FC2ブログ
渡りきれるか、この細く切れやすい縄(心的な意味で)
日曜の夜に錬金小説書いてたら、
突然テンションがダウン系に入ったんですよ。
頭は重いし気分悪いし胸クソ悪いし。
体痛いし、節々痛むし、筋肉痛いし。
咳き出るし、ノドも痛いし、熱っぽいし。
ってコレ風邪の諸症状じゃねえか(←ココ火曜日)
マジ気づくのに二日かかりました。
また例のごとく心が病んでたのかと思ってました。
もはや心の病と体の病の区別がつきません。
コンバンワ。ナニモカモが弱い子です。
最初はホント気づかなくて、ストレス発散にと仕事帰りに散財さまくってましたよ。
見事、風邪の中で人ゴミは逆効果!!

いや、でも心病む心当たりは結構あったんですよ。
Evanescence聞きまくってたりとか!

しかし、ホント。
予定狂いまくり。色んな人に迷惑かけまくり。
そういうときに限って予定が多い。
もはや予定立てることが病気フラグかもしれません。
そういやオレの人生そんなんばっかだ。
立て込んでる直前によく風邪ひきます。いくつになっても。


つーわけで予定が立て込んでたり、
体調進行形で最悪だったりするんで、
しばし更新休むかもしれません。
つっても一週間とかそこらだと思いますが。

いや、ふつーだったら何事もなくサボるんですけど、
今回はなんか壊れた文章が最新記事になってたんで、
さすがにその状態でブログ放置は人としてどうかと思ったんで
こうやってちびっと連絡。
心は意外と大丈夫みたいですよ。

しかし、ブログ放置するとクソみてーなスパムが
溜まってしゃーないんだろなーと思うとマジガッデムですね。
今日もまたスパムメール配信する仕事がはじまるぞ。
そういう仕事についてる人間はマジ価値ねーと思います。
そんなに性欲持て余してんならファックユアセルフしてろっつーの。
最近はちよつとスパム多すぎてマジウザイです。
マジ人間のクズだと思う。シェイムオンユーって奴です。
そういうお金で養っている家族がいる人とかマジくずだなーってな想像がとまりません。
いやホント。
考えれば考えるほど、どこまでも社会に貢献していない仕事だわ。スパムって。

何の話だ。
スポンサーサイト



2008/10/30(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久々にちょっと壊れ気味の日記でも書いてみる。
超気に入ってる靴のエアに穴が開いてスカスカ言ってます。
とんだスカし野郎とは自分のことです。
悲しいけどこれも戦争なので仕方ありません。
のっけからまったく意味がわかりませんね。
もちろん言いたかっただけです。


つーわけで今日は車走らせてアウトレットな店に行って買い物してました。
オシャレで品質の良さげな服にまったく食指がっつーか触手が動かんわけですが
なんともやっぱりアウトでレットな店も合わんなーと再確認。
どいつもコイツも無難にオシャレすぎます。困ったもんだ。

結局靴も買わず。
いやはや。靴に関してはもー別に金に糸目つける気もないんだけどナンカぴんと来なくて。
しかしサッカーシューズを普段履きにしようかと考えたのは流石に奇を衒い過ぎてて、
いくらなんでもな自分でも引きました。その手を、そして心を。ずざざー。

なんかイカれた靴ないかなあ。
もっとこう。肝心なところで普通なんだよどれもこれも。

あーあー。カラオケ行きてえ。
ホント。今そんなテンション。
早く無職になりたい。
無職でも食っていけるぐらいになりたいな。
ならなくちゃ。絶対なって殺るー。
ホント、もはやツッコミもままならないって名フレーズですね。

しかし00が面白いです。
とりあえず乙女座の人は笑いに貪欲すぎて、もう。
オレも乙女座になりたい。

てか今のテンションが低い理由はたぶん、
明日からの一週間に死亡フラグが例の如く立ちすぎてるからだと思う。
でも、そのあとには良いコトが予定されてるんですよ。
ホント、なんだこの人生。良いことばっかりの人生がイイヨ。

その為にみんな頑張ってるっていうけど、たぶんみんなは頑張ってない。
だからこそ頑張ろう、みたいなコトをかつて自分が言った名フレーズを思い出しながら思ったり。

私は元気です。頑張れの言葉も必要ないほどに。
頑張ってそこまでテンションあげるぞー。おー。
2008/10/26(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ライナーノートアナザー4
ライナーノートアナザー4です。
同じことをもう一度。今一度。


以下の文章には、いつも通り、ポジとネガが混在しています。
人によっては納得できなかったりすることもあるかもしれません。
しかし、何が正しくて何が正しくないとか、
意図はどこにあるのかだとかそういうのはどうでもいいことです。
そんなことをはっきりさせたくて自分は感情をぶちまけたのではありません。

賛成も反対も必要ありません。
誰が怒って誰が喜んで誰が悲しんでいても、もはや興味ありません。
自分が「どんな感情を元に小説を書いているのか」ってことを
ただただはっきりとした言葉にしたかっただけです。
全ては過去のことです。
水に流すか溜め込んでからぶちまけるか。
その違いです。

そういうわけで、そこんところ踏まえた上で以下のおまけページへとどうぞ。
たとえここに描かれていることがネガだったとしても、
小説で描けているものがポジだったらそれで良いのですよ。

続きを読む
2008/10/25(Sat) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第四十話 デイ・アフター・ファイナル
(第一話~第三十話はコチラから)
(第三十一話「死心死体の女」はコチラ)
(第三十二話「殺すロックオン、任せて」はコチラ)
(第三十三話「大事な存在を再殺せんとする強い意志」はコチラ)
(第三十四話「武装錬金エンバーミング」はコチラ)
(第三十五話「死守とミッドナイトラン」はコチラ)
(第三十六話「沸き立つ死(前編)」はコチラ)
(第三十七話「湧き立つ死(後編)」はコチラ)
(第三十八話「a BOY」はコチラ)
(第三十九話「黒く死に熱く死に甘く死ね」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第四十話です。
続きを読むからどうぞ。

続きを読む
2008/10/23(Thu) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
第三十九話 黒く死に熱く死に甘く死ね

(第一話~第三十話はコチラから)
(第三十一話「死心死体の女」はコチラ)
(第三十二話「殺すロックオン、任せて」はコチラ)
(第三十三話「大事な存在を再殺せんとする強い意志」はコチラ)
(第三十四話「武装錬金エンバーミング」はコチラ)
(第三十五話「死守とミッドナイトラン」はコチラ)
(第三十六話「沸き立つ死(前編)」はコチラ)
(第三十七話「湧き立つ死(後編)」はコチラ)
(第三十八話「a BOY」はコチラ)


それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第三十九話です。
続きを読むからどうぞ。


続きを読む
2008/10/21(Tue) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
第三十八話 a BOY
(第一話~第三十話はコチラから)
(第三十一話「死心死体の女」はコチラ)
(第三十二話「殺すロックオン、任せて」はコチラ)
(第三十三話「大事な存在を再殺せんとする強い意志」はコチラ)
(第三十四話「武装錬金エンバーミング」はコチラ)
(第三十五話「死守とミッドナイトラン」はコチラ)
(第三十六話「沸き立つ死(前編)」はコチラ)
(第三十七話「湧き立つ死(後編)」はコチラ)

それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」第三十八話です。
続きを読むからどうぞ。

続きを読む
2008/10/19(Sun) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
罪を重ねて言い訳を重ねて、そうやって重なるもの
ある程度うちに来て書かれてる文章読んだりしている人はわかると思いますが、
自分は、超言い訳がましい人間です。とんでもないです。ハンパないです。
自覚症状があるのなら直せよ、と反射的に思う方もいるかもしれませんが、
困ったことに自分にはその気がイッサイガッサイありません。
むしろ、余裕があるうちは極力言い訳とかをする人間でありたいと思っています。
そして同時に、人の言い訳とかをしっかり聞ける人間にナリタイとも思っています。
これホント、そういう人間、すっごいなりたいし憧れる。

いやさ。
言い訳されるのはめんどくさいかもしれないけれど、
言い訳って、それだけで非難されるようなそんな悪い事に思えねーんですよ。
誰にだって事情はあるんだから、それを聞かないなんてそれは本当に失礼やないすか。
学校とかで「事情を話せ」→「言い訳するな!」コンボを食らった経験者なら
きっと簡単に理解してくれると思いますけど、言い訳と事情説明の違いってなんでしょうか。
「人のせいにしている」か、「しない」か。
それを基準にすれば、簡単に区別つけられるかもしれません。
が、それだと「マジに他人のせい」だった時、真実が言い訳扱いとされてしまいますね。

だから根本から意識を変えようじゃないかと。
言い訳=ブザマとか思われがちな昨今だからこその意識改革。

今だからこそしようと思う。この話を。
言い訳推奨のススメ。
その心は、そう。
かっこつけて自虐して、自分はクズだとかほざきだして、
自分の事情なんかを一切語らずに一方的に話を終わらせようとするヤツこそが
どれだけカッコ良かろうが、、真に非難とかされるべきだっていう、そういう話。
言い訳しないコトがそんな褒められたもんではないっていうコト。
今回するこの話は、そんな話。

続きを読む
2008/10/18(Sat) | オーバー十代語り場 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
らぶあんどぴーすではっぴーにひっぴー。
スランプはんぱないです。
もう涙ぐましいぐらい色々と無理から文章書いてます。
しかし、ホント。ヤバイ。痛々しい。
jojo-、オレは現実から逃げるぞー。

そういうわけで、ちょっと現実逃避に
最近またセルフボイトレに行くようになりました。
セルフボイトレ、よーするにヒトカラ。
九月は手当てのない残業が地味にあったりでホント禁欲主義ってましたから。
唯一の息抜きがプリズンブレイクて。
ブレイクしなくちゃいけないのは自分の心のプリズンだよ。

まあそれはともかく。

30分飲み放題150円ってのはホントに熱いプラン思います。
何もない帰りしにちらっと、みたいな。イイ感じにスレトス発散。

特に近頃は、某JOYで録音機能を使って自殺を図っています。
アレはホント死にたくなりま。
でもやっぱ、自分のドコが駄目かわかるには手っ取り早くてイイですね。
とりあえずビブり過ぎということがよーくわかりました。
声がこう、喉だけで歌ってるのがよくわかるワケです。
なんつぅか、腹から音がでていないんだと。
試行錯誤はホント楽しいナー。



ほら、碌な文章が書けてない!
ワンパターンだよ!!
もっとこう、あり得ない発想とやらをはやいところ目覚めさせないとなりませぬ。
キャッチコピーは、明るい狂気で。
政権をとった暁には、日本を明るい狂気で包むことをお約束します。
そうそうそんな感じ。

そんな感じで以下は拍手返信です。しえいしぇいをこめて。


>お次はSQ感想ですか
いえいえ、流石に時期外してるんでやりませぬー(笑)
同じ前振りで同じボケを繰り返すのもカッコ悪いですしね。
ここでプチっと感想書いときますと、今SQで一番熱い漫画は貧乏神と。
もう貧乏神さんのキャラがサイコーに好きです。
コミックスが出たら感想書こうかなーぐらいに好き。
とりあえず購入は決定!してますね。
2008/10/14(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
B型ってところが当たっててびっくりしたやら
ここまで血液型関係ないとむしろ清清しいね!
ってぐらいに血液型にまるで関係が無い気がして仕方が無い、血液型ゲノムです。
こういうのは即拾います。占い好きの乙女か!
いいえ運命論者と言ってください。
占いと運命を同列扱いとはたいしたヤツだ。

てな感じで例の如く沖田さんのところからパクってきました。
血液型ゲノムというヤツらしいです。
当たってんじゃねってところ太字。


興味ある人は、オレに興味ある人は、続きを読むからどうぞ。
おれんとここないかふっふー!
続きを読む
2008/10/13(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アゲインスト・オール・オッズ
あらすじ。


後は、ガンガン感想とLaLa感想ですね。
楽しみにしています。
by: 沖田戒(SG) * 2008/10/08 23:48 * URL [ 編集] | page top↑

>沖田戒(SG)さん
何もかもをスルーして的確にボケどころだけを逃さないあなたが素敵。

ていうかLaLa買ってないから!ホスト部もコミックス派だから!
ネタバレ踏んじゃうよーっ。図書館戦争は原作既読だからともかくホスト部はっ。
ってこのツッコミじゃガンガン感想はやる、みたいな流れに!?
by: EX’el BLUE * 2008/10/09 21:07 * URL [ 編集] | page top↑






はい。
そういうわけでガンガン11月号感想です。
なんかすげえ愚痴っぽい感想になってしまいました。おしゅうとめっぽい。
あとネタバレしてますよ。

続きを読む
2008/10/12(Sun) | 月刊少年ガンガン雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
生き生きと生きた文章
懐かしのジャンプ感想いかがだったでしょーか。
何事もなく狂ってて支離滅裂で感情的で拙くて、相変わらずでしたね。

ですがしっかりとリアクション頂けて嬉しかったのですよ。
久々に、「荒れ・・・ないよね」みたいな緊張感で
更新ボタンを押しました甲斐もあるってなもんです。。
昔はあの緊張感が毎週だったんだなー、と思うと今はとても懐かしいすなあ。
やっぱ自分の感情を書きなぐった文書ってヤツを
公開するのはいつだって勇気がいりますね。
特に言いたい放題してる文章を公開するときは、特に。

つー感じで。

コメントしてくれた方も、
拍手してくれた方もホントありがとうございました。
この前のジャンプ感想記事タイトルの「ワンナイトスタンド」
エロく訳せば「一夜限りの情事」だし、
直訳すれば「今夜だけ勃ったーっ」みたいなもんですが、
まあそのとおりの意味で、ちょっとした気まぐれのおたわむれです。
つー感じで、また気が向いたら、ヤります。

まずは感謝を。そして感謝を。

以下は拍手コメント返信です。
またもや感謝をこめて。



>バクマン。を読んで覚える違和感は
>主人公の目的が「漫画を描きたい」のではなく
>「漫画家になって結婚したい」だからではないかと思ってます。
女の子の為な主人公はジャンプの定番だったりするんですけど、
なんかバクマンの場合は納得できないんですよねー。
たぶんヒロインにも魅力がないから・・・ていうか魅力無いヤツラばっかりかよ!

バクマン、楽しもうと思えば楽しめるんですけど、
ぶっちゃけそこまで無理して楽しむ気にはなれねーんですよね。
ガキの頃とかホント昔は何でも楽しもうって気持ちがあったけど、
今はいい感じに肩の力抜いてエンターテイメントに触れられてる気がします。
そういうわけで肩の力を抜けば抜くほどあのマンガムカつくぜぇー。
2008/10/09(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワンナイトスタンド
昨日の記事なんですけど、
なかなかにいい文章が書けたんじゃあないかと自分でも思うわけですヨ。
でも記事タイトルでブチ壊し。
「あるがまま」だなんてオサレフレーズを相殺して有り余る駄目フレーズ、
それが、ナルシスト。

つー感じでね、ちょっとここ半年ほど超ど級のスランプに苦しんでいたわけなんですけど、
いい加減このままじゃ不味いんで、例のごとくにちらほらとリハビリでもしてみようと思うわけです。
昨日の記事もその一環。

いやもホントにこの半年は文章書きとしてはツライモノがありました。
ホントに満足できる文章なんてほとんど書けていないと思っています。
マジここらで初心に帰らないと不味いんじゃないかとかなり焦っているワケで。
感受性とかを、ホント蘇らせないとマジで不味い。



そういえば、さ。
ハンターハンターが今週のジャンプ45号から再開ですね。
ならば、やりますかね。
感受性をぶっ行き返すために。

はじめての人にははじめまして。
おひさしな人にはお久しぶりです。
待っていた人にはお待たせしました。


久しぶりのジャンプ感想です。
何事もなくネタバレしてますよ。
なるべくいつもどおりを心がけてみたんで、いつもどおりに支離滅裂ですよ。

続きを読む
2008/10/06(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
あるがままのナルシストであるために
ナルシス度は髪の長さと比例しています。
いきなり何を言い出すのかと言えば、髪切って来ました。
そういうわけで自分に自信を持てなくなった自分が今なんです。

しかしホント社会人はつまんないですね。絵的に。
エブリピーポーインダファッキン没個性ワールドにファックポーズを。
スーツなんか着ててもつまんないし、
スーツにしろ女子社員の制服にしてもそうだね、
下手な着こなししたら色んな年輩を敵に回してしまうので、
着こなし応用てくにっくなんか活用したら最後ってなモンで。
ぁあ。無個性なんてホントつまんないのにな。

髪の毛すっげぇ染めたいです。
ここらで前髪のストパー辞めて、
癖毛を活用した前髪にまた挑みたいです。
あと全体的にすっげー伸ばしたい。
でも、無理なんだよなー社会人。
そもそも朝にセットできる時間に限りがありすぎる。


昔、小学生の頃のクラスメートに、きれいな栗毛の女の子がいました。
それが、自分の年代が小学校高学年になった頃からかな。
茶髪とか髪の毛染めることに社会とかが過剰な反応を始めたのって。
中学になってからは同じクラスになったことないんだけど、
ある日すれ違ったときに、髪の毛が黒くなっていたのを覚えています。
なんか色々言われるのがめんどくさかったんだって。

いや、ホントに。
それってなんか違くないか?

違いを許容しない人がいます。
けしからんという言葉の名の下に、違いを許容しようとしない人がいます。
最近の若者という言葉を使っては「けしからん」と批判して、
団塊の世代という言葉を使っては「けしからん」と批判して。
わがままな子供のように、自分の望む姿形をしていない人を批判する人がいます。
ホラ、ここにも、ね。

言われっぱなしは不愉快だから、本当にけしからんのは誰か教えてやるって気概で
けしからんと言う人こそけしからんという永久に輪廻しそうな禅問答を。
ファッションとかに関するテーゼ。

今回はそんな話。

続きを読む
2008/10/05(Sun) | オーバー十代語り場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ランボー怒りのプリズンブレイク
まあランボーならやりかねんけど。



つーわけで。
明らかに九月における自分の精神衛生面に
多大なる負荷と悪影響を与えていたこと請け合いな海外ドラマ、
プリズンブレイクのシーズン1を見終わりました。
ラスト二話はマジでハラハラしすぎて胸焼けしやしたよ。
毎日悪夢診てた気がする。
でもあの緊張感はまさに絶品。

知ってる人からしたら例の如く「なにをいまさら」なんだろうですけど
いや、もうすっげぇ面白かったんですプリブレ。
もう構成力半端ナイ。日本のドラマもっとがんばれ。
ヤツラ演出力半端ナイ。日本のドラマもっとがんばれ。
役者とキャラのシンクロ半端ない。日本のドラマもっとがんばれ。
電通もっとがんばれ。日本がんばれ。←ナショナリズム。

やっぱり伏線を張らずして何が物語か。

ちょっと先に愚痴ろうか。
物語作法って言葉がありきたりな演出やストーリーをさす言葉じゃねぇってコトを、
日本のドラマに携わる全ての人たちはもうすこーし知れば良いと思うわけ。
悪いドラマってのはストーリーが読めるもんなんです。
良いドラマってヤツは、ストーリーが読めるからこそハラハラすんだ。
その為に必要なのはやっぱり、密度。とびきり濃厚な、密度。
予定調和ってのはあくまでも説明時間を短縮するため手段であって、
手抜きの手段じゃあねえのによーホント。
予定調和の展開はオチに使うんじゃなくて、転への前振りでするもんだろ。
あと、漫画原作ドラマの何が問題って、マンガの面白さを殺すことな。
マジなんなんだあの陳腐化はキャットストリー(以下略)。


つーわけでプリズンブレイク。
いやホントに、すっげぇぇえドラマでした。
ドラマにあっこまでのめりこんだのは心底久しぶりでした。
キャラクタがいいのよ、きゃらくたガ。

あらすじ!
スコフィールドってエリートが突然、銀行強盗やらかしてとっ捕まったよ。
懲役刑食らってムショにブチ込まれたよ!
でも彼がブチ込まれたムショにいる死刑囚・リンカーンこそ、
実は副大統領の弟殺しの容疑者にしてスコフィールドの兄貴だったからさあ大変。
そう、スコフィールドの狙いは無実の兄貴を監獄から救い出すこと、
つまりプリズンブレイクだったんだねここテストにでるよ。


そういうわけでダラダラとキャラごとに感想。
長いのでたたみます。
続きを読む
2008/10/03(Fri) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る