FC2ブログ
イグゼルカップ
JTGの良さを流布するためにJTGの画像を探していたはずなのに
気がつけばミズの画像を集めていました。
ちゃちなもんじゃないマグネットの恐ろしさを知ったぜ。

仕方がないので、画像募集がてらにちょっくら
どこぞのパクリ企画でもしれっとやらかそうと思います。
精一杯狭いゾーンを突くぜ。当然だけど、無断で。

マジで悪質です。テンプレとしてもろに無断盗用しています。
パロディですオマージュですリスベクトですインスパイヤです。ならよし!
というかこのコーナー、定番化したいんだがどうだろう(真顔)。

そしてThe Mizじゃないお題。

お題


はーい、それじやあ結果発表ーッ!!
続きを読む
スポンサーサイト



2009/09/29(Tue) | WWEをげほげほと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
なんちゃって写真集
携帯で撮った写真の出来がやたらといいんでちょっと自慢しようと思います。
ヌードはないんだけど、ネイキッドぐらいはあんじゃねぇかな。人外の。

続きを読む
2009/09/27(Sun) | 日記 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
スペシャルエディション・オブ・レイテッドアール
人のやる事なす事に「中二」とか言って悦に入ってる連中が一番何も作り出せない層なんだよ!バ――カ!!

そういうわけでノッケから名台詞でコンバンワ。
いやね、ホントに。沙村広明先生の短編集、シスタージェネレーター
もうどうしようってぐらいに名台詞満載で宇奈月頷きまくらされたんで、
せっかくなんでちょっとがっつり感想書いてみようと思います。
いやぁホントに、これは何と言いますか、もうドツボ七星。
おひっこしを薦めてくださった折り紙さんには、
沙村先生を知るきっかけを頂けてホント感謝感謝ですよ。

そんなラブアンドピスの気持ちを込めて。
ピス?!!まあ実際そんな漫画かも。
というかマジに変な感想になってしまいました。注意。
まじに心のいけないツボを押しすぎですよこの漫画。

ちゅーいはしたかんね。
続きを読む
2009/09/24(Thu) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ロイヤルランピツⅡ
久々にWWEの話でもしましょうか。
現地基準でネタバレ満載ですよ。
ただの脳内垂れ流しですよ。

いわゆるひとつの結果感想とでも言えばいいのかな。
まあ、ぶっちゃけ適当に思いつくくままに、
テイカーのまにまに。もしくはモルデカイのまにまに。
続きを読む
2009/09/22(Tue) | WWEをげほげほと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
GB世代
今日から更新が突然途絶えたりしたら
それはマイソウルゲームことSaga2をしているからだと思います。
個人的には“FF外伝”聖剣伝説や
“第一次”スパロボと並んでとにかくやりこんだ
そんな思いでたっぷりのゲーム。
例のごとく、アメプロから名前を持ってこようと思ったんですが、
どうにもしっくりくる組み合わせが浮かばなかったんで、
普通に別のゲームから名前を持ってきてプレイしてます(ええー)。


やっぱりマップとかも結構覚えてて、感動すら覚えますね。
いやー、おもしれえ。というか色んな意味でマジ楽しい
幸せとかそんな感じの気分。

しかしなんというかなんというか。
コレはなんとしても楽しまなければいけませぬ。
美化された思い出に応えるためにも。


むしろリメイク的には3をリメイクしてほしーんですけどねえ。
2009/09/17(Thu) | 日記 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
言葉狩りをしよう・レベル1
インターネットしててすげえ気持ち悪いことがあります。
それは、単にわがままと片づければいいものかもしれません。
嫌ならそういうのを見なければいいものかもしれません。
ですが、インターネットの目的を「情報収集」と位置付けたとき
こういう趣味をしている場合は特に、
どうしても目につくところに転がっている
どうしても生理的に受け付けないモノがあります。
この“モノ”という言葉がおかしいなら“コトバ”と言えばいいでしょうか。

それがどんなコトバかって言えば、“どこかで聞いたコトバ”。
“レッテル貼り”“貧困な語彙”“誰かの言葉の引用”
もうやめようや、そういうので面白ぶるの。そういう陳腐で何かを語るのは。

正しい日本語や作法の定義の話じゃなくて、もっと姿勢の根っこの部分のはなし。
あなたのコトバが本当にあなたのコトバですか、ってコト。
無個性を演じていませんか、平均化されていませんか、建前と発言がズレていませんか。
自分の感情に都合が良い、そんな他人の意見に乗っかっていませんか。
存在しない神様が定めた多数決の論理で、自信を無理やり正当化していませんか。
(多数決を正義と定義した神様なんて多分どこにもいませんよ)


自分にとってインターネット掲示板とかの嫌いな部分がここにあるわけです。


まるで、数多平均顔の人間が書き込んでいるかのような錯覚。
右に倣え、空気を読め、流れに沿え、ケツを舐めろ、糞して死ね。
あたかも自身が正しいから、世間(流れ)がこうなんだという
悪党の矜持を捨てたような不特定多数の不自然な悪意。
悪意を持って正義は語るな、悪党を潰せるのはさらなる悪党だけなのに、なぁ。


ネットにある、ある程度の匿名性の高さが好きだからこそ、
声を大にして、全ての卑怯者に目を覚ませといいたいです。
悪党の矜持がどこへいってしまったのかと問いたいです。
祭りなんて炎上なんて糞喰らえ、ていうかお前つまんねぇ。

そんな話。




続きを読む
2009/09/16(Wed) | オーバー十代語り場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャンプ42号雑感
時代錯誤で人に優しくないのが常識ならクソクラエだと思うわけです。
タテマエと本音が違う、そして権威の暴走が常識を語る資格は無い思うわけで。
常識なんてのぁ、それこそ統計的なもんで、
個性の尊重もできない奴には到底語れやしないと思うわけですよ。
人はさ、自分の考える社会ってヤツに適合しないヤツを常識知らずって呼ぶんだぜ。
てめぇの物差しで測れないからって即非常識呼ばわりじゃあ、器の小ささが知れるよな。
さてなんのはなしかって、そんなこんなでジャンプ感想ですよ。ええー。
ええ。ネタバレしてますよ。
続きを読む
2009/09/14(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キッス・オレンジ・フリーダム
ああ、なんということだ。
参駆ける運命は八叉のそれではなかったのか。
この世界は繰り返しではなく、らせんのせかいだったなんて。
かえりたくない。かえれない。かえりたい。

また今日も、王の掌で、奴隷戦士が踊る。
死なぬ世界だからこそ、なによりも痛い。

と、戦わぬ者がのたまうそうな。


そういうわけで、
新作小説のアイデアとしてはかなり決め手の要素を閃いてしまいました。
現況を鑑みるに、多分B.みたいな「結論」を見据えた長編は無理だろうし、
それぞれが完結しているオムニバス形式を目指すがベストだと思います。、
50話ほどを五年ぐらいかけてダラダラ書けるテーマになるように
ここから煮詰めていけたらと、手を広げすぎると大変なことになるので
ぼちぼちをモットーに、前作とか以上に
バイオレンスとかホラーとかサスペンスとかエロとかを混ぜたいもんです。
特に最後のエロは大事ですよ。いずれは挑戦せねばと心に決めていたテーマでした。
今のところ、なかなかにエロい題材を選んだと自負していたりいなかったり。
ギリギリに挑めるよう妄想を昂らせよ俺ー。
ちと色々と設定付けから始めようかな。


なんかそれとは別にギャグもやりたいなー。



あと最近、どうもweb拍手が頻繁でとても嬉しいです。
拍手には当然解析機能がないので、どの文への拍手かはさておきますが
いやはや、ホントありがとうございます。
最近はちよ仕事とかプラとかがアレですが、じき落ち着くと信じてがんばりますっさ。
2009/09/11(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ダムヘル
錬金小説の直しを時間を見つけてはちまちまやっているのですが地獄です。
今でたぶん第六層ぐらいの地獄にいます。
おわらねー。ゴールが見えねー。ヘルヘル!ヘルの一個目は強調的な意味ですね。

しかしまあなんですね。
直すほどによくなるのを実感できるのは、正直に快感感じますあっはーん喘ぎが古い。
いやはや、マジ過去の自分とざっくり今の自分の比較ができるのは
すげぇ気持ちの良いもんなんですよ。
過去にうまく表現できなかった部分が今ならはっきり言葉にできるっつーんでしょうか。
噛み合っていなかったままギアをフルスロットルでぶん回していた
過去の自分のパワーは見習いつつも、
こうしてうまく噛み合わせることで破壊力抜群っつーんでしょうか。
うん。俺はうまくなってる。

そういうわけで、別サイト「乱月の夜伽草子」にてちまちま更新している
新説・武装錬金B.は、まさに別物の領域で大幅に加筆、修正しています。
個人的には格段に、精度があがっていると自負しています。
ただちょっと密度詰めすぎて重さも凄いことになってますがっはっは。



やりたいことをやるのには体力がいると実感する日々です。
色々と頑張ろうとこれから思います。
2009/09/06(Sun) | 日記 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
クララ・ワン・ナイト・スタンド
やあ、九月なんだ、すまない。
そういうわけでどもです。
明日から来週にかけて、死亡フラグがメラメラなんで
気を抜くと一気に更新停止してしまいそうなんで、
ちょっと無理やり心のクララを奮い立たせて雑記らばんに更新。

振り返れば八月。
久々に更新日記数が10台に乗りましたよ。
すごいだろ、これでも最初は
「八月は可能な限り連続で更新するぞー」って思ってたんだぜ。


そして終わらない宿題こと、武装錬金小説のリテイク。
やっぱり修正するほどに誤字脱字していきます。
コレは今から修正が年内に終わる気がしないぜ。
でもホント、今だから言えますけど、あの小説。
すげぇ面白いわ。なにあれ、書いた人すごい。こわいこ。
最近はまたスランプまっしぐらなんで、うらやましい輝きすら放っていますよ。
そっかー、アレをおれはかいたのかー。
がんばろうとおもいます。

小説といえば新作小説。
すっげーネタは閃いたんですけど、ちょっと資料が足りなくて困っています。
いや、テーマもいい感じでアレンジもしやすくて、
原作準拠しながら無理ができるテーマを見つけたんですよ。しかもバトルも満載にできるの。
二番煎じと言えばそうなんですけど、組み合わせは奇跡、マジにかなりきてる。
早い話、とあるゲームで「ループ」ネタに辻褄を合わせるコトを本質とした
極限のドリームマッチも乱発できるベストダムシングなテーマってな感じ。
しかしホント。ブームも落ち着いちゃったせいか、マジに辞書的な資料がないんですよ。
ホント、意外なほどに。ないない。ない。ばー。
ちと試しに買ってみた本も、公式の某「15周年記念ページ」と大差なくて困りまして。
登場人物のストーリーからバックボーン全てを網羅できるもんは無いものか。無いんですよねー。
派生しすぎているせいで、こまごまとした資料はあるんですけど、なかなに。
書くならしっかりしたものか書きたいと言うか、
やっぱりそれぐらいしないと面白いもんは書けないのが実際のところっつぅか。
うーん、ホント。自分で言うのもなんだけど惜しい。そして書きたい。
「登場人物が“ループしていることに気がついた”世界」
とりあえず今度気が向いたら嘘本編予告でも書こうかな。
まずはそこからだ。


そんな感じで最後は言いたいことを。
ガラスの仮面最終巻、コンビニで立ち読んだのは自殺行為でした、やっぱり。
インターネットて!
2009/09/02(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
 ホームに戻る