FC2ブログ
ジャンプ48号雑感
ジャンプSQ宣伝用の小冊子がとごにもありません。
ようやくエンバーミング2のジャンプ捨てられると思ったんですけどねード畜生。
各家庭の郵便ポストにツッコむぐらいの広報活動を編集部はするべきだったと思います。
無理っす。

ん、以下ジャンプ感想です。
ネタバレしてますよ。
続きを読む
スポンサーサイト



2007/10/29(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第十九話 終結の夜と新たなる負の世界の夜明け
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)
(第九話「カーニバルを要す」はコチラ)
(第十話「敵は全てLet’sお見舞い」はコチラ)
(第十一話「everybody同類項」はコチラ)
(第十二話「スラッシュゼータ 夢見た楽園」はコチラ)
(第十三話「GIRL MEETS BLACK BLACK」はコチラ)
(第十四話「FADE TO EATER」はコチラ)
(第十五話「Crimson MONSTER」はコチラ)
(第十六話「偽善逃避」はコチラ)
(第十七話「ニュートンアップルエモーション(前編)」はコチラ)
(第十八話「ニュートンアップルエモーション(後編)」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第十九話です。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2007/10/27(Sat) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
good bye good day and good bye
最近ずっと引きこもって作業しているのですが
流石に精神が病んできました、例のごとく。

いや、一応毎日外には出てますし、誰かしら友達と喋ったりはしていますが
もう心がうじうじと腐っているのがわかる感じなんです。
八月九月はテンション思いっきり高かったことを考えると、
やっぱうじうじ作業しているのは精神によくねーなーと思うわけです。
あとジャンプSQの予告小冊子がどの本屋にもなかったことがトドメでした。

ていうか最近、その病みっぷりが加速しているのはどうしてなんでしょう。
心当たりといえば、ニコニコでテイルズ・オブ・イノセンスのプロモムービーを
垂れ流していることぐらいしか考えられません。
「うち、そんなん嫌やっ!」
「後悔など後にしろっ!!」
「権力に塗れて肥え膨れた野郎が何言ってんだよ!!」
「でもルカが!!」
「憎しみと裏切りのない世界を望むのなら、力を使うのだ!」
「嘘っ」
「嘘っ!」
「嘘っ!!!」
「ルカ、嫌あぁぁああああああ!!」
「僕なんか、消えてしまえばいい!!それが、一番いいんだああぁああ」
もうこういうのホント大好きなんですよ。
軽く病んでます。軽く病んでるのが大好きなんです。

てことは。
おお、病んでるのは元からじゃないですか。

いや、つい悪い癖で冗談めかしてしまいましたが、
ここまで最新ゲームほしいなーと思ったのは久しぶりです。
卒論なんか無視でっ!


「立派な医者になってね、ルカ。あんたならなんにだってなれるハズだからさ。」
「心配かけて、御免なさい。」


「ただいま」
鳥肌たった。
2007/10/26(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アバウト・ヤンキース
突然ですが(ありがちすぎる導入)、ヤンキーの人が好きです。
なんというか、今にもやらかしそうな空気が心底かっこいいと思うわけですよ。
あの超低速の爆音で暴走族を気取ってる姿なんか、最高に大好きです。
まあ夜中に暴走してるような、人に必要以上に迷惑をかけてるヤツなんてのは
イカロスのように堕ちてしまえばいいとも思っていますがね。
まあそれはともかく、ヤンキーの人が私は大好きなんです。

自分をカッコつける努力を必死にして、しかも空回ってる姿とか。
最先端のヤンキーファションを読み違えたのか、もしくわざとなのか
宇宙が一巡したみたいなオールドファッションをキメてるヤツとか。
上辺の友情には徹底して熱い姿とか。
ホント大好き。
特に自信みなぎるヤンキーのカッコ良さは凄いです。

私にはあんな夢も希望もない真似に全力は注げません。
皮肉でも何でもなしに、本当に凄いと思うわけです。
常識を語ることも大切だとは思うけど、
馬鹿をやったり夢を語ったりする根性もなしに
安易に人を愚弄するような言葉は吐いちゃいけないと思うんですよ。
もっとこう、指差して笑ってあげるのが正しいやり方ではないでしょうか。
馬鹿やってくれてる人間を笑うことは悪いことじゃないはずです。
少なくとも何もしていない人間なんかよりはよっぽど彼らの方がイイと思うわけですよ。
まあ実際に指差して笑うのは愚かの極みですけどねあっはっは。


ヤンキーは絶対カッコいい。
かかわりたくはないけどな!
2007/10/25(Thu) | オーバー十代語り場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちーと言うな
ポーションを買いました。
飲んでもたいして元気にならなかったのは、
きっと私の最大HPが無意味に高いからに違いありません。
そういうわけで誰かエリクサーを下さい。
きっと完全回復をした私はとんでもないはずなんですよ。


以下は拍手返信です。
ここ心当たりのああある方は。
続きを読む
2007/10/24(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ47号雑感
とりあえずぱぱーっとジャンプ感想です。
ネタバレしてますよ。
続きを読む
2007/10/22(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
JOJOバトン
ハッキリと言っておくぜ。オレたちチームはな!
そこら辺のナンパ・Mixiや仲良しブログで“ぶっ殺す”“ぶっ殺す”って
大口叩いて仲間と心を慰めあってる様な負け犬どもとは訳が違うんだからな。
“ぶっ殺す”と心の中で思ったならッ!
その時スデにバトン回答は終わっているんだッ!


そういうわけで、
プッチ神父と一体化したDIOの生命力に引き寄せられて
フロリダこと沖田さんのブログに私も集まっていたので、
バトン回答をしようと思いますわけです。





『ジョジョバトン』

続きを読む
2007/10/21(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ひさびさにこういうので喉が痛くなるほど笑った


2007/10/21(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラルクを聞いている時が一番テンションあがるのはどうなんだろうにゃ
ガンダム00なんですけど、今週はちょっとひどかったと思いました。


なにがって、テロリストが武力行使をやめると宣言したことですよ。
だってほら、信仰とかのためなら死ぬことも厭わない様な奴らが、
そんな簡単にヘタレるわけないでしょってコト。
ゲリラ戦術が圧倒的な暴力でカタがつくならば、
アメリカはベトナム戦争に負けてないし、
イラク戦争は完結してますし
いまごろアメリカは世界の警察として機能してますよ。


別にガキっぽい設定とかはどうでもいいんですよ。
どっかの誰かみたいにそれをつまんねーコトの言い訳にしてないですし。
スポンサーとかPTAに対してヘタレたとしか思えない表現の数々も、
それがテレビの限界なんだと考えればどうでもいいです。
表現の限界がどこまでかによって、その媒体の価値がわかりますからね。

そんなコトよりも。
ものごとがそんな簡単に進む世界なら誰も泣いたりしないと思うんです。
仮にも戦争をテーマに扱うのなら、
ものごとは簡単に進んじゃいけないと思うなあ。
どこを妥協しても、そこがデッドライン、そこだけは妥協しちゃ駄目なんですよ。
正直世の中ナメてるとしか思えない「武力で戦争を終わらせる」って理想めがけて
主人公たちが血を吐きながら励んでようやく叶うもの、
それがテロリストの武力行使しません宣言なんじゃねーかなあ。

なんか甘えたストーリーだと思いましたー。何様ー。
2007/10/20(Sat) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あえてなんと言う作品かは言わない
今日はなんか体調が悪かったので、自分に優しく睡眠しまくってました。
こんな風に生活できるのも残る卒業までの半年までなんだな
と思うとセンチメンタルバスです。
(体温が)39度の!(肉体が)とろけそうな日!
まあ今日は別に熱があったりしたわけじゃないと思うんですけどね。

それだけじゃなんですので、
最近読んだ本の名言でもここに脈絡なく引用しておこうと思います。

「つまらないことは罪だよ」

人は誰でも罪を背負っているとはよく言ったものです。
ほんとに脈絡ねーなー。
2007/10/18(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第十八話 ニュートンアップルエモーション(後編)
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)
(第九話「カーニバルを要す」はコチラ)
(第十話「敵は全てLet’sお見舞い」はコチラ)
(第十一話「everybody同類項」はコチラ)
(第十二話「スラッシュゼータ 夢見た楽園」はコチラ)
(第十三話「GIRL MEETS BLACK BLACK」はコチラ)
(第十四話「FADE TO EATER」はコチラ)
(第十五話「Crimson MONSTER」はコチラ)
(第十六話「偽善逃避」はコチラ)
(第十七話「ニュートンアップルエモーション(前編)」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第十八話です。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2007/10/18(Thu) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
せんちめんたるばす
昔の自分はあまり好きじゃないし、今の自分もまだ好きじゃないんだけど、
昔に比べたら好きっつーか、嫌いじゃない、ぐらいにはなってきた気がしたり。

そんな感じで、最近は、よく自分のルーツみたいなのをよく考えてます。

自分とは全然違う性格だったハズなのに、
気がつけば自分の性格の随所随所にある両親の影響力に気づいたり、
あの日あの時あの出来事が、今の自分に多大な影響を与えているとか、
ああ、自分は今でも昔を引きずってんなー、とかそういうの。

ささいな音楽で、なんかジンときたり。
ここ最近では、なんか本読んでて泣きたくなったりする始末です。
なんか、色んなコトをすぐ昔にかさねてしまうわけですよ。
あんなことあったなー、とかこんなことあったねーとか。



ヤバイって、完璧に死亡フラグやないですかコレ
2007/10/16(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ジャンプ46号雑感
J-LINKさんがしんでるらしいので試しにジャンプ感想を書いてみました。
今週の感想をわざわざウチまで見に来てくれた全ての方に、感謝。

とか思ってたら普通に復旧してました。ちょっと残念です(笑)。


まあそれはともかくジャンプ感想です。
ネタバレしてますよ。

続きを読む
2007/10/15(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第十七話 ニュートンアップルエモーション(前編)
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)
(第九話「カーニバルを要す」はコチラ)
(第十話「敵は全てLet’sお見舞い」はコチラ)
(第十一話「everybody同類項」はコチラ)
(第十二話「スラッシュゼータ 夢見た楽園」はコチラ)
(第十三話「GIRL MEETS BLACK BLACK」はコチラ)
(第十四話「FADE TO EATER」はコチラ)
(第十五話「Crimson MONSTER」はコチラ)
(第十六話「偽善逃避」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第十七話です。
続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2007/10/14(Sun) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
かもしてころすぞ
二日酔いです、睡眠不足です。
そんな状態だったせいか、
今日の日中はずいぶんと長いお昼寝をしてしまいました。
しかしいずれ目はさめるわけです。
おなかがすいたー、そんな状態で。
のどがかわいたー、そんな状態で。
そんな状況を解決するような飲み物はただひとつです。
完全栄養食こと牛乳です。
ということで腹が――――っっっ!!!!

即座にやってきた腹痛に殺されるかと思いました。
みんなは二日酔い+空腹な状態で牛乳はやめた方がいいぜーっ。
俺の屍を越えていけっ(たぶん言葉の使い方間違ってる)



以下は拍手返信ですよ。
ここころあたたるかたたは。


続きを読む
2007/10/13(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ガンガン11月号雑感
はいども。
いや、ね。
今心底大ピンチなんですよ。
タイムリミットが迫っているわけなんですよ。

でね。
急いで書く気全然なかったガンガン感想なんですけどね。
まだ全部の漫画読めてないんですけどね。
ちょっと簡易版で感想を書こうと思ったわけです。
いや、だってさ。


オレ、凄くね?



以下ネタバレしています。お気をつけを。
続きを読む
2007/10/13(Sat) | 月刊少年ガンガン雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「これが高校生――――……」
バンブーブレードに剣道っぽさを求めている人たちへ。
あなたは野球漫画に野球っぽさを求めますか。
んっんー、名文だなコレは。
それはそうと冒頭が「~な人たちへ」みたいな文体だと、
だっさいどこぞの新聞みたいでダっサイですねーふふふ。

まあそれはともかく、バンブーブレードって漫画は
剣道を通しての登場人物の成長を描いているんで、
立派に剣の道をいっているんじゃあないかと
剣道をやったことない人間は思いますわけです。
剣の理法により、人間的に成長する、だっけ(うけうり)
道はひとつじゃないっていいますしね。

でも橘だけは間違いなく外道。
邪剣じゃ。修羅の剣というのもおごがましいわーっ。
と、まあ、どれだけ良いことを書いても
橘の名前ひとつでぶち壊しになるんですから
橘はやっぱりすごいですね。
オチにうってつけー。
2007/10/12(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
諸悪の根源なんて言葉はふつう使わない
どうもおひさしぶりです。
更新ほったらかして遊びほうけていました。
いやほんとごめんなさい。ほうけでごめんなさい。

まあそれはともかく。
そしたら色々と後回ししていたモノが積もり積もって
長期プランの重荷がぷよぷよのように積もり積もっていまして
今ちょっと大変なことになっています。
なんかもう笑いが止まりません。
連鎖発動の手前でおじゃまぷよが振ってきて、
全てはじめからやり直し、みたいなそんな状態です。
そんな諸悪の根源は確実に私の現実逃避染みた大連鎖狙いの積み重ねです。
み、身動きがとれないっ。現実おそるべしです。

人生とはゴールのないぷよぷよのようなもの、
相手が死んでも「自分の人生」というゲームは終わらないのだから


なんかとてもうまい事言えたのでまだまだ私は元気みたいです。
それではあまり逃避していてもあれなんで、現実に戻ります。




以下は拍手返信です。
ほんとありがとうございます。心当たりのある方はどぞ
続きを読む
2007/10/10(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ふーだへるあいあむ
今日はなんかメシを作ることめんどくさきこと山の如しだったんで、
近所のスーパーで惣菜を買ってきました。
そのあまりの不味さに吐血プラスアルファものでした。
なんだあの不味さは、創業以来の油つかってるんじゃね、ってぐらいの不味さ。
というか刺身の不味さに
気ーがー狂ーいーそーうー(なーなーなーなーなーなーなー)
やさしい歌が好ーきーでー。
もうなんというか、ちょっとあの不味さは異常だと思いました。てめーどこ産だ。

それはそうと今週末はちょっとゴタゴタしてるんでジャンプ感想やりません。
その代わりこの場でハンター最新刊の感想を書こうと思います。

一年以上も待たせたわけですから、
きっとバスタードもびっくりの加筆を見せてくれると思ったんですが、案外普通に白かったです。
でもネフェルピトーがやっぱりかわいかったです。

これはなんというひどい文章。脈絡もへったくれもありませんね。
でもやっぱ圧倒的に面白いですわ、時々本当にすごいレベルの演出で魅せてくれます。
コムギの名前を聞くシーンのコマ割りなんかすご過ぎますよ。なにあの絶妙なクロス。
これは土曜日が楽しみでなりません。
でもジャンプ感想は書きません(笑)。
しかしピトーはかわいいなあ。
もうカイト殺したことを許してしまいたくなるかわいさです。
もう主人公ピトーでいいよ。
2007/10/04(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
自我持参
今週のジャンプ感想はひさしぶりに(それはもうひさしぶりに!)
ジャンプ感想をノリノリで書くことができました。
やっぱり本職はあんな支離滅裂な文章だと再確認したわけです。
もうその場のテンションだけで文章が構成されていますかね。
空腹の限界に挑戦しながら書いた感想なわけですが、
もう恐るべし極限状態って感じです。
スランプに陥っている人は自分をこうして追い詰めてみるといいかもしれません。

書いてる側が楽しい文章が読み手にも面白いかは知ったこっちゃないですが
とにもかくにも久々に大満足の感想が書けました。


それはそれとして、感情移入を許可しないラブコメって致命的だと思うわけです。
赤マルとかでやってりゃいいのになあ。
とんでもなくバケねーかなあ。
ラブコメってだけで惰性で残られるのだけは勘弁さー。
とりあえず誰か死なねーかな。
あの綺麗な絵柄でグロでミステリいなサスペンスをやってもらいたいものです。
2007/10/03(Wed) | 日記 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ44号雑感
どうもこんばんわ。
大学→遊びに行く→帰宅→ジャンプ読破→高速で感想を書き上げる
という死のロードをのりこえてみました。
死のロードを乗り越えてみた感想はいたってしんぷるです。
はらへったよー、はやく晩御飯つくりに行きたい。

そういうわけなんで晩御飯つくってきます。
今日は昼もろくに食ってません。
アンパンマンの良いカモ状態です。
今パンを差し出されたら、うっかり食べちゃうね。
バイキンと戦った直後のパンかもしれないのに、何も考えずに食べちゃうね。

以下は、そんな極限状態の中で書き上げたジャンプ感想です。
ネタバレしてますよ。荒れてますよ(ボソッ)。

続きを読む
2007/10/01(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る