FC2ブログ
勝負は、これからだ
今日は現地でドラフトがあったそうです。
あ、WWEの話ですよ。
まあそういうわけなんで、ちょっと感想じみたもんでもほそぼそと。

ネタバレなんで畳んでます。
注意ください。
続きを読む
スポンサーサイト



2008/06/24(Tue) | WWEをげほげほと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
石油マネー
サッカー見てました。
審判がフリーダムすぎてわけわかんない試合でした。
国際試合の審判ってもっとこうなんとかなんねーもんなのかなあ。

山瀬選手が交代で入るまではクソつまんねー試合だったんですが
ウッチーのゴールまでの一連の十分ほどは面白くて良かったです。
欲を言えば本田選手をもっと見たかったかな。


以下は拍手返信です。
遅れましたがありがとうございます。

>不安と戦えよ!<まさにその通りなんですが、
>その「不安と戦う」って結構難しいことなんですよね。
>それを推められるEX’el BLUEさんは強い人だと思います。
強くないヨ!本当に強い人は戦わないんだヨ(勝つってわかってるから不安にならないから)!
そして難しいからこそ戦うんです。簡単な相手なんかイナして終わりです。
勝てるかどうか戦ってみないとわからないからヒトは戦うものなのです。

こういう考え方は案外抽象的な相手にこそ効果的なのかもしれません。
本当に戦うべき相手はどこだ、人間か、はたまた人間の心か、って。

この年になると、チープな言葉にも意味を見出すことができてなかなか面白いです。
は、話が完全にあさってだ(笑)
2008/06/22(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
柴崎が良いキャラすぎる
図書館内乱がめさめさよかったです。
もう検閲とかマジ死ね!とか考えてる自分としては
もうそのテーマだけでドツボドマンナカなんですが、
もうそこから踏み込む踏み込む。
特に耳の不自由な女の子を巡る話では心からブチ切れそうになりました。

うん、あんなセカイなら俺は迷わずテロリストの道を選ぶね。


そんな感じで以下は拍手返信です。
ホントにありがとうござまいす。
コレがあるからがんばれるってものです。いやまじで。


続きを読む
2008/06/18(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第三十二話 殺すロックオン、任せて
(第一話~第三十話はコチラ)
(第三十一話「死心死体の女」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第三十二話です。
続きを読むからどうぞ。

続きを読む
2008/06/15(Sun) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
殺すのは時代じゃないし、ましてやフィクションでもない
お久しぶりです。
上司と飲みに行って、結果仕事中に死んでたりしてました。
うん、飲んだ呑んだ。呑まれた。

色々と更新したいことも多いんですが、ちょっとこれから一週間ほどは
また手抜き更新が続くかもしれません。
隙を見て錬金小説を更新したいところですがさあどうでしょう。

ちょっと色々と立て込んできました。
友達と遊んでいたら、「何があった?!」ってマジでビビられるぐらいにアクティブです。
普通の人と比べたらねがてぃぶですが、過去の自分を考えるとマジあくてぃぶです。
最近はそれでもいいかと妥協するようになって来ました。
金は人を狂わせるのです(今月の残金を見てマジで焦りながら)。


そんな感じで以下はコメント返信です。
遅くなった方マジで申し訳ないっす。


>あたしにバガボンド買って☆
なんであんな項目つけたのか一瞬忘れるぐらいに「私はMです」の選択肢にチェックを入れて
メールフォームにてコメントいただきました。元ネタは、あ。Lか。
ていうかあなた明らかにあなたじゃねーか!
てかオレのお下がりでよかったら、引越し祝いであげなくも無いべ?(ニヤリ)

>漫画やゲームの所為にしたがるのはそれだけ不安なんでしょうね。。
> 「犯人が理由も無く殺した」じゃ不安なんだと思います。
おお、正論だ!
でもまあ不安だからこそその不安と戦えよ!って思うわけです。
やっぱ簡単な方に逃げちゃあ駄目ですよね。
強さとはやさしさとはよくいったもんです。ホント強くなりたいと思います。

>何かのせいにしてんじゃねー<同意しますけど、
>この世には「何かの所為にしないと気が済まない」人がいるですよね・・・
何かのせいにすることが仕事だと勘違いしている連中も多くいますしね。

ちょっと反響があったようなんで、せっかくですし過去の名文を発掘してみる。
自分が言いたいことの大半はこの文章にあります。
2008/06/15(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あとDVDも買った。参枚壱万円也。
半分会社命令で、ビジ法のテキストとワークを買いました。
が、それだけじゃ真面目人間みたいで気持ち悪かったのでしっかりと他にも散財してきました。
今月はコンタクトだったり散髪だったりとまだまだ散財予定があるというのに
つくづく衝動買いとは恐ろしいものです。

そういうわけで図書館戦争(小説のほう、ね)買いました。
いやあ、話の内容はともかく、設定が熱い熱い。
つーかんじで、しばらくは更新が手抜きになるかもしれません。


まあそれはともかく。
予想通り加害者がネットやらゲームやらが大好きだったと騒がれてますが、
被害者の方々もゲームやらが大好きだった可能性があるってコトからも
自分は目をそらしたくないものです。

どんな世界にもいろんな人がいますよ。

てゆーか以下は前々から、このブログではちょくちょく書いていることですが。
目の前の答えっぽいものに、ホイホイ飛びついてんじゃねーよ。
何かのせいにしてんじゃねーよ。
つくづく反吐が出ます。
フィクション好きの癖に、そこから何も学んでいない人間というものには。

犯人にしてもマスコミにしても、どいつもこいつも、なんでこう、優しくないんでしょう。
優しくされたことがないのかなあ。
2008/06/10(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いのうえの
行ってきました最後の漫画展。
しっかりした感想は気が向いたりリクエストらりたりしたら書きます。
いやーしかし、ほぼ全ての伏線を消化する勢いの構成にはマジで鳥肌モノでした。
アレはアレなんじゃないかと勝手に邪推したり、すげー楽しんで読んでしまいました。
いや、マジでスゴガッタデス。
行けるなら絶対行っとけ。だってオレらは現在進行形(←声に出して読みたいHIPHOP)。

他にも色んな濃い出来事があったりで、色々と楽しい東京daysでした。
お世話になった友達にこの場でもう一度感謝を。
うん。
2008/06/09(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
金色
なーんも状況は知らないし、
一方の言い分しか知らないですけれど。

頑張ってほしいと思います。
いつまでも自分の本棚にあるだろう漫画に、
そうした背景があったとなんて
正直知りたくなかったですけど
それでも頑張ってほしいと今は思います。

いつか、一年では描ききれなくて省かれてしまったガッシュの物語が世に出ることを
心から願っています。
2008/06/06(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
それはあたかも仙人のように
時間がないです。
やりたいことが多すぎて、何もしないこともやりたくて
とにかく時間が限られています。

ニートになりたい。
好きな本読んで、好きに創作活動して、好きなときに友達とかと遊んで。


なりたいものがあることは幸せだと思う。
ニートになるためにがんばろうって思えます。
2008/06/06(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バンジーガム
最近どうもテンションがおかしいです。
ギアの調節がうまくいきません(いや、それは前々からなんだけど)。

なんというか、凄く気分屋度が増している気がします。
たぶん愛想笑いのしすぎなんだろうけどね。
だからかたまに人前で素を出すと、
すーっとガスが抜けていく気持ちになれます。

こころってふしぎ。

オーラを自在に操る能力者になるのは半分諦めたけど、
心を自在に操る能力者なら、まだなれる気がする。

まあそれはそれでどっか狂ってるんですけどね(笑)
2008/06/05(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ツイスト・オブ・フェイト
風邪は八割がた治りました。
ですがその代償として色々と燃え上がっていた情熱とかがどかんと冷めてしまいました。
またここから燃やし直しです。燃料投下からやり直しです。
まーしかしテンションゲージのピーク時に風邪を引くとは何たる不覚。
おかげさんで「プラン」が大きく変更ってしまいましたよ。
またもともと自分の場合、ものごとがプランどおりになったことなんて無いんですが。
まったく人生ってやつは一寸先が闇だなー。

そんなわけで随分と返信が遅れてしまいましたが、
拍手返信です。
ほんとうにありがとうございます励みになってます。


>前回は爽やか?だったのに、いきなり澱んだ展開キタッ!(笑)
>完全に予想を上回られたぜ……。
ああいった「無茶」な展開をするときはいつも、
読んでる人たちに「受け入れてもらえるのか」とハラハラしてるんですが、
いい感じに予想を裏切れた形で収まったようでナニヨリです。
しかし我ながらドス黒い展開を思いついたもんです。
きっとドブ川の腐った目をしながらキーボードを叩いていたに違いないです。
2008/06/01(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る