FC2ブログ
スマイルホップ
お酒は好きですか?
知ったかぶりしていませんか、
食わず嫌いしていませんか。

とまあ、お久しぶりに何を突然と、
酔っぱらったようなことを言い出したかと言えば、
もやしもんの最新刊がとにかくドツボ素晴らしでしたわけですね。
いやあ、立ち読みからウスウスと思ってはいましたが、ヤバイね。
あまり断定するのはよくないので断言しようと思います。
ドツボでした。

第八巻もやしもんに収録された「ビール編」は、シリーズ屈指に大好きです。
いや、マジでヤバイよ、これは。
ネタバレしないようにほどほどに概要つまむと、
1!地ビール(食わず)嫌いな人が、地ビール批判をゲストに展開する。
2!ビールってなんだろう!?
3!コレがわたしなりの答えだ!ズバババーン。


というわけで。
未読の方やネタバレ防止など各方面に配慮したあらすじの結果が上のザマなんですけど、
ホントに特筆したいのは1!の部分。
これがね、ホントに凄かったんですよ。凄く考えさせられたんですよ。
とても感情的で、わがままで、しったかぶりも入って偏見に満ちてて
でもすげー共感できたんですよ。
困ったことに今でも納得できてしまってしてるですよ。

「ビールにウンチクなんて要らないの。地ビールは自らとっつきにくくしてるのよ」
「ハッキリ申し上げて、地ビール業界はその説明は不十分と思う」
「しょせん、日本の地ビールなんてほとんどがただの、よそのマネッコなのよ」

うえの引用は、まさに先入観と偏見そのものって感じですね。
でも、これは地ビールに限らず、お酒通じて全篇にいえるんだけど、
すげえ的を得てると思う。
だってさ、ホントマジでさ。お酒の区別、見た目じゃあつかんだろ?

「飲みもしないで味以外で文句言うのは無知が無知ひけらかしてるだけじゃん!」

それから上の自爆につながって2!、
そして物語的クライマックスの3!に繋がるわけなんですが。
この巻はホントに素晴らしく輝いて見えるほどに、ドツボでした。
ホントにもやしもん未読の人にはぜひ見てもらいたいです。
根底にある考える過程、乗り越える過程がハンパない。
ハンパなく、心のむにゃむにゃを貫いてきます。

お酒のカテゴリィってさあ、すげえ乱暴な気がするんですよ。
「日本酒」「ビール」「ワイン」「ウイスキー」とかをまず大別して
そこから「吟醸」だの「シングルモルト」だのあるわけじゃないですか。
乱暴な話、赤か白かで区別されちゃうじゃないですか。
これは考え方としてはホントにもったいないと思うわけなんです。



お酒は好きですか。
知ったかぶりしていませんか、
食わず嫌いしていませんか。
世界には沢山のお酒があって、
日本は世界有数の、沢山のお酒が楽しめる国です。

お酒は好きですか。
おおまかな味で満足していませんか。
値段にばかり目がいっていませんか。
別にビールっぽい発泡酒を批判するわけじゃありません。
ただ、発泡酒を褒めるためには麦芽100のビールと比べる言葉感覚がほしいってコト。
ワインの色に満足していませんか。
アルコールがある程度入っていれば、ワインは水のように飲めるかもしれません。
ソムリエ気取りみたいにアホほど舌で味わえなんて言いませんよ。

いつも決まった安酒ばかりに手を出すだけじゃあ、ただアルコールを摂取しているだけです。
安いのも高いのも味わって飲むためには、やっぱり色々飲まないとってヤツ。


自分は“とりあえずビール”って風潮がとても嫌いな人間です。
“とりあえずビール”を嫌がる人を嫌う人のように、嫌いな人間です。
というのも、飲まなくても安ビールの場合、味に想像がつくから。
なんというか、「そのビールの味は知ってるから」ってなっちゃうんですよね。
折角お店には沢山のお酒が並んでいるのに、それをさておいて
知ってる(しかもさほどツボじゃない)味に手を出すのは
どうにも美学捨ててるみたいで厭なんですよ。
特にアルコールの場合は飲める量に限度がありますから、
自分のリミットへ無意味に近づく感じが嫌なんですよね。
わざわざ指して好きでもない味で初っ端自分を追い込むなど愚の骨頂!
まあまあ、そういうわがまま。

ああでもないこうでもない、という思考パターンがあります。
でも、それはやっぱ袋小路で、楽しみの範囲を狭めてる。
ああでもいい、こうでもいい。
それが、楽しむ味わう飲み込むというコトだとそう思うわけですね。
それをはつきり言葉にする価値はマジ計り知れないと思う。



最後に、なんとなく好きなお酒の話。
といっても、比較的手に入りやすい市販品しか飲みませんが。
仕事するようになって、飲み屋でお酒飲むけど家ではほとんど飲まなくなったのだよ。


・ブーンズ トロピカルhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/wineuki/1600004000113.html
甘口安ワインの個人的最高峰。水というよりジュースともっぱらの味。
コレはほんとにオススメ。コストパフォーマンス最強も飲みやすすぎて一瞬で瓶が空になるのが難点。

・久保田http://www.asahi-shuzo.co.jp/brand/kubota.html
定番。日本酒。なんか凄くうまい気がする。

・山崎http://theyamazaki.jp/index.html
定番。凄くウイスキーの味がするウイスキー。


早い話がアレなんですよ。
カクテルパートナーもだいぶ飽きてきたんで
そろそろ色々な新しいものに手を出したいわけですね。
願わくば、飲まずにゲロ吐くような人間を脱却して
まずは飲みほしてからゲロを吐く人間になりたいな。
スポンサーサイト



2009/07/28(Tue) | オーバー十代語り場 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
散塵舞(チリチリマイ)
お久しぶりです。
ホント謝罪飽きるほどにごめんなさい。
最近は帰宅してもパソコンつける元気が出なかったのですよ。
マジ大学生の頃からしたらアリエナイですね。
でもたまに「ネットなくても意外と生きていける」言うやないですか。
ありゃやっぱ違うわけですよ。
も、なんつか圧倒的情報弱者化著しくてくて。
しかも時間もね、余らないんですよ、不思議と。
2chを一切やらなくてコノザマなんですから、
ホントああいうところ見ている人は時間がいくつあっても足らないと思うわけですよ。




ちょっと脳が死んでて、この文脈から適当なオチに流せないんですがどうしませふ(それは重症だ)
とりあえずいつものように茶を濁すウソ予告で濁す茶をしようと思います。
いつものアレで、予定は未定!

・新カテゴリ「ネガティブキャンペーン」
やろうやろうと思いながら、なかなかに手がつけられない企画です。
気の向くままの喋り場とは違い、
むしろ論文気味に文章書くためのカテゴリとして
けっこうネタとかも考えてんですけど、むむむむで何カ月もたってしまいました。
とりあえず、「多数決の論理」と「甘味料」については
なんとしてもネガキャンせねばなりません。
ていうかよ、ホント甘味料ありえない。
あんなんがキャッチコピーになってることすらありえない。
あのプラスチックみたいな舌触りがホント気持ち悪い。
あれ絶対砂糖より原価安いからだと思うわけよ。
いやはや。あれは声を大にして言わねばならんよ。
総じて不味いって。

・乱月版B.更新。
もはや修正が過ぎて3話までの時点で別物と化しつつあるB.を
ここらでガツンと更新したいところなのですよ。
いい加減放置したくない面があるんで。
アレが終わったらとりかかろうと決めているものに
何時までたっても取りかかれないじゃんよ。不味いですね。
声を大にして言わねばならんよ。
総じて不味いって。
追記・三話の加筆八割方完了。加筆が過ぎるとはこのことだ!


まあそういうわけで。
明日から十日ほど死亡フラグです。
オレ、この死亡フラグへし折ったらあの娘に告白するんだ!
2009/07/20(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『いつか王子を助けるかもしれない大事な薬草たちですので』
たとえば童話的シンデレラの馬車がピーマンだったとしても
物語に芯の通った優しい人が揃っていれば、きっと物語は美しいまま進むみたいに。
きっと馬畜生に股がった王子様が素敵な言葉とかで飾ってくれるみたいに。

それ以上に。

たとえばあかいりんごそのものが、だとしたら。
それでもやっぱり物語は美しく進むのかどうか。


世にも珍しい赤い髪をもった白雪は、色々あってゼンという少年に出会います。
色々あるけど、それでも真っすぐ気持ちとか想いとか含めて真っすぐ進みます。

赤髪の白雪姫

とてもツボなマンガです。LaLaです。少女マンガど真ん中です。
「お嬢さんだって十分、格好つけが標準装備に見えるけどね」
そういうこ、ほんとすき。
オススメとかそういう言葉で押したくないマンガって言やあいいのかな。
とても物語をしている物語です。とても優しさのある物語でした。
コレはホントに好きだ。
素敵な人ばっかりで構成された、とても綺麗な物語。
捨てキャラがいないのもホントにツボ。
みんなにしっかりバックボーンもしくはフォローの余地があって。
とても大切にされてる物語だと思う。
たとえ白雪姫してるのが第一話だけであったとしても、ね。



しかし余談だけど従者がミツヒデってのは良いネーミングだと思う。
コレがマジに光秀フラグなんだったら華血吹く。盛大に吹く。吹き散らす。

2009/07/12(Sun) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アニバーサリー・テンペストエイト
いやあ、厄週でした。
なかでも昨日は厄日でしたよ。
朝っぱらから財布に一万クラスのダメージを与える真実をやらかしたり
いやはやなんとか今日を乗り切ることができてなによりです。

しかしホント。ろくな事がなかったわけですよ昨日は。
ジョン太流に基づくまでもなく、あらゆる
確実にハッピーの前振りだと思わなければやってられなかったわけです。
フラグは立っていたわけですガンガンが九日に買えました。



うんかみさまそれはぜんぜんちゃらじゃない。

はい、ガンガン八月号感想です。
はい、ネタバレしてますよ。
続きを読む
2009/07/10(Fri) | 月刊少年ガンガン雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
願い事一つだけかなえてくれるなら
七夕をテーマに短編小説を書こうと思ったら、
やたらスケール壮大になって纏めるのが不可能になってしまいました。
明日はもう七夕じゃないんでこれは泣く泣く一年ほどお蔵入りさせます。
いや、一年たったら忘れてるのが常だけど。

これだけじゃなんなので予告編じみたものを重ねてみる。
いやね、奥さん。赤髪の白雪姫って漫画が強烈おもしろかったんですよ。
まじで、別格オススメします。超級にツボでした。覇王電影弾!!
これはもう是非にとお勧めせねばならないと思い、
ちやちゃーと近いうちに感想を書かねばとそう思うわけです。
きー、そこの奥さん、これは書かないフラグとか言うな。

ひとつだけ言っとくと、またもLaLa系!
本気でLaLaを一度買ってみる日が近いかもしれません。
まーずーいーなー。
2009/07/07(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハロー・ナイス・トゥ・ミート・ユウ
ついに昨日を持って5周年を突破しました。
なんだかんだで去年度は更新頻度の半減などをはじめ
多少アレなことになってしまいましたよ。
しかしながら武装連金小説ようやくの完結など、
まあ今に思えばなかなかに頑張っていたのではないでしょうか。

そうとは言え、いつもその場の気分で更新内容をキメているせいで
突然何かはじめたりやめたりもしょっちゅう。
お得意様の方々なら、「このひとはほんとまいぺーすだなー」
とか生あたたたかい目でやさしく見守ってくれるところですが
やはりふらっと立ち寄られた方からすれば、
カオスすぎて、よくわからないブログと化しつつある気もします。

そういうわけで、そもそもを考えれば自己紹介というものをマトモにしないまま
このブログを立ち上げたきがするんで、ここらでやろうかと思うわけで。
ただし現在連載中のマンガ雑誌に限って。
正直自分の嗜好を把握しきれていないんですよ。
カラオケとか、歌える曲が多すぎて困るタイプ!

まあ構成としては朝○新聞の下部のパクリです。
ってそこに伏字いれちゃうと、日本一私見の入った新聞みたいだよ!
で。転載を加工して記事つくったんで、ヌケとか多いです。
そこはホラ、脳内フォローよろしくねがまし。

それでは、空中楼閣EX五年目突入企画。
マンガの話、リアルタイム・ナウ。
とりあえず太字はコミックスも持ってるよって意味合いで。






購読で読んでる連載マンガ
少年ジャンプ …惰性オブ惰性。なんだかんだで良作多いよ。
「ONE PIECE」「HUNTER×HUNTER」「トリコ」「BLEACH」「NARUTO」「銀魂」「ピューと吹く!ジャガー」「SYREN -サイレン」「めだかボックス」「ぬらりひょん」「スケットダンス」「黒子」「べるぜバブ」

ウルトラジャンプ
「スティール・ボール・ラン」「銃夢-Last Order」「皇国の守護者」「CLOTH ROAD」「PEACE MAKER」「忍空」「NEEDLESS」「天上天下」「はやてブレード」「Dogs

ジャンプスクエア…まあピカソと魔法以外は読んでる思うよ。
エンバーミング」「クレイモア」「ギャグマンガ日和」「屍鬼」「機巧童子ULTIMO」「テニスの王子様」「テガミバチ」「紅 kure-nai」「ラックスティーラー」「放課後ウインドオーケストラ」「アイレボ」「貧乏神が!

ガンガン…他にも読んでるのはあるけど好みでいえばこんな感じ?トライピース買うかも。
「SCRAMBLE!」「鋼の錬金術師」「ソウルイーター」「清村くんと杉小路くんろ」「BAMBOO BLADE B」「ゼロクロイツ」「屍姫」「トライピース」「ひょっとこスクール」「紅心王子」「ネルガル」「ハレグゥ」「はじめての甲子園」

good!アフタヌーン…購読してるのにこの様は何かがおかしいよな!
「純血のマリア」「巨娘」「ハルシオン・ランチ」「鉄風」

個人的立ち読みで読んでる連載マンガ(含む、たまにだけ立ち読み)
少年サンデー…「魔王」が終わったらがらりとしちゃったよ!
「金剛番長」「お茶にごす。」「クロスゲーム」「MIXIM11」

少年チャンピオン…バキでおなかいっぱい!
「範馬刃牙」

ヤングジャンプ…前四つが揃えば大満足さ。
「ハチワンダイバー」「リアル」「ノノノノ」「べしゃり暮らし」「カウンタック」

アフタヌーン…無限の住人を貸してくれるダチが近場にほしいのさ。
「友達100人できるかな」「おおきく振りかぶって」「からん

少年マガジン
「シバトラ」「さよなら絶望先生」「賭博覇王伝 零」「エアギア」

ヤングアニマ
「デトロイト・メタル・シティ」「三月のライオン」「自殺島」

モーニング
バガボンド

イブニング
もやしもん

ヤングマガジン
「カイジ」「喧嘩商売」「センゴク」

ヤングガンガン…書記は購読してた。休載多いんでやめた。
荒川アンダーザブリッジ 」「BAMBOO BLADE」「WORKING」「柚子ペパーミント

サンデーGX
ブラック・ラグーン」「ヨルムンガンド

月刊マガジン
アライブ 最終進化的少年

モーニングⅡ 
聖おにいさん


こんな感じかな。意外に少ないですね。
まあ基本的に立ち読みは最低限なんですよ。そしてミーハー。
これにコミックスを混ぜればかなりは増えますが、それは め ん ど い。
エース系とか基本コミックスです。
未来日記とか無意味にWWEネタてんこもりのデッドマンワンダーランドとか。
あと連載終わったヤツとか混ぜたらもうカオス。ケイオス。K雄。

まあ、アレですよ。
こんな感じに、自分の嗜好を把握しきれていない人間が私です。

今後もよろしくお願い申し揚げます。からりと揚げます。
まあホント。基本はコミックスなのだよ。←この記事企画そのものが本末転倒という宣言!
2009/07/05(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る