FC2ブログ
はぐるまをまわそう
「先輩も変だけど良い変さだもん」
(入巣柚実 第2話「バカショージキ」)

ずっと紹介しようと決めていた漫画があります。
でもまあ、色々と忙しかったり風邪を引いたり遊んだり風邪を引いたり
というわけで(いやマジで洒落ならんぐらい体調崩しましたぜ)
先延ばしまくっていたわけなんですけど、
今なんか凄いテンションがアップ系のアレなんで、
そのテンションに乗せて書いてしまおうと思います。
土曜日も仕事なんですけどね。
それはともかくそんなわけで今回紹介するのは以下の漫画です。
もしもこの漫画をどこかの書店で手にとることがあったら、その手を離さないで下さい。
この漫画はきっと、眠っているあなたを起こす応援歌になるだろうから


「この歳になって目標がブレていない先輩が、運が良いんですよ」
(入巣柚実 第5話「チテイジン」より)


ネムルバカ (石黒正数 徳間書店)


「私の場合音楽に片思いしてないことを、願いたいものだ」
(鯨井ルカ 第1話「ネムルバカ」より)

あらすじ
大学の女子寮で同室の<先輩>鯨井ルカ&<後輩>入巣柚実。バンド活動に打ち込む先輩は、いつも金欠ピーピー状態。これといって打ち込むもののない後輩はバイトの日々…。ぬるま湯に頭まで遣ったような、でも当人にはそれなりに切実だったりもする<大学生>という不思議な時間――。
(巻末のあらすじより抜粋)

「妄想ってのは妄想の中で嘘を演じてる限り、絶対実現することはありえないの」
(鯨井ルカ 第3話「ジキューセン」より)

オレが電通の人間ならこの漫画を映画化します。
それぐらい、とても切り取られた世界を描いた切り取られた物語です。
それが凄くいいんです。すっごくいいんです。
だって、大学生って時間は人生の中でも特に切り取られた世界なんですから。
その世界の使い方がわからなくて時間を浪費していく人がいます。
その世界の使い方を知っているから時間が浪費されていく人がいます。
そんな世界です。

「馴れ合いの中で自分が才能あるア~チストだと錯覚していく…」
(鯨井ルカ 第4話「センニチテ」)

「良い話はあっちから来るモンじゃねー、こういうのに期待しちゃダメだ」
(鯨井ルカ 第6話「ジンゾウニンゲン」)

「こんなことがしたかったのかよ…!こんなことをするために私のこと置いてけぼりにしたのかよ…!!」(入巣柚実 第7話「ゲンキデネ」)


ネムルバカ 作詞・鯨井ルカ 作曲・ピートモス&入巣柚実

ネムルバカ ボクはまだ大丈夫?
答えづらいだろうから今聞いてるんだよ
折り合いつけようか 開き直ろうか
考えたいけどあんまり時間もないみたい
僕が食べるまんじゅうに もし毒が入っていたら
お前がすぐ教えてくれ
いいか?おい
頼むぞ!!

ネムルバカ 何黙ってんだ!
何か返事をしてくれ!!




もしもこの漫画をどこかの書店で手にとることがあったら、その手を離さないで下さい。
この漫画がきっと、あなたの代わりにネムルバカになってくれるだろうから。
スポンサーサイト



2008/05/30(Fri) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第三十一話 死心死体の女
(第一話~第三十話はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第三十一話です。
続きを読むからどうぞ。

続きを読む
2008/05/25(Sun) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
武装錬金ビフォー.(第一話~第三十話)
はじめに
この小説は、原作武装錬金におけるヴィクトリアとムーンフェイスを中心としたホムンクルスの反乱劇について、原作コミックス全十巻をもとに描いた二次創作武装錬金小説です。
原作「コミックス」の内容をある程度把握していることを前提に物語を進めています。
あらかじめご注意ください。
当然ながら作者様、関係各社様とはいっさい関係ありません。
また、小説版やアニメ版、ゲーム版などにおける設定から、
都合のよいものだけをピックアップする手法をとっているため、
それらとは相応の矛盾等発生しています。
まあ、コレはこれとして楽しんで下さい。


目次
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)
(第九話「カーニバルを要す」はコチラ)
(第十話「敵は全てLet’sお見舞い」はコチラ)
(第十一話「everybody同類項」はコチラ)
(第十二話「スラッシュゼータ 夢見た楽園」はコチラ)
(第十三話「GIRL MEETS BLACK BLACK」はコチラ)
(第十四話「FADE TO EATER」はコチラ)
(第十五話「Crimson MONSTER」はコチラ)
(第十六話「偽善逃避」はコチラ)
(第十七話「ニュートンアップルエモーション(前編)」はコチラ)
(第十八話「ニュートンアップルエモーション(後編)」はコチラ)
(第十九話「終結の夜と新たなる負の世界の夜明け」はコチラ)
(第二十話「仮面の心、心の仮面」はコチラ)
(第二十一話「戦士の胎動」はコチラ)
(第二十二話「井の中の蛙の敵は誰だ」はコチラ)
(第二十三話「一人ぼっちの逃避行」はコチラ)
(第二十四話「EXCEL GIRL GONE」はコチラ)
(第二十五話「舞夜」はコチラ)
(第二十六話「ミッドナイトホムンクルスVS.ミッドナイトホムンクルス」はコチラ)
(第二十七話「強い意志沸き立つ、新たなる出撃の鼓動昂ぶる」はコチラ)
(第二十八話「戦士・カズキの墓はない」はコチラ)
(第二十九話「開戦、ファイナルラウンド」はコチラ)
(第三十話「a friend of nobody」はコチラ)
以下続劇


おまけページ
ライナーノートアナザー
ライナーノートアナザー2
ライナーノートアナザー3


ご感想お待ちしています。リンクフリーです。
2008/05/25(Sun) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大ピンチ
やべー、死ぬほど手首いてー。
おらがなにをしたというだ。
2008/05/24(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ライナーノートアナザー3
そういうわけで武装錬金の30話まで書き溜まりましたんで、
例の如くのライナーノートアナザーです。
いつも通り、ポジとネガが混在しています。

以下の文章には、人によっては納得できなかったりすることもあるかもしれません。
しかし、何が正しくて何が正しくないとか、
意図はどこにあるのかだとかそういうのはどうでもいいことです。
そんなことをはっきりさせたくて自分は感情をぶちまけたのではありません。

賛成も反対も必要ありません。
誰が怒って誰が喜んで誰が悲しんでいても、もはや興味ありません。
自分が「どんな感情を元に小説を書いているのか」ってことを
ただただはっきりとした言葉にしたかっただけです。
全ては過去のことです。
水に流すか溜め込んでからぶちまけるか。
その違いです。

そういうわけで、そこんところ踏まえた上で以下のおまけページへとどうぞ。
たとえここに描かれていることがネガだったとしても、
小説で描けているものがポジだったらそれで良いのですよ。
続きを読む
2008/05/23(Fri) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そして、大好きだ
見事に風邪を引いていました。
それでも会社は欠勤してないよ、褒めて褒めて(笑)

しかしまあ見事に人生における時間を浪費しています。
色々込めればそうじゃないことは理解っているんですが
拘束時間の割りに手どれる現金が少ないこと少ないこと。
なかなかどうして社会ってヤツはうまくできているもんです。
ていうか一人に限られている時間が少ないんですから
そりゃあ消費ってヤツは限られてくると思うわけですよ。
ゆとり教育などといった愚考を犯す前にまず、
ゆとり社会というものを社会は目指すべきではないだろうか。
(あさひしんぶんの社説とか投書風に↑)
ああ、時間を有意義に使おうだなんて本当に「らしくない」なあ。
自分はもっと時間をどぶに投げ捨てる刹那的な破滅人間でありたいものなのです。
らしく生きることよりらしく演じることに必死になってた
右へならえで右往左往するなんてゴメンなわけですよ。
しかしサーフィスは良いです。最近聞いてませんが。


そんな感じで以下は拍手返信です。
マジで感謝と感激と感動と全米ナンバーワン大ヒットのありがとうを込めて。
モハヤナニガナンダカー。


続きを読む
2008/05/22(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第三十話 a friend of nobody
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」はコチラからどうぞ
)
(第二話「夜明けの抜け道」はコチラ)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」はコチラ)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」はコチラ)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」はコチラ)
(第六話「エモーション・シフト」はコチラ)
(第七話「早坂姉弟の墓場」はコチラ)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」はコチラ)
(第九話「カーニバルを要す」はコチラ)
(第十話「敵は全てLet’sお見舞い」はコチラ)
(第十一話「everybody同類項」はコチラ)
(第十二話「スラッシュゼータ 夢見た楽園」はコチラ)
(第十三話「GIRL MEETS BLACK BLACK」はコチラ)
(第十四話「FADE TO EATER」はコチラ)
(第十五話「Crimson MONSTER」はコチラ)
(第十六話「偽善逃避」はコチラ)
(第十七話「ニュートンアップルエモーション(前編)」はコチラ)
(第十八話「ニュートンアップルエモーション(後編)」はコチラ)
(第十九話「終結の夜と新たなる負の世界の夜明け」はコチラ)
(第二十話「仮面の心、心の仮面」はコチラ)
(第二十一話「戦士の胎動」はコチラ)
(第二十二話「井の中の蛙の敵は誰だ」はコチラ)
(第二十三話「一人ぼっちの逃避行」はコチラ)
(第二十四話「EXCEL GIRL GONE」はコチラ)
(第二十五話「舞夜」はコチラ)
(第二十六話「ミッドナイトホムンクルスVS.ミッドナイトホムンクルス」はコチラ)
(第二十七話「強い意志沸き立つ、新たなる出撃の鼓動昂ぶる」はコチラ)
(第二十八話「戦士・カズキの墓はない」はコチラ)
(第二十九話「開戦、ファイナルラウンド」はコチラ)

それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第三十話です。
続きを読むからどうぞ。



続きを読む
2008/05/17(Sat) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おめでとう、見事ネガティブはポジティブに反転された!
なんとなく見てたルーキーズのあまりの面白さに驚愕してしまいました。
すげえですマジで。いや、ホントなにあの密度。
最近はホントぬるいドラマしか見てなかったので(チョイスが悪いのもあるでしょうが)
軽く感動すら覚えてしまいましたよ。
イヤほんと。ケチのつけどころが見当たりません(川藤の細さ以外(笑))

ああ、本当にいいドラマを見ました。
ていうかGReeeeNいいじゃないですか。
ツボってしまいました。
オラカラオケいきたくなってきたぞ。

まあそんな感じでちょっとテンションが上がってます。
昨日なんかホント底る出来事が仕事であったんですが、あっさりと元気が出ました。
うん、がんばろう。


以下は拍手返信です。胸一杯の多謝を込めて。
続きを読む
2008/05/17(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
So what
あらゆる更新を放置しておいて、
ちょっと拍手返信本気バージョンのコーナーです。


>EX’el BLUEさんはミスリードって奴が嫌いなんでしょうか。
>(エンバーミングの感想を読んで)


はい、そういうわけでこんな拍手コメントをいただきました。
該当記事についてはジャンプSQ雑感カテゴリの過去ログなりを参照くださいてことで。
それではまあ色々な感情は押し込めて、真剣に弁明いたしましょうか。

前置きとして、あんま好き嫌いできっぱりと物事を分けて考えるのは嫌ですから
ケースバイケースということをまず頭に入れた上で以下の返信を読んでくれたら幸いです。
一部から全体のカテゴリを判断したりってのはあまりされたくないもんで。
たとえば毒舌記事を見て「本当に○○が嫌いなんですね」、と判断されるとかそういうのですね。
この記事に限らず、あくまで私の側面のひとつとしてとらえてくれれば幸いです。
矛盾はそらありますから。でも偽りとかはないつもりです。
そんな感じで以下続きを読むからどうぞ。


続きを読む
2008/05/15(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「彼女はあなたの首にかかったあほうどりなのよ」
シャーロット・アームストロングの「あなたならどうしますか」をようやく読破。
ああいう女性的な感性ってヤツはなんとしても身につけたいものです。
打算とかドロドロとか、そういう細かいところまで気の行きどいた文章が書けるようになりたいな。

しかしなんであんなハンパない人が名前知られていない(あーんど本屋に本がない)のか
なんとももったいないことです。
そういうわけで声を大にしていいましょう。
シャーロット・アームストロング大好き!
2008/05/12(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みくすいたいけんき
そういうわけで早速雨人さんが紹介してくださったので
ちとみくすぃを色々とはいかいしてました。
ありがとうございました雨人さん。

そしてやっぱりアレは自分には合わない世界だったようです。
即退会してやろうかとも思ったんですが、
とりあえずいざという時のために放置プレイしとこうと思います。
ほんとうにごめんなさい雨人さん。


あと色々と足跡だけ残してしまって多方面にごめんなさい。
とりあえずどんなところなのかは理解りました。
うーん。
なんといいますか距離感が中途半端なのかなぁ。
見ず知らずの「友達の友達」同士がごったがえししてるのが
なんともまあ、異常な空気って言うのかな。

ああいうのを受け付けないってのは自分が年食った証明なのかもしれません。
うお、それは嫌だな。
とりあえず自分はブログって形式のほうが、好きみたいです。
うーむむむむ。
2008/05/11(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コナンのロジャーの映画見た。ミステリ要素を清清しいほど無視してた
なんかmixiしたい、というか見たい。
こんばんわ、なんかいまさらな話でこんばんわ。
これまでマジに興味がなかったんですが
(ネットてのは開放された空間であるべきだと考えてるから)
ちょっと忍者気分で忍び込みたい気分な今日この頃です。
まあ通勤中がヒマでショウガナイんでmixiでも見てたら時間潰せるかと思ったわけなんですね。
なかなかどうして車内での小説立ち読みはしんどいもんなんです。
しかも満員電車では(スーパー迷惑なので止めましょう)。

武装錬金小説ちょっとづつ書き進めています。
来週までには一話更新したいなー。
2008/05/10(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
濡れてる人々と街がそれでも太陽信じてる
お久しぶりです、デスマーチってました。
仕事というよりか私生活で。
いや、ていうかそれに仕事が上乗せベットされてました。
でも乗り切りました。頑張りました。

良いことも嫌なこともバランスよく発生したりしていましたが
プラマイすれば絶対プラスだと思います。
今は楽しかったことしか思い出せないわけでもないですけどね。
やっぱり嫌いじゃない人間に嫌われるのは
なかなかどうしてツライもんがあるわけですよ。
まあそれはいいですね。いやまあよくないんですけど。
まあいいや。

ちょっと今後の予定を。
スクエア感想は書けたら書きます、週末にでも。
でもあんまし期待はしないでください。
時がたってちょっと感想が薄れてきてますんで。
武装錬金小説もしばしお待ちを。
ちょっと思ってた以上に身辺整理に時間がかかっています。
五月はちょっと時間が色々と取れないかもしれません。
が、落ち着いたらどかんと動かします。


とりあえずそんな感じです。
質問がある方は手を上げて、金八先生の生徒たちのように順序良く
決して他の人が喋っているときは喋らないように質問をしてください。
「やだよーめんどくせー」
「やめなよ山田!」
「あーなんだよ佐藤てめーうるせーよ」
「うるさいのはアンタよ!!」
「あー?やるかコラ」
「はーいはいはい、そーこーまーでー」←ココ金八
決して他の方が喋っている間は誰も口を開かない異空間。
そんな異空間な学校なら先生たちも説教し甲斐があるってもんです。

そんな感じで以下は拍手返信です。
スーパー放置プレイごめんなさい。
続きを読む
2008/05/08(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
たぶんアイルビーバックスーン
もうすぐ更新再開の予定です。
いやはや放置プレイ本当にもうしわけなかとですたい。
2008/05/07(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る