FC2ブログ
飛び出す絵本、滅り込む絵本
3DSがマジやばいです。
というかすげえ、日本の技術すげぇ。

いやー、3D写真が撮れるとか新技術すぎるべ。
ちょっと感動しちゃったなあ、もう。
スポンサーサイト



2011/02/27(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サボ「俺は大人になって恥ずかしい」
わりと民主党がゴミだっていう前提で話しますけど


ていうかさ、「埋蔵金を財源に、色々と金撒いたり無料化します」っていう
いざと云う時の貯蓄、将来の積立を崩してド級寿司を食いまくる
そんな日々ぐらいに愚かなコトをブチあげた人たちにさ
とっても賛同して票を入れたのは日本人の大半なわけじゃないですか。

それがさ、支持率20%切ったから解散するべきとか
どんだけ一票を軽視してるんだよ。すげえ責任逃れの論法だよと。
支持率で政治運ぶのはホントに嫌いだな。いやホントに。
そうじゃないじゃん、民主主義における投票の重みってのはさ。

どんだけ選挙をナメてんだよ。
どんだけバカなんだよと。

選挙権を持っていない、将来を担う若い人たちに対して
筋が通っていないというか、失礼きわまるだろうと。


凄いムカつくけど、今のまま民主党は政権を維持していいとは思う。
いいじゃん、馬鹿ばっかりだったこの国の大人たちの証明として
これ以上ない代表者たちじゃねーかよ。

今さら「裏切られた」とかほざいている人間には腹が立つなあ、と。


支持率は選挙じゃないんだぜってコトを。
もっとなぁ。そういうの、届いてほしいよなあ。
世論とか振りかざす人、埋まっちまえばいいのに。
2011/02/25(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ガンダムファイトしかないだろう
やっぱりGガンダムは面白すぎて
最新刊3巻も師匠の顔が出るたびに微笑みマックスになるわけですが
心底砕け散っていた二月に足りなかったのは島本漫画だとようやく気付いたので
ちょっと明日明後日で逆境ナインを読もうと、
それをもってリハビリを完了させようとそう誓いましたわけです。

いや、誓いは折られるもんなんだけど
たとえ折られても、そういうポジティブドラッグが
あるということはかなり心強いよねと。

聖書ですよ。バイブルですよ。
冗談抜きに、人を導く力があるってのは、
そういうパワーが必要なんだって。

アレンビマダー?
2011/02/24(Thu) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くそったれたアマチュアリズムを
背景省略。

そういうわけで時期的にもそういう時期ですし
自分にがんばれを言い疲れたりもあって
がんばれに代えて、少しでも助けとなりますようにと願いを込めて。
就職活動についてのお話。

日本における就職活動は、疑問の余地が大いにあるとか
そういう方向に話を進めてもいいんですけど
それで現状が変わるとは思えないんで、
ここでは基本を「そういうもの」だと割り切った形で話をしようと思います。

根拠の提示は意図的にしませんが、わりと当てにはなると思われ。

興味のある方は続きを読むからどうぞ。
続きを読む
2011/02/23(Wed) | オーバー十代語り場 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ジャンプ12号感想
りはびりんぐなう。

ジャンプ感想です。
ネタバレとかそういう次元ではないよねー。
そんな感じで。
続きを読む
2011/02/21(Mon) | 週刊少年ジャンプ感想 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
祝・再集結と
KREVAの新曲である「挑め」がすげースキルフルで熱いんですが
KREVA曰くダサいラップしてる奴らに見せつける的な意味のある曲らしくて
確かに、「3をテーマに3を言わない」縛りの中で丁寧に韻を踏む感じとかは
マジに熱いというか、いや、コレは本当に良いラップだと思います。
こういう曲をシングルで出すのはすごいな、と。

あと売りのKICK THE CAN CREW CREW BACK AGAINなremixも流石キてました。

MCUさんも、「ふつーに踏めんだぜ」みたいな、とてもらしいラップをしたり
やっぱりLITTLEは狙いを形にできるのがすごいな、とか思うわけですが
あくまでもフィーチャリングということを強調する(HOOKを合唱しない)辺り
こぅキックに対する飢えが増すだけみたいな感じでもあるわけで。


でも問題はそんなところにあるんじゃなくて。


これはたぶん届かないと思うんですよね。
あの恥も外聞もなく、スキルゼロのラップをしている猿には。
見せつけようにも、あの人たちは見せつけられている事にすら
気付かないで、ラップですらないやり方で、ビートを声で刻むんだと思うんですよ。

いや、別に猿と明言されたわけじゃないけど。むしろこれは勝手な邪推以下。
でもこの一年ほどで、「こんなんラップと思われたらたまんね」って
曲を出しているのって限られるというか、いややっぱあの赤子たちだよね。

いやいや、勝手な推測以下の垂れ流しですよ。

彼らの音楽は彼らの音楽でアリだと思いますし
むしろ周囲のちやほやが気に食わないとかもあるけど。
ヒップホップの前提である部分、
ラップのスキルという言葉に込めた部分。
疑問の余地はたくさんある。

そういうのをdis以外のやり方で、そしてとてもHIPHOPなやり方で
形にした「挑め」という曲はマジに熱いとシビれてしまったわけで。

でも届いてほしい人たちには、届かないんだろーなぁと。
そこが悲しい。

以上、勝手な憶測による言いたい放題でした。
2011/02/19(Sat) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
挑も
今、結構マジに心が折れていて
どれぐらい無気力ハンパないかと言うと
延々とジャンプ漫画を読み返し続けるという
かなり終わっている時間の使い方を日々しているわけなんですが
そういうわけでスケットダンスを読んでもちっとも立ち直らなかったこの心
どうして立ててくれようかと
めだかボックスを読んで泣きそうになるという
それはもう非常に終わっているテンションで
レディガガがバックミュージックという、
もうどうとでもしてくれればいいのではないでしょうか
そんな次第ではありますが
やっぱりめだかボックスには名台詞多いなーというか
球磨川くんの悪意は本当にスジが通っているというか
例えば選択肢として確実に存在している行為を言い訳なしに選ぶ姿は
かくありたいという姿そのものであり、
いつの日にか、自分も色々な人たちを後ろ指刺す見下げ果てた人間に
なりたいなならなくちゃぜったいなってやると
そう決意する次第なのでちょっと世界滅ぼしてくるわ。


…と、まぁ。折角病んでるので病んでる文章でも
磨いてみようと思ったわけなんですが
序盤はテンポよくダメ人間だったのに
どうしても段々ふざけてしまった辺りは
ちょっと元気になってきたのかなーと。
全体的に漂ってるやる気ない感じはそこそこ恥ずかしくてカッコ悪くてイーネ。

まぁ今日、ちょっとだけいいこともあったりで
こういう更新ができるぐらいには自分を取り戻せてきました。

いやー、でも掛け値なしにめだかボックスは熱い言葉こんもりでイーネ。
そういう熱い言葉を、「所詮ただの言葉じゃん」と軽く否定する
そんな球磨川君が大好きなわけです。いやまじに。

彼ぐらいの不適合になりたいもんだ。
もしくはくじらさんぐらいに天の邪鬼。


なんだかんだで好きな漫画を読み返すというのはイーネ。
2011/02/16(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日記
まぁ、心底ヘコんだり、やらかしたり怒られたり、心配したり
良くも悪くも人生というものに翻弄される日々でして。

色々なことを悩んで、最近はけっこう宗教的なことまで考えたりしています。
(かみさま、ではなく、しゅうきょう。どういきるかとかそっちほうこう)

最近強く思うのは、やっぱり嫌いな人や苦手な人への対応で
実際、悪い人じゃない、というか間違いなくいい人でも
どうしても無理ーなことがあったりするとっていう言い訳のことで。

それは割とモロに自分にも跳ね返ることなんですが。
むずかしい。
この辺をズバっと整理する宗教観、みたいなのが見つからないんですよね。


正しいと優しいをはき違えてんじゃねぇよ。


これは今年に入ってよく考えてるテーゼなんですけど
どっちかと言うと酷い人間サイドの自分ですが、だからこそ
こぅ正しいよりも優しいを目指したいと思うわけなんですが。


難しいのは、結局そういう言葉が、表面上しか意味無いんだよなと。
結局、現実的な事態には具体的対応が求められるわけで。

相手を黙らすだけなら、正論をかざすのもアリなんだろうけど。
それはやっぱり、やさしくないわけで。

なんだかんだ大変なのは、自分のいいところを発揮する難しさだと。
これは自分に限らず、ありとあらゆる「自分」に当てはまる話。


良いところがあるのは知ってんだよ。
良いところがあるんだよ知ってくれよ。

悪いところを見ないことが本当に優しい真似なのか。
悪いところを見せないのが本当に優しい真似なのか。

色々と考えるわけですよ。

と、まぁ。色々と思うところがありまして、
むしろ精一杯うじうじしてみたいところですが
それは結構どうなんだろう。傷心的な旅行でも行くか?

いやはや最近は文章がスランプマッシグラなんですが
何書いていてもしっくりこない感覚があるわけで。

なんかね、あと一個、論理に爆発がほしいんですね。
そんな悶々とした日々を過ごしているわけですね。<太宰なんか読むから!


続きを読む
2011/02/11(Fri) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
モブると真宵ちゃんのファッションの異質が浮き彫りね
すっかり逆転検事2漬けの週末になってしまいました。
いやー、検事1と同様でろくに裁判が無いのは致命的なんですけど
その辺を割り切れば検事1と同様に
よく出来てるアニメ映画(オリジナルストーリー)なシナリオで
しっかりと楽しむことができたんじゃないかと思います。

何回か寝落ちしましたけど。

しかし何といいますか、終始漂う
「もういいから法廷で会おうぜ!」
「すまん、推定無罪の意味を教えてくれないか」

という感じと、あとなぜに調査中にも拘らず
証拠提示にタイムリミットが設けられるのか
その辺が清々しいほどに投げやりな感じが
逆にホント素晴らしいというかうまいサジ加減というかねー。
あとボス格の犯人の役職にネタ切れ感が・・・!


とまぁ細かい突っ込みが求められるゲームとしてもかなりの出来だと思うわけです。


まぁソウルゲームである逆転裁判5待ちの人間としては
いい感じに飢えをしのげたんじゃないかと思います。
いや、おもしろかったですよ。

ヌルゲーははヌルゲーで好きだー。
2011/02/06(Sun) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る