FC2ブログ
エゴトリップルートEX
根底を言葉にするということ。

エゴという言葉を、ここ最近は多用するようにしています。
エゴとは得てして碌なものではありません。わかってます。
それでもエゴという言葉を選ぶのは、
信じるものとか願いとか祈りとか未来とか、
そんなきれいな言葉で自分の願望を表現してしまうと、
こだわりとか譲れない一線とかを表現してしまうと
まるで自分が正しい道を歩いていると誤解してしまいそうで怖いからです。

自分は、わりかし他の人を見下して見る癖があります。
自分でも怖いと思いますが、わりかし簡単に人とかを見限れる人間のようです。
そして、ずっと引きずって後悔する、そんなことを何回もしてきた人間です。
だからでしょうか、
自分の行動は極力エゴだと自戒することで
やりたいことをほかのカッコイイ言葉とかで彩らず偽らず
何かオブラートのような逃げの言葉でやり過ごしたりせず
なるべくでも真っすぐ前ぐらいは見たいと思うようになりました。
自分の軸から目をそらさないようになりました。形にしたいと思うようになりました。

繰り返しますが、エゴとはろくなものではありません。
自分を追求するナルな思考だし、自己中心的で天上天下。
正当化するつもりなんて毛頭ない。

それでも人の顔とか伺ったりそういうの、それよりはマシだと思っているんでしょうね。
うんざりなんだろうね。もういいや、って思っちゃったんでしょうね。

人にやさしくはいつだってテーマのひとつだけど、
それすらもエゴと考えながら、目指す優しいひとになれたらっと思うわけですよ。


大切なのは、守るべきは、譲っちゃいけないのが、エゴ。
ようやく固まった、軸。たとえ話とかはもう無しで。
まずはエゴを軸と定めることでブレない。

つまり最近のおれはとにかく自分のエゴを追求したいと思っているわけです。
なりふりなんてかまってられるほどは幼くもないし。
考えるってのはつまり、ディザイァとはつまり、エゴとはつまり。
我に執着することに我を忘れなきゃ、いつまでたっても弱いまんまなんだと。


エゴに酔わなきゃ、汚れなきゃ、そうして余計なものを浮き彫りにして洗い流したいんだ。
だからテーマソングにエゴを選んだんだ。


そういう気持ちでエゴという言葉を、ここ最近は多用するようにしています。
そんなエゴい話。
スポンサーサイト



2009/05/28(Thu) | オーバー十代語り場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ26号雑感
ちょっと実験。
一行ジャンプ感想です。
意地でも一行に納めています。
暴言気味も含まれてるかもしれませんが、
ツッコミとはエテシテどこか失礼でなくてはいけません。



うわけで。

ネタバレ度は薄いかもしれませんがとりあえず。
ジャンプ感想です。ネタバレしてますよい。

続きを読む
2009/05/25(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
未来日記8巻感想
未来日記の最新刊を買ったわけですが
コレがなんとも面白くて大満足でした。

未来日記の主人公であるユッキーと言えば
「死ね!」「ウザい!」「キモい!」「ダメ人間!」「人のせいにばっかすんな!」
「臭い!」「流されやすすぎ!」「被害者気取りすぎ!」「こンの臆病者!!!」
とまあ、主人公としてダメなボタンを全て押しやがるガキなわけです。

ところどころで覚醒しかけるも、常にそれをブチ壊しにするダメ人間っぷりから
「キチガイだけど由乃の方がまだ気持ちがわかるわ」
「キチガイにストーキングされても一切かわいそうと思えないところがすげえ」
「人畜有害」「死屍累々」「主人公じゃなきゃ死んでる」
「どれほどの不幸が襲っても、コイツだけは冷めた目で見れる」
という感想をすべての人に抱かせるであろうクソムシという地位を確立。

唯一の主人公属性「臆病」以外のボタンを全て履き違えている主人公なわけです。
それがですよ。




ですよ。

クソムシが最新刊にしてついに覚醒してくれました。
うひょー
すげえ!かっこええ!
覚醒の詳細はとりあえず伏せますが
臆病を克服したユッキーは心なしか身長も伸びていたり
主人公として、あたかもまるで一流の存在感を出していて。
いやはや、みなぎる自信はホントにかっこいい。
テンションあがったわけですよ。


そういうわけで。
コイツはほんと期待を裏切んねえなあ




え!?
2009/05/24(Sun) | 雑感ごった煮 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
NO WAY OUT 2009雑感
DVDジャケットからしてある意味ネタバレ。
偽ジャマイカンことキングストンの名前なし!

そういうわけでノーウェイアウト2009のDVDを購入できたので軽くレビュー。
時間の都合で中盤カットしてます。

いまさらそんな心配いらんでしょうけど。
ネタバレしてますよ。
続きを読む
2009/05/21(Thu) | WWEをげほげほと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジ・アルティメット・ライティングワーク・ルーラー
ちょっと嫌なことが続いてたりで落ち込んだり腹立ったりしてました。
更新が途絶え気味でほんとごめんなさいですよ。
矛盾の上に咲く花を根っこの奥から抜きましょう。

今、エミネムのニューアルバム聞いてるんですけど
見事なまでにテンションを下げてくれて頭を冷やしてくれます。
いやー、ほんと頭に血ぃ上ってましたからねえ。
いやあ、今でも実際上ってんですけど
beautifulがわかりやすいけどトツボ。
遊び心と美学の対比こそがヒップホップだと思わされたよ←あとづけ。
いや、コレを永遠リピート再生してりゃあ六月までは音楽に飢えずに済みそうだよ。


しかしもう殴りたい対象が多すぎてパンクしそうです。
本当になんというか。
ここ数日は精神的に余裕ナシですね。

ダークサイドが完全に目覚めてます。
今喋り場カテゴリ更新したら良い毒が吐けそうだ。
2009/05/20(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パンダ・インフルエンザ
なんか街が騒然としてきました。
スーパーとかアレだぜ、マジでかたっぱしから売り切れてるんだぜ。
地震とか米不足の頃を思い出す品薄っぷり・・・ゴメンそれ言い過ぎ。
むしろ閉店間際のコンビニを見ているかのような棚の品薄っぷり。色々とハンパってる。

しかしアレですよね、日本人はマスクにリフレクでもかかっていると信じてるんでしょうか。
あんなんは気休めっつぅか、プラシボ効果ぐらいしかないだろうになー。
そもそもなんかマスクって好きじゃないのですよ。
周囲の人をみんなバイキン扱いしている、みたいな気がして。なにさまっな感じがして。
しかし昨今の騒ぎはホント魔女狩りみたいでなんだかなあなんですよ。
なんつぅかみんな自分を心配してばっかで、感染者に対する配慮とか優しさとか、ゼロじゃん。
ばっかみてぇ。


それはともかく、ですよ。
どいつもコイツもマスクしてるわけじゃないですか。
駅前でタムロしてるヤンキーもマスクしてるわけですよ。
これが普通なら、「うわっ、気合い入ってんなー」ぐらいにしか思いませんが
前述の通り、今やパンデミック時代まっただなか。

綺麗なマスクしてるだろ、ビビッてんだぜ、インフルに。

イキった人が実は繊細に予防とか狙っちゃってるのが、なんかとても微笑ましい光景でした。
インフルにヘタレこいてるヤンキー、ヤンキーだって病気になる!
2009/05/18(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クライミナル・サブリミナル
ご無沙汰してます。
色々とアレで
(寝不足で)
色々とアレなことをしていたりで
(早寝をしようとしてみたりで)
更新が途絶えておりました。
いやはやーやもうしわけねっす。

この一週間ほど何をしていたかと言われれば
(まーあそりゃあ仕事がほとんどなんだけど)
ちょっと次の小説とかいろいろと妄想していたわけですよ。
今や更新の軸がないブログと化しつつありますからね笑
(わらっているばあいではない)

そういうわけで、やるやらないはともかく。
ちょっとメモがてらメモメモしてみようと思います。
興味のある方とかは。


続きを読む
2009/05/14(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アンフォーギブン・ディストラクチャー
どもです。
色々ありましたが、とりあえず武装錬金B.も無事に完結となりました。
いやはや、ホント長かったですね。
特にこの一年は、数少ない自由時間をつぎ込みまくった気がします。
まあそれだけのもんは書けたのではないでしょうか。

最近またちょっと忙しくなりそうなんですが、
その前に完結できて今はほっとすることひとしきりです。

なんかね、いろんなもんをかなぐり捨てて生きてきたせいか
すげぇかっこつけた表現使うと、
ちょっと過去を色々と清算せねばならぬようなのですよ。
実際はかっこわるいことひとしきりだから清算せなならぬ状態に
陥っているわけなのですが。

とりあえず迷惑掛けた色々な人に謝り行脚の旅に行ってたまるかー。
謝るぐらいなら初めからしねーっつのー。
おれがあやまるのは権力に屈した時だけなんやで。
うわーろくでもねぇーえ。でもわりかしマジでそうなんだけどね。
空気が謝れと言ったら謝るよ、そりゃーあ、めんどくさいから。
もしくはめんどくさい空気になりそうな人が相手だったら謝るかなー。

よーするにめんどくさいことは嫌いなのですね。
しやわせには慣れないタイプだぜ。破滅嗜好もほどほどがー、ベネ。


とりあえず今後は、過去の清算だったり
喋り場だったり、次の小説の案だったりをだらだら進めていきたいな思ってます。

あとホントまじな話。
HPの管理してるような状況ではないんですが、
新しいHPというか、過去ログのすっきりした格納庫みたいなのが欲しいのですよ。
ここがジャンプとしたら、そこはコミックス、みたいな。


日々精進ですね。
いろんな意味で。


以下は感謝の気持ちを忘れずにコメント返信です。
アグレッシ部に心当たる方は。

続きを読む
2009/05/08(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
武装錬金ビフォー.
はじめに
この小説は、原作武装錬金において描かれなかった
ヴィクトリアとムーンフェイスを中心としたホムンクルスの反乱劇について、
原作コミックス全十巻をもとに描いた二次創作武装錬金小説です。
原作「コミックス」の内容をある程度把握していることを前提に物語を進めています。
あらかじめご注意ください。
当然ながら作者様、関係各社様とはいっさい関係ありません。
また、小説版やアニメ版、ゲーム版などにおける設定から、
都合のよいものだけをピックアップする手法をとっているため、
それらとは相応の矛盾等発生しています。
まあ、コレはこれとして楽しんで下さい。


目次
(プロローグ「アフターファイナル」
第一話「諦めるつもりはない」
)
(第二話「夜明けの抜け道」)
(第三話「諦めるつもりがないなら決戦だ」)
(第四話「夜が明けたら決断を要す」)
(第五話「THE ANOTHER SECOND,and THIRD」)
(第六話「エモーション・シフト」)
(第七話「早坂姉弟の墓場」)
(第八話「もう一つ、キミは強くなった」)
(第九話「カーニバルを要す」)
(第十話「敵は全てLet’sお見舞い」)
(第十一話「everybody同類項」)
(第十二話「スラッシュゼータ 夢見た楽園」)
(第十三話「GIRL MEETS BLACK BLACK」)
(第十四話「FADE TO EATER」)
(第十五話「Crimson MONSTER」)
(第十六話「偽善逃避」)
(第十七話「ニュートンアップルエモーション(前編)」)
(第十八話「ニュートンアップルエモーション(後編)」)
(第十九話「終結の夜と新たなる負の世界の夜明け」)
(第二十話「仮面の心、心の仮面」)
(第二十一話「戦士の胎動」)
(第二十二話「井の中の蛙の敵は誰だ」)
(第二十三話「一人ぼっちの逃避行」)
(第二十四話「EXCEL GIRL GONE」)
(第二十五話「舞夜」)
(第二十六話「ミッドナイトホムンクルスVS.ミッドナイトホムンクルス」)
(第二十七話「強い意志沸き立つ、新たなる出撃の鼓動昂ぶる」)
(第二十八話「戦士・カズキの墓はない」)
(第二十九話「開戦、ファイナルラウンド」)
(第三十話「a friend of nobody」)
(第三十一話「死心死体の女」)
(第三十二話「殺すロックオン、任せて」)
(第三十三話「大事な存在を再殺せんとする強い意志」)
(第三十四話「武装錬金エンバーミング」)
(第三十五話「死守とミッドナイトラン」)
(第三十六話「沸き立つ死(前編)」)
(第三十七話「湧き立つ死(後編)」)
(第三十八話「a BOY」)
(第三十九話「黒く死に熱く死に甘く死ね」)
(第四十話「デイ・アフター・ファイナル」)
(第四十一話「カーニバルにもしもはない」)
(第四十二話「世界を守る戦士の出撃」)
(第四十三話「シフトラン・ゼロ」)
(第四十四話「夜戦十文字」)
(第四十五話「FLAME and FLAME and FLAME!」)
(第四十六話「ホムンクルスのエンバーミング」)
(第四十七話「ホシアカリ」)
(第四十八話「a GIRL」)
(第四十九話「not so MONSTER」)
(第五十話「Go to end 」)
(第五十一話「錬金の戦士の選択」)
(第五十二話「この鼓動の全てをキミに」)
(第五十三話「アフター【bravo and...】 」)
(最終話「ビフォーピリオド and ピリオド」
エピローグ「もしもキミがカズキの選択を信じるならば」
)

改訂版(全編を通して大幅修正)
武装錬金B.

おまけページ
ライナーノートアナザー
ライナーノートアナザー2
ライナーノートアナザー3
ライナーノートアナザー4
ライナーノートアナザー5
ライナーノートアナザーあとがき

ご感想お待ちしています。リンクフリーです。





2009/05/05(Tue) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ライナーノートアナザー・あとがき。
言い訳とかをしたくて書いたわけじゃありません。
ただ、行間にこめたかった思いとかをここに残したいだけで。

最後のライナーノートアナザー。
ライナーノートアナザー・あとがき。
続きを読むからどうぞ。




続きを読む
2009/05/04(Mon) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最終話 ビフォーピリオド and ピリオド
(第一話~第三十話はコチラから)
(第三十一話「死心死体の女」はコチラ)
(第三十二話「殺すロックオン、任せて」はコチラ)
(第三十三話「大事な存在を再殺せんとする強い意志」はコチラ)
(第三十四話「武装錬金エンバーミング」はコチラ)
(第三十五話「死守とミッドナイトラン」はコチラ)
(第三十六話「沸き立つ死(前編)」はコチラ)
(第三十七話「湧き立つ死(後編)」はコチラ)
(第三十八話「a BOY」はコチラ)
(第三十九話「黒く死に熱く死に甘く死ね」はコチラ)
(第四十話「デイ・アフター・ファイナル」はコチラ)
(第四十一話「カーニバルにもしもはない」はコチラ)
(第四十二話「世界を守る戦士の出撃」はコチラ)
(第四十三話「シフトラン・ゼロ」はコチラ)
(第四十四話「夜戦十文字」はコチラ)
(第四十五話「FLAME and FLAME and FLAME!」はコチラ)
(第四十六話「ホムンクルスのエンバーミング」はコチラ)
(第四十七話「ホシアカリ」はコチラ)
(第四十八話「a GIRL」はコチラ)
(第四十九話「not so MONSTER」はコチラ)
(第五十話「Go to end 」はコチラ)
(第五十一話「錬金の戦士の選択」はコチラ)
(第五十二話「この鼓動の全てをキミに」はコチラ)
(第五十三話「アフター【bravo and...】 」はコチラ)




それではオリジナル武装錬金小説、「武装錬金ビフォー.」最終話です。
続きを読むからどうぞ。

続きを読む
2009/05/01(Fri) | 小説・武装錬金B. | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る