FC2ブログ
差異は投げられた
いやはや、最近は更新量も減り内容も減り気味なんとも申し訳ございません。
でもオレはあやまらへんで。忙しいのが悪いんや。わいはなんも悪ぅあれへんよ。

というか三月はもっとちょっとヤバいかもしれません。
飲み会の数だけでもハンパではございませんことなのよ。すでに。死ぬね。
よぅし、こうなったら同窓会とか同期会とか合コンとかとにかく予定を埋めるぞー。ふー。

オレ、この死亡フラグを乗り切って四月を迎えたら病院に行くんだ!
急性アル中もいいけど、いっそアル中もいいね!
大量の医者に囲まれて拘束具を着せられるのもイイナ!


これは見事な逆転の発想、あえてフラグを立てる方向で危険を回避☆



ていうかナチュラルに三月はやるべきことがあるんですが、無理だ。こまったもんだ。
スポンサーサイト



2010/02/28(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ま。
ちょっとドタバタしてま。
色々と時間が足りないやら、むしろ手首が足りないやら。

そういうわけで阿修羅になりたいです。
肩を揉まれていると思っていたら・・・腋の下をくすぐられていた!
わあ、六本腕ってふしぎだね!
いやまて三面六臂、頭部がみっつもあったら肩が凝るじゃないか。
おことわりだね、そんなじんせい!



ま。
阿修羅君の人生が不幸すぎると再認識されました。
まず恋人が神サマに凌辱された時点で、
ゼウスとかヘラの痴話に巻き込まれた感じの不幸なワケで。

異教徒はツライね。
2010/02/24(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
レッスルマニア・アフター18
ブックオフでレッスルマニア19が250円でした。わーい。
破格・・・!
圧倒的名勝負のHBKvsY2Jが250円・・・!

とりあえず26はエッジが楽しみです。マネバンはモリソンさんがいいなー。
メインはハンター無しに、シナ・ラン・バティのトリプルスレッドがいいな。

そういうわけで気が付いたら
手元にはレッスルマニアのDVDが18から24まであるわけですよ。
すげえです。自分でもびっくりですよ。貯まるものですね。
まあ原価で買ったのはXXだけで後は中古なんですけど。
というか実際、WWEのDVDも結構な量になってきました。
いっかいリストアップしてみてもいいんですが、それはまたの話で。

しかレッスルマニアと言えば、最大級の祭典なだけあって、
名勝負が売りなワケですが、実際の試合の好みなんて人それぞれなわけで。
駄話のつなぎ程度に、個人的にコレはイイ!と思った試合の話でもしようと思うわけです。

カーウントダウン。
続きを読む
2010/02/19(Fri) | WWEをげほげほと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ジョーカーだらけのババ抜き禁止・言葉狩りをしよう3
根拠の提示が卑怯だって時があります。
それは曖昧な観念に基づいた、ようわからん根拠を提示された時の話。

例えば、すげえ美しい言葉があって。
それが理想を大義名分に担ぎ上げるほどの綺麗な言葉で。
まるで反論を許さない美しい世界の言葉が、人に従う事を強要する時があります。
例えばそれは人のあるべき素晴らしい姿を縛るものであり、
時には素晴らしいあなたを決めつける言葉になる事もあるでしょう。
しかし、そういう美しい言葉が常に絶賛に値するかと言えば
精一杯のネガティブを駆使しとノーと言いたいんですね。

もしもあるべき姿に努力しているあなただから素晴らしいとして、
それがいつの間にか勝手にあなたはそうあるべきとされてしまったら、
それはその姿になる為の努力や苦労を見ようともしないって事になるわけで。
それってもしかしたら、どんなくそったれでしょうかと。

自身の都合に照らし合わせて他人の良いとこを定義する暴挙があります。
スポーツマンはスポーツマンシップにのっとっているから素晴らしいのではないんです。
そのスポーツマンシップを試される場まで登りつめたから素晴らしいんです。
例えばプロスポーツマンは、あなたが都合のいい偶像として崇拝する事なんて、
かなり知ったこっちゃないんです。
手本となるべきなんか、周囲の雑音に過ぎないんですよ。
もっと別ベクトルで、いろんなものを捨てたり選んだりしているから、でしょ?

なのに、です。
素晴らしい言葉がありきと、それにそぐわないっつうだけで、
人を素晴らしくないとしてしまう人がいますよね。
それはもしかしたらとんでもなくくそったれた行為ではないのかと。
どれだけ美しかろうが、人に棘を刺す暴挙ではないかと思うわけです。

だから、そこに立ち向かう価値はあるんじゃないでしょうか。
そういう愛に満ちた優しい言葉を振りかざす為の聖域は、
むしろ誰かが土足で汚さなきゃと汚さなきゃな汚さなきゃ。
じゃなきゃきっとあなたの世界が、
優しい人の優しさに価値を感じられなくなっちまうぞと。

それはつまり当たり前なんて無いって事を。
優しい人がどれだけ素晴らしいかって事を。
てめぇの正当性を他人の言葉で語るなと。
悪事に手を染める道だってあるって事を。
平等が義務が権利が幸福が正義が、何もかもが、
早い話が誰かの都合に過ぎないって事を。

そこんとこ、お前らもっと認識しやがれと。
今回はそんな言葉狩り方で不特定多数に知ったかぶろうと思います。
知ったかぶりならどれだけ良かったか!

続きを読む
2010/02/17(Wed) | オーバー十代語り場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
後悔はない。これから起こることに後悔はない。
ちょっと最近は散財が過ぎたので
「ようし、今財布にある諭吉さんが給料日までのラスト諭吉だー」と悟りを開き
ライムスターのアルバムのマニフェストを買いに行ったんですよ。
(只今文中に酷い省略がありましたが、ストレスが溜まってたとかをご想像ください)

そしたら。
CD屋がDVD半額セール。
服屋が凄い安い。

マーラが!寂しがり屋のマーラが誘惑するの!!
ゴメンなさい、ライムスター!あなた達に回すお金使い切りそう!!


それはそうと、ラストヴァースはマジでかっこいいのですよ。
いやあ、たまんねぇなあ。
そこはかとなく「もっと踏もうと思えば踏めるけどね」なライムがたまんねぇです。


そういうわけでマニフエストも買いましたー。



→ちなみに積まれていくWWEのDVDを眺めながら。 
 アンフォー07とニューイヤーズレボ07が入室しました。
2010/02/17(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日々は元に戻らないがパレードは続く
どうもスケジュールがたてこんだりしてくると
自分はささくれる傾向にあるみたいです。
最近はちょっと文章もスランプで色々と悩みもありました。

それでも人の幸せとかおめでたい話とか、元気な子供の元気とか
そういうのに触れると、疲れるぐらいに元気になれます。

先日、バタバタのフィニッシュとしてそういうところに行ってました。
自分にはできないだろう感じのステージに憧れると
どこかツラくて軋む感じがありますが
そういうのひっくるめても、どこか幸せな気分に浸れました。


なんか頑張ろうという気持ちを思い出しました。
過去を振り返って色んなことに申し訳なくなったりもしました。
今いる自分の立場を客観的にみることができました。

頑張ろうと思っています。
ついに今、一番必要な言葉かもしれません。
2010/02/14(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人に中指立てる作法の思考実験
すっげえどうでもよくてしょーもない話ですけど。

服装云々や態度でスポーツを語るのはいい加減マジでやめてほしいです。
だってそういうのはスポンサーやそういう人が語ればいい話じゃんか。
あとはてめぇの物差しで好きか嫌いかだけでしょーに。

自分が一番リラックスできる服装をして、一番リラックスした精神状態を保つ。
それは極端な話、プロとしての努力だって言うこともできるわけで。
何が正しいとかで人を測って処分とかそういう方向へ話を持っていくのも
マジでどうかしていると思う。

ていうか、服を崩して着る人を見て不快に思う人が
それがジャスティスだと考える心理が理解できんだす。
だってそれは好みの問題だろ?


そういう凄いどうでもいいベクトルで話をするのは本当にバカバカしい。
人を批判するとかDisるっつーのはそういうベクトルじゃあないんだっつの。
まあバカバカしいので言い逃げしますが。
ていうか、うん。ていうか単につまんねぇ。
バッシングするにしてももう少し面白いバッシングがあるだろーになあと。
そこなんですよ、ルールとか社会規範とかを盾に人をけなす人に抱く感情は。
つまんねーんだよなー。ありがちすぎて。
ま・ありがちの統計がルールだからしゃあねぇんですけどー。むむー。

2010/02/13(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サトリサトラレサトラレル
ハイジvsメロス

メロスは激怒した。
「セリヌンティウスを置いていく!!」
ハイジは叫んだ。
「クララの弱虫いくじなし!!」

こうして、セリヌンティウスvsクララによる代理戦争は始まった。



みたいなひとネタを書こうと思っていましたが、
存在自体が笑いみたいな存在に挑むのは少し無謀なのでやめます。
というか脳がそれどころじゃありません。
というかなんでそんなものを書こうとしたのか自分がわかりません。
あいたたた。

と言うのも。
最近はちょっと個人的事情で脳味噌使いすぎて俳人状態ですよ。
ねぇ、曾良君が一番尊敬する人って名前の初めが「ば」・・・
なんとこれは誤字をボケにつなげる高等テクニック。

いや、ありがちすぎてこれ以上ハイジンネタをひねり出すつもりないんですけど、
ちょっと完全に私用続きでバタバタしています。最近は。


というか慢性的に頭痛くなってきました。
頭痛持ちです。マザーなら超能力に目覚めるところですぜ。
PKサイコクラッシャー!!そんな廃人状態なんです。
ちょっと脳みそのスペースに整理用の部分が減ってきましたわけで。
デフラグが必要です。
こう、のうみそをパーっと遊ばせないとそろそろ熱出すなー。
ズビズビと放熱したいところです。そんな感じで日記をズビズビ。

まあ元気ですよ。いまはー。ほー。
2010/02/09(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「BEST OF MCU」2010.2.10 on sale!
日本語ラップという言葉があります。
それはむしろ、どこぞの本場と比較した
バッシングの言葉として使われる言葉かもしれません。

そりゃあヒップホップとラップの違いも曖昧なこの国で
ラップも自らをどこかマニアックであろうとする節があって。
セルアウトって言葉を振りかざしたいだけのノースキルな連中も多く
どこかラップミュージックに対して、あたたかさが欠けた国があります。
いいや、わかってるよ、ラップにあたたかさなんて、ってのも。

それでも最近はネットでも「それは○○さんをディスってんのかー」とか
韻も踏んでいない発言に使われたりもしていたり。
なんともラップというものは存在が定義がロックばりに曖昧になっているみたいに。

だけど、本来ラップってのはそうじゃないはず。
たとえば抑圧された貧困層の黒人奴隷たちが、
自分たちの言葉で白人たちにディスリスベクトを示したように。
ラップってのはもっと自由なやり方で、「こうあるべき」という型こそを
否定しなきゃいけないんじゃないか。
根っこにまず自由ありき。
型にハメるラップなんざ意味ないじゃあないですかと。


日本のラップの世界も中々に歴史が浅くて。
今もシーンの先端を走る先人達が
言葉を持たなかった音楽キッズ達にやり方を与えたみたいに。
それはドラゴンアッシュやリップスライムみたいに、広めた人たちも含めて。
声を大にして言うことと、売れる音に乗せることは違うように。
ディスリスペクトって事を履き違えた連中は多いけれど。

いつかラップについてがっつり言葉にしたいなとおもいますが、それはともかく。
もうアングラ気取った人はそのまま埋まっててくれたらいいと思う。それはともかく。


「BEST OF MCU」2010.2.10 on sale!


全身全霊オススメします。この音楽はマジで優しい。
MCUのラップはマジにオススメです。
まずはいいわけ「nukumori」を聴いてください。
スキルのある人間や、圧倒的に鋭利な言葉で韻を踏む人は多いですが。
ラップの中に優しさとかセツナさとかを
これでもかと込めた感じは、まさに言霊そのもの。

本当に、誰よりもかっこいいMCなんですよ。
あえて言うけど個人的にも究極の日本語ラップ、ひとつの究極。
もうMCUでダメなら、その人はどのラップ聞いてもだめだと思う。
それぐらい、知らないことは惜しいことだと思うほどに押しますよ。
ジャケ買いでいいから買えって感じの領域です。マジで。
むしろラップを食わず嫌いな人にオススメ。
その癖、語れるラッパーのいない人にこそ聴いてほしい。


少なくともこんな言葉吐ける人、そうはいないから。

2010/02/07(Sun) | オススメるセレクション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ノーマーシー03雑感
消えたはずのノーマーシー03の感想が奇跡のカムバックです。
いやいや、完全に不手際でしたが不手際に救われたことも事実です。
ちょっと文章として残したい試合もあったんで、結果オーライ。



・いらないゲームの広告がやたら長い。
というか確かに現物が欲しくなる内容ではあるやね。
そしてやっぱりサバシリ2003のCMは最高で。
WWE&フットボール・・・ニャー。
・レズナー「アイム・ストップ・バボー」。単語の区切り方が洋楽。

そんなPPVの感想です。時々系列完全無視の不定期感想。
こういうのは完全にブログに不向きですね。よろしいならば別サイトだ。
いつかうちの文章格納庫である乱月が、そんなミラクルサイトになるかもしれません。
まあそれはともかく。ネタバレしているという建前の名のもとに。
というか単純にアホ文量なので。続きを読むからどぞ。
続きを読む
2010/02/07(Sun) | WWEをげほげほと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ロード・トウ・マニア・アフター・ランブル
そういうわけで簡単にランブル戦の現地ネタばれの感想を。
え!?予想!?してませんよそんな不毛な行為!
まさかあそこまで外れるとは爆笑ですね。むしろどこが当たったのかの領域。

正直、どこぞの(ネタバレ伏字)シナさんとパターンが完全に同じでしたんで
あまりテンションがあがったりしたわけでは無かったりします。
まあRAWとかSDとかでヤツのマイクが見れたのは満足度高いわけなんですけど。
やっぱりいるといないではテンションが大違いです。ウェルカム・バック!
2010/02/06(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バッシングメモ
なんか朝起きたら頭頂部がはねてて六道骸みたくなってたんで髪の毛を切りに行くのはともかく。

世の中にはヨコミネ式という、最低な教育方針があるらしいのですよ。
http://www.cosmo.bz/azc/kokoronotikara1.html
とりあえずこの部分だけでクソだと条件反射的に思ってしまったわけですが
なんというかアレなんですよね。
毅然とした態度が子供に向ける態度として、そこまで素晴らしいもんなのかと。
規律は「できないこ」に対しては一定の効果を発揮しますけど
「できるこ」からしたら窮屈な束縛以外のなにもんでもないというか。
え、そんな話じゃない?まあ余談としてでいいですよ。コレもメモだし。

まああんな知らんことですし、そこまでマジメに噛みつくつもりはないですが。
「こどもをあまやかすのはよくない!」って考え方が嫌いで
「子供を甘やかさずに教育すること」をうたった教育方針が嫌いで
「子供を“いかにして”甘やかすか」を考える人が好きで。

どれが難易度低くてどれが高くて、何に挑む価値があるのかってことでもある。
だから個性という言葉の意味をもう一度考えろと。

なーんか、「大人にとって都合がいい子供」を望む感じが凄いイヤだなあ。
2010/02/06(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ファッキンジャップ
朝青龍が引退しましたね。

正しいとかじゃなくて個人的な思想の話ですけど
ああも才能のある人が、ああいう形でなんというか
追い込みかけられたのは悲しいと思うわけです。

なんというか、違うんだよなー。品格とかなんとか。
そういう言葉さえ振りかざしておけば相手を批判できるっつーの?
周囲の戦っていない人たちが語る雑音っつぅかなんというか。
無能は黙れよ、みたいな?そういう感じ?
知ったようなコト言って批判している人って、なんかズルいよなーと。

まあある程度ブーメランしてる内容を言ってる自覚はありますが
なーんか残念です。とにかくそれなんですよね。残念なんですよ。

あーあ。ホントに気持ち悪い。
アレですアレ。
これまでに罪を犯したことのない人は朝青龍に石を投げなさい、みたいな。


まあ横綱をつづけている限り、誰かの望む横綱像を強いられて
自分が自分であることを否定されることはつらすぎると思いますし
いつかは来ていた日なんでしょうけど、
なんだかホント考えれば考えるほど悲しいなー。と。
そんな日が来てしまったことが悲しすぎるというか。


大好きな力士でした。力士を持ち上げる圧倒的が好きでした。
いい相撲をたくさん、ありがとうございました。
届かないだろうけどやっぱり言葉にしたいです。

そういう言葉が少しでも多く、横綱に届くことを願います。
2010/02/04(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る