FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
第十六話 偽善逃避
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)
(第九話「カーニバルを要す」はコチラ)
(第十話「敵は全てLet’sお見舞い」はコチラ)
(第十一話「everybody同類項」はコチラ)
(第十二話「スラッシュゼータ 夢見た楽園」はコチラ)
(第十三話「GIRL MEETS BLACK BLACK」はコチラ)
(第十四話「FADE TO EATER」はコチラ)
(第十五話「Crimson MONSTER」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第十六話です。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
スポンサーサイト
2007/09/30(Sun) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
びっくりして目がおっきくなっちゃった
髪の毛が刺さります。

就職したらしばらくは髪なんか伸ばせないだろうからって思って
いま何となく髪を伸ばしてるわけなんですが、
ようやく前髪が軽く目にかかるような長さになってきました。
それでどうなったかって?

髪の毛が目に刺さります。
コンタクトが破れたら洒落になんねーです。
なんか自分の髪の強度ならコンタクトぐらい突き破れる気がします。
超人強度凄いです。
俺に近づくと、刃こぼれするぜ。

なんてこたない日記ですね。
早い話、今日チャリこいでる時に目に刺さってピンチったって事です。
なんてこたない、ただの日記でする。


それでは、以下はコメント返信です。
心当たりのある方はどうぞー。

続きを読む
2007/09/28(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
生きている証
最近ちょっと体調が悪くてぐわわわわーです。
もう色んなところに突然ガタがガタガタと。
それでも僕は生きているんです。
体調が悪いと感じれるのも、生きている証なのです。
そしてそんなポジティブシンキングなんかはドブに捨てちまえ。
そんでもっとみんな現実をみようぜ。

そゆことなんで、今週のジャンプ感想はいまさらですがやりません。
悲しいけどこれも現実なんです。
現実を受け入れましょう。

でも、皇国の守護者の結末はどう転んでも受け入れられないけどな!
あとバンブーのアニメの絵柄がなんかキモいっ!
一番受け入れがたい絵柄できやがったぜー。

しかしそんな想いさえも、生きている証なのです。
もうなんかあらゆる事象を説明できる言葉ですね。
生きている証なのです。なのです。


以下はコメント返信です。
こんなわけわかんない文章の下でごめんなさいー。
続きを読む
2007/09/26(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
第十五話 Crimson MONSTER
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)
(第九話「カーニバルを要す」はコチラ)
(第十話「敵は全てLet’sお見舞い」はコチラ)
(第十一話「everybody同類項」はコチラ)
(第十二話「スラッシュゼータ 夢見た楽園」はコチラ)
(第十三話「GIRL MEETS BLACK BLACK」はコチラ)
(第十四話「FADE TO EATER」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第十五話です。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2007/09/24(Mon) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Where is my green door?
コミックス最新刊によると、スパイラル・アライブもじきクライマックスのようです。
二巻以降の路線変更後、あまりにカオスしすぎて、
正直な所よくわからない漫画になってしまった印象なんですが、
頑張ってこれまでの手がかりを元に推理ごっこでもしてみようと思います。

ただ、ここ数ヶ月は実家と下宿先を往復する生活を送っていたため、
最新号までの全ての話数を補間できているわけではなく、
幾つかのガンガンが欠けている状態の推理となっています。
そこんところあらかじめご了承くださいませ。

ネタバレしまくっています。
コミックス派の人は要注意を。


続きを読む
2007/09/22(Sat) | 月刊少年ガンガン雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お前を幸せにするのはほかの誰でもねえ。お前自身だが
この前読んだ「砂時計」って漫画ですが、
せっかくなんでもう少ししっかりと感想を書いてみたいと思います。

コレは全十巻(本編は八巻まで。以下は番外編)の漫画なんですが、
なんというか構成が凄い「綺麗」です。
もう無駄に引っ張ったりしません。
「試合で一年費やす」なんてコトもありません。
とてもテキパキ時間が過ぎていきます。
主人公が12歳から26歳をオーバーするまでの恋模様を描いた
早い話ジャンルはラブコメだと思うんですけど、
正直、普段ジャンプとかばっか読んでるようなのんきな人間には
なんというか、とても重く感じる話でした。

いや、何が重いかって、作中でも主人公が言われてることなんですが、
主人公の杏がすげぇ重い。それはもうめんどくさい(笑)。
どでかいトラウマのせいで、大変傷つきやすく成長していく杏なわけですが、
もう読んでて、「めんどくせーなこの女」と思いまくりでした。
性格がテンプレ的な少女マンガ主人公なわけですが、
そのめんどくささは圧倒的なわけです。追随など許しません。
「あんたの肩にあの子は重かったでしょう?もうおろしていい。幸せに…なりんさい」
とか作中でも言われてるぐらいです。
誰も彼もが主人公の「重さ」を感じてるわけです。主人公自身も含めて。
うおお、めんどくせえ!

でも

そのめんどくささを踏まえた上で描かれる最終章「26歳」編はマジで感動しました。
強がって強く振舞う杏はもう本当にカッコいいし、魅力的でした。
「めんどくさくなくなった」杏の不安定な様子がマジ絶妙でした。
激動の26歳はもう本当にヤバかったです。


「でも「弱さ」は武器になんないよ」
「「弱さ」と「強さ」は紙一重だし…、「強さ」は「優しさ」の上にあると思う。あたしは、ある人にそう教えてもらったの」
「昔の男にたたき込まれた正論ひっ下げて、偉そうに人に説教してんじゃねえよ」
「…杏、あたしはさ。あんたのことが、大好きよ」
がんばり過ぎですよ
「―――美和子が。美和子が、杏を連れて行く…!」
「あえて言う、あんたは強い!しゃんとせえ!一人じゃないけん…!

「がんばれ。がんばれあたし

幸せにしてよ


正直はじめの方は普通の面白い少女マンガだったと思ってました。
だけど全体の構成を通して考えると、これがシビれることすっげえの如しです。
もう「26歳」編の面白さは個人的には最大級の賛辞をおくらせていただきます。
全身が泡立ったよ。

26歳の杏と佐倉さんと楢崎さんが凄い好きでした。
あと椎香しゃんも好きですねえ。
うおお、トラブルメーカーばっかりじゃねえか。
それも碌でもないトラブルを起こした連中ばっかりだぞ。

醍醐と藤君は二人ともパーフェクト超人だったのでどうでもいいや(笑)
この二人はホスト部でもやっていけることうけあいです。
あと楓さんとおばあちゃんもカッコよかったなー。



過去と現在と未来を見事に繋いだ凄い面白い物語。
コレはもうまとめて読むべき。
既読の方からすれば何をいまさらかと思われるかもしれませんが
この漫画は自信を持ってオススメします。
いやはやすげえよ少女マンガ。ほんと。

読んでよかった。この一言に尽きます。
最高の余韻に感謝を。



蛇足としてドラマの出来が凄い気になる今日この頃。
なんでドラマ化の枠が昼ドラだったんだろうかな。
2007/09/22(Sat) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
時代に殺されることができますか。
いつの時代も、理解できない出来事は全て時代のせいにしてしまう人がいます。
最近の子供はどうのこうの、だとか。今の時代は変な人が多い、とか。世も末だとか。
そうやって理解しようとしない。
だけど、そんなわけがない。それでいいわけもない。
だってほら、時代ってヤツには何の罪もねーんよ。あるわけないやんそんなん。

ところが。
公共の電波ですら、コメンテーターが時代のせいに逃げたりしています。
まったくとんだ電波が定着してしまったものです。
そして時に人は、自身の行いですら時代のせいにしてしまいます。
違うだろ。違うよ絶対。
「こんな時代だから」なんて理由をつければ、
全て責任とかが転嫁されると本気で考えてるんでしょうか。
とんでもない話です。

それはもうとんでもない話なんですよ。
時代のせいなわけがない。
すべてはすべて、どこかの誰かのせいですよ。
いいことも、わるいことも。
みんな。みんな。

今回はそんな観点から思考実験してみました。
例のごとくちまちま書き進めていたら長くなってしまったので
続きは続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2007/09/20(Thu) | オーバー十代語り場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛はこもる
ども。
ついさっきまで、色んな有名サイトさんたちが一斉にアップしてた、
パピフェスのオフレポ読んでました。

以下、長かったのでたたみました。
しかし深夜のテンションとは恐ろしいもんだ。

続きを読む
2007/09/20(Thu) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヱヴァンゲリヲン・序の雑感
今日は一日すっかりヒマだったので、
映画を見たり服を買ったり、休日ライフを満喫してきました。
自由とはつくづく素晴らしいものです。

そういうわけでエヴァ序を見てきたので
記憶が残っているうちにちゃちゃーっと感想を書いてしまおうと思います。

ネタバレ無しに少しぶっちゃけると
格別エヴァに思い入れたっぷりの方以外は
わざわざ映画館で見なくてもいいんじゃないかなあ、と。
次の「破」の公開にあわせてDVDなりで見ればそれでいいと思いましたわけです。
まああくまでも私の意見として。
あと、エヴァは予習無しに見るのが一番面白いんですけど、
予習無しに見たら理解できないのもエヴァなんですよね。
つまりはそういう映画でした。
まさにエヴァだったわけです。

それでは、もはや今更かもしれませんがネタバレしてますよー。


続きを読む
2007/09/19(Wed) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どこにもいやしない
絶望先生の主題歌が凄くベネですねこんばんは。
ぶれぶれの方じゃなくて、今のヤツです。あの強引なアレ。
ああいうメロディーラインが凄い好きなんですよね自分という人は。
いいなあ、だいすきだわー。


以下は、コメント返信です。その心意気に感謝をこめて。

続きを読む
2007/09/19(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
第十四話 FADE TO EATER
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)
(第九話「カーニバルを要す」はコチラ)
(第十話「敵は全てLet’sお見舞い」はコチラ)
(第十一話「everybody同類項」はコチラ)
(第十二話「スラッシュゼータ 夢見た楽園」はコチラ)
(第十三話「GIRL MEETS BLACK BLACK」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第十四話です。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2007/09/17(Mon) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
無我の境地
未だにカラオケが大変熱いです。
なんといいますか、
「成長を実感すること、おれっち調子こいてもいんじゃねの如し」
ってぐらいに上達しています。手ごたえグンパツです。
残る課題は、高音っつか裏声にパワーがまだ足りないことと、
あとカラオケ特有の手抜きじみたリードボーカルに翻弄されないこと、
あと喉を痛めないデス声も習得したいところです。
細かいところ言ったらそりゃ沢山課題は出てくるでしょうけど、
とりあえず当面の課題はそんなもんですね。

やっぱりうたはいいものです。
うたえると、なおのこといいよねやっぱ。
2007/09/16(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Don't call me・追記でジャンプ42号雑感
昨日は寝癖だったり湿気だったり汗だったりで髪が巻いて巻いて
気がつけば切原君みたいな前髪になってしまいました。

そういうわけで今の私は大変デンジャーな状態です。
間違っても「ワ」の始まる言葉でののしったりしないでください。


そういうわけでジャンプ感想です。
なんか読んでても特に面白い感想とか浮かばなかったので簡易版です。
ネタバレはしてますね。うん。
続きを読む
2007/09/14(Fri) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ガンガン10月号雑感
相変わらずガンガンの付録は私にとって
「分別がめんどくさい」以外の何者でもないなあ。

そういうわけでガンガン感想です。
おーうジョン、ネタバレしているんだって?
ああおかけでマッチョムキムキさー。

続きを読む
2007/09/11(Tue) | 月刊少年ガンガン雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
い ど ん め
今週のジャンプ感想は、
マサルさんで言うところの
「モエモエがアフロ君のために味噌汁とかを作りたくない理由」
と同じ理由でおやすみさせていただきます。
ご了承ください。

2007/09/10(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
季節は色を変えて幾度めぐろうとも
最近また「ラブコメ読みて」ーっていういつもの病気が再発しまして
そういうわけで前々から気になっていた漫画を読んでみることにしました。
「砂時計」
最近昼ドラにもなったらしい漫画です。

で。近いうちにちゃんと感想書きたいなあとは思っているんですが、
とりあえずひとつだけ。

コメ成分少ねーっ
とても話が重かったよ、油断して読んだから胃もたれしたよ(笑)
構成とかがとても丁寧でとても面白かったんですが、
たぶんドラマとか小説でやられると耐えられない感じな印象を受けました。
なにが耐えられないかって、胃もたれが。
自分のペースでずばばばーっと読める漫画って形式でとてもよかったです。
助かりました、胃が。
基本的にハラハラするストーリーが苦手な性格のをすっかり忘れていたんだぜ。

でもとても面白かったし、せっかくなんで近いうちに雑感したいと思います。
まあ予定は未定ですけどね。
しかし仮にも少女マンガを読んだ感想が胃もたれってのはなんなんだろう。
2007/09/09(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「眠りの中に救いはない」
最近は自分の心の狭さがとても気になっています。
こだわりがあって生きたいと考えて、そうでありたいと望み目指す自分がいるとして、
それでいて自分の許せないものは決して認めたくないって曲げたくない自分がいて。
どうにもその辺の線引きが苦手なんです。
なんというか極端にしか生きれないというか、生きたくないというか。
それでいいと思いつつも、だからって心が狭くなってしまうのはなんかいやで。
そして、こだわりは捨てたくない。

すべてを許容するのでもなく、かといって全て拒絶するのでもなく。
あくまでも個人の意見ってすればある程度はうまくいくんだけど、
かといってそれはエゴというか、やっぱり何かが違う気がする。

糞だと思ったものは糞だと言いたい。
凄いと感じたものは褒めたたえたい。
でもそれって、やっぱり何か違う気が最近はしてきましたわけです。
なんというか、独りよがりというか、心が小さいんだなあ。
自分がそんな人間だと諦めるのはなんともプライドが許さないわけなのです。

そういうわけで、こんなのって、何事においても言えることなんですが、
ちょっとエンターテイメントに絞って考えてみようと思います。

そんな感じで、書きかけてた文章を加筆していたら長くなっちゃいました(笑)。
相変わらず偉そうな文体になってしまいましたが、
思考実験とかも入っているんで
あまり気にせずに肩の力を抜いてよんでいただけたらと思います。
でわ。

続きを読む
2007/09/08(Sat) | オーバー十代語り場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベスト二枚はワンセットで売ってほしいものです
それじゃあしばしバイバイ。
DAのベストが出るころまでには戻りまふ。

なんてことを八月に更新停止する前にのたまった人がいましたが
いざドラゴンアッシュのベストが出てみると
その間に更新を停止しているという、
なんとも一部の人にしかわからないようなボケをかましてしまいました。
まぐれとはいえ、なんとも地味なボケをしてしまったものです。
はいどうもこんにちわ。
私は元気に夏休みですよ。

しかしまあなんといいますか。
今週はなんか拍手をしてくれてる人が多いんでなんともありがたいです。
催促した甲斐があるというものですねあっはっは。



じゃ以下はコメント返信です。


続きを読む
2007/09/07(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ40号雑感簡易版
ぶっちゃけ今週はジャンプ感想を書く気が全然なかったんですが、
ふたつどうしても素晴しい、
それはもうシビれた漫画があったので、
全感想じゃない簡易版でお送りします。

いやマジであれは凄かった。本当に。
じゃあそういうわけでネタバレしていますよ。
続きを読む
2007/09/03(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
感情論
なんか記事の文章がウザかったので畳みます。
読みたい方は続きを読むからどうぞ。
最近のWWEについての話です。

昨日の今日ですが、
ネタバレのRAWとクライムタイムの解雇で一気に冷めたすわ。
なぜここでクライムタイムなのかよくわかんないんですが、
リストに「二人とも」の名前が実はあったとかそんなんなのでしょうか。
なんかスケープゴートのにおいがするわ。
っざっけんな。
続きを読む
2007/09/02(Sun) | WWEをげほげほと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
きんぐおぶざわーるど
社会人とか高校生以下の学生の方々に質問です。
夏休みがあと一ヶ月もあるんですがどうしましょうわーっはっは。
まあやらなきゃなことは多いんですがね。
卒論とかさ。
このブログて言えば錬金小説もできる限りなんとかしたいところです。

しかし前回の更新、書いてるときはノリノリだったんですが
いざ読み返してみるとアレですね。
えっと、言葉責め?
まあそうやって言うほどでもないかもしれませんがー。

以下は拍手返信です。
ホント励みになるんで、みんなもっと無遠慮に叩いてくれていいんだぜ(笑)

・九月二日追記
何人かの方が本当にたたいてくれたようで、普通にホロリホロリでした。
みんなやさしいなーって最近よく思います。どもありがとうございましたっ。
多謝です。

つーわけで以下こそは拍手返信
続きを読む
2007/09/01(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。