hang in there Body put your hands in Air!



以下は拍手返信ですよっと。
続きを読む
2007/08/07(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ36・37号雑感
ジャンプ感想です。
ネタバレしてますよ。
続きを読む
2007/08/06(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もののふのほまれじゃあーっ
大河ドラマの風林火山が面白くてチェックしてるんですが、
これがもう個人的には新撰組以来のヒットなんです。
もう役者がシブくてシブくて、とてもよい味を出していまして。
しっかし、本当にどうしようもない配役がひとつありまして、
その役者さんが出てくるたびにすべてがブチ壊しされてしまうんです。
もう勘違いした顔芸を始めとして、ボソボソと何いっているかも聞き取りにくいし
彼の存在が出てくるたびにそれまで積み上げたテンションが決壊してしまいますんです。
それでも出番が少なければまあ我慢できるんですが、
あいにくその野郎は武田信玄役なものでして出番が多い多い、
そしてとにかく出るたび要所要所をブチ壊すブチ壊す。
もう本当に勘弁ならんのですよ。カリスマ性がないのよ、演技に。
気分はもう、ギブアーップってヤツです。

もう歌舞伎役者とかを主要人物に配役するのは本当にやめてほしいです。
なんともそういう人たちが足を引っ張ってる現状ってのは、
いかんともしがたいと考ええるわけですよ。
そういう世界とNHKとでなんらかの盟約でもあるのかもとかも邪推したり。

でも風林火山はめちゃくちゃ良くできたおっもしれえ話ですよ。
とりあえず勘助がマジかっけえです。
もう観てて「かっけえ」連呼です。
それだけになあ…。…惜しい……。

つうかガクトかっけえなあ…。びっくりのハマリ役だわー。
2007/08/05(Sun) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
常時つんこレーダー全開
昨日は久しぶりに鼻血を噴きました。
いい年して興奮しちゃってみたいです。てへ。
まあ原因はきっと鼻のかみ過ぎなんですけど。
そういえば私は別に涙もろくない人なんでアレですが
きっと映画とかですぐに泣いてしまう人とかは泣きすぎで鼻の粘膜がボロボロで
きっと鼻血とかも簡単に噴いてしまう状態なのかもしれません。
感動のシーンで鼻血を噴いたりして、
お前は感動のシーンで何を妄想していたんだ
みたいないわれのない非難をうけたりして。
全米が鼻血した。みたいな。

もう自分でも何いってるのかさっぱりです。
私はそればっかですねあっはっは。
2007/08/04(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
第十一話 everybody同類項
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)
(第九話「カーニバルを要す」はコチラ)
(第十話「敵は全てLet’sお見舞い」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第十一話です。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2007/08/03(Fri) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る