FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
歯車は軋軋と音を立てて明りを灯して、折り返して
シグナルという小説を読みました。
関口 尚という方の映画館を舞台にした小説です。

爽やかな読後感を始め、始まりから終わりまでの
総てが非常に映画的な物語でした。
これでもかと物語でした。
優しい人たちが理解されて報われる、そんな素敵な物語でした。

そして、悲しいまでに映画的な物語でした。



この物語は悲惨なまでに、〈物語〉というテーゼに縛られた物語です。

それはミステリアスで在るが為に不幸な罪で罰を背負ったヒロインにも言える事ですし、
そんなヒロインを理解できる人間であるが為に不幸な過去を知る主人公にも言える事です。
そしてヒロインにミステリアスを与える為に、
不幸な狂人の役回りを請け負った存在にすら言える恐ろしい話です。

紐解かれていく物語が描く世界に、
必然という奇跡が重なれば重なる程に。
そこまでのそれほどの物語がなければ、
人は幸せになれないのか。 なってはいけないのか
ひとは幸せを実感できず、納得を覚えないのか。
ラストシーンが映画的でなければ、本当にその物語には喜びはないのか。

あなたは。

そんな黒い感情が心を支配していく。


描かれている物語に、さして真新しい世界はありません。
言ってしまえば、男受けのしそうなヒロインを主人公が陥落す、それだけの物語です。
そこに安っぽい狂人が絡んできて、ドラマチックに対決の構図を演出する。
本当にそれだけの物語だと断ずる事が出来ます。

そんな男女の世界がどれだけあるんでしょうか。
それが本当に皆が憧れる物語なのでしょうか。
それを本当に幸せと言えるのでしょうか。


この物語は非常に爽やかな読後感が背中を押してくれる、
そんな爽やかな余韻を残して幕となります。
しかし本質的には、物語のお人形さんが、
確定していた理解による幸せに到達したに過ぎません。
彼らは善意や優しさに踊らされただけなんです。

描かれた不幸は、本当に彼らが幸せに至る為に必要な試練だったのか。
こんなにも優しい人たちが優しさに届く為には、辛い心の傷が欠かせないのか。
本当に罪深いのはどこのあなたなのか。


この物語を非常に映画的な物語だったと片付けるのは簡単です。
だけど本当にそれでいいのか、ちょっと待ってほしい。
これは非常に切ない物語です。
そこにいたるまでの総てが作為的で物悲しい物語なんです。


叫べばそれで発散されてしまえばそれでいいのか。
どうにも違う気がする。
それでも彼らが笑えている結末を、
喜びと呼ぶのが作法なのか。

奇しくもそれは、優しい生き方ほど辛いものはないという
テーマにも帰結する感情で、だからこそ余韻ひとつに誤魔化してはいけないと思うわけです。


これはとても安い物語です。
それは負の感情からの言葉選びではなく、
ひたすらにお手軽な物語だからです。

まさに歯車を見ているようで、だからこそとても切ない物語構成でした。

とても、いい本だったと思います。
映画化も納得の完成度を誇っています。

総てに意味があるからこそ、登場人物が人形のようで、見ていて切なさが溢れて漏れる。



シグナル。 とても、いい本でした。
スポンサーサイト
2011/11/30(Wed) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちゃらんぽらんれ
日常的に使用する電化製品の片っ端から調子が悪いです。
パソコンもipodもケータイ(new)も。

そういうわけでわりと本気で落ち込んでいるわけです。
ていうか今日のケータイはマジでヘコんだ。
もうホント、あらゆる角度からヘコましてくれるんだぜ。

自画自賛の手前味噌ですが、いいや今年のおれはマジで不幸だぜ。
まぁでも、そういっても変化は始まらないわけで。


優先順位としてはやっぱりパソコン買った後にipodは買い換えたい。
でもとりあえずはケータイが最優先なわけですが
冬モデルは防水無しが多くて意味わかんねーなわけで。

あー。
なんかもう、50万ぐらい一気に散財してやろうか
ってぐらいにはストレスたまっているんだぜ。
そんなことしたらきっともっと自己嫌悪でストレス貯めるんだぜ。

もう自己嫌悪はこりごりだぜ。

そんな感じで、近況報告が明るかったためしがない今日この頃いかがでしょうか。
このままじゃ年末のタイマーも構成しようがないので
ちょっと趣向を変えなきゃなぁ、とは思っているのですが
いっそ赤裸々にガチる誠意か、それともまぁ真面目に感想書く気力があるか。

まぁ色々と考えることは多くて現実逃避するわけですね。脱兎。
2011/11/21(Mon) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
WWE話
WWEでジェリコに復帰時期を聞く以上の野暮は無いんですけど
それに対して「WWEでレスリングするつもりはねぇよ」っていう
熱すぎるアンサーをかましたジェリコは本当に頭いいなぁと。

たった一説でCM先生のレスリング談義を超える熱さを出すとは
さすがジェリコのマイクはセンスがあるなぁとホリック再燃してしまうわけです。

しかし現地の人はツイッターとかで
ジェリコの復帰時期についてボケ殺しに走るの
まじに勘弁してほしいもんです。


あとエピコフニコプリモのメヒコトリオが大好きです。
クライムタイムといい、趣味がわかりやすすぎると思いますが
やっぱりああいうチンピラは大好きなんで
シンカラとか適当に料理して、ビッグショーレベルを
三人でリンチするぐらいになってほしいもんです。

あとエピコの方、かな。コロン家の人。
背ぇ高くてかっこよくてびっくりした。
WWEにおけるコロン家といえば、身長がっかりが定番だったのに!
2011/11/15(Tue) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
苛む無力を痛感する
崖の瀬戸際に必死につかまっている人に対して
手を差し伸べるという行為ってヤツは
結局のところ相手にひとつの賭けを強いている。

それはわかるんですよ。

両手でギリしがみつけていたものが
片手になったら落ちちまうかもじゃねーか、と。


だからもう落ちる(落とす)こと前提で
クッションが必要なんだと思うわけで。
もう何も考えずに落ちろ、と。
受け止めてやるから、と。
そういう人間に、なりたいな。なれないな。
資格がないな、じゃあ、どうしようかと。
そんな感じの日々が今週の幕開けでした。


必死にできることを考えてはいるのですが
その最終判断を相手に任せている以上、
それは相手に負荷を与えているに過ぎなくて。

手を差し伸べるにしろ、クッションになるにしろ
どっちにしろ手を離せと、そこからじゃないと役に立てない、みたいな。

それってホント。一番残酷なことを強いているよなって。


何の話かって言われれば、
自分の不幸に慣れてきた頃に来たのが
辛い時に助けてくれた人の不幸だっつぅ話。

あー、もうホントに、不味いですね。
言い訳と現実味の無い妄想ばっかりが頭をよぎって
自己嫌悪がハンパじゃないです。

そういうわけでいつも以上にオチも何にもない話でアレでしたが近況報告でした。

とりあえずまいにち必死なふりしてます。
まだまだ本当に優しい人にはなれそうにありません。

色々と負けまくりです。不戦敗がハンパなく多いのがしんどいです。
本当に愛でれるんじゃねぇかってぐらい色々な敗北が寄り添ってくれています。

でも、しんのやさしさは、だれにもまけない。

本当に、逃げる言葉ばかりうまくなっていって困りますね。そうですか。
まぁそんな気分ですよ。もう素面でも全然酔えるね。
2011/11/09(Wed) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
九月が永遠に続けば
そういうわけで、ベストセラーだそうです。

全編に渡って、とにかく品がない。
心底いやになるほどに下世話で下品な小説でした。

実際、生々しい描写がイコールにエロい文章ってわけではなくて。

わりと本気でろくでもない小説だったと思います。
とにかく文章力ひとつで成立してるようなもんなんで、
多分あらすじだけを炙り出せばマジで酷い事になる。
明らかになった真実っぽい雰囲気が、
あくまで登場人物による想像の範疇に留まっているので、
サスペンスを語るわりに「やっべ、これはマジ無理っしょ」という事は特になく、
むしろ「それがマジならヤバいよねー苦笑」的な目線を気取ってしまう。
非常に乗り切れない意味で、しんどい小説でした。

小説を読むのにこれほど苦労したのも久し振りでした。


格別に悪いという事は無いんですけど、個人的にはとにかく相性が悪かったです。
主人公のオバサンがなんか痛々しいのがかなり致命的だったと思います。

いやはや。
特にどんでんも返さないし、
醜い性描写に対する嫌悪感だけでサスペンスが構築されている感じは、
何ともしんどい小説なんじゃないかと。

それはある意味で非常にサスペンスでホラーですよね。
だからどうしたと言われればそれまでな感じがなんとも言えねーんだぜ。

厭な本読んだという意味では、何も良い余韻残らない点が痛々しいですね。
2011/11/06(Sun) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もしももしドラを読んだら
読書をしていないわけでは無いので、たまには雑感を。


そういうわけで、一時期にアホほど売れた「もしドラ」読了しました。

躊躇なくネタバレしますけど、入院中の親友が安い感動の為に死ぬ話です。
そういうのが嫌いな人間としては、ほんとそれだけで色々とブチ壊しでしたね。
途中までは、過程のしつこい進研ゼミのまんがみたいな陳腐さ
わりと程良いヌルさで、悪くなかったんですけど。

あと文章も凄い下手だと言わざるえんストーリーテリングでした。
だって語尾の八割以上が「だった」「でした」「なった」みたくの過去形連打。
素人のヒップホップか、ってぐらいに「た」で締めます。
正直、ここまでやられたら、ケチつけてゴメンナサイの規模。
これは何の報告なのかと。レポートなのかと。
絨毯爆撃炸裂と言う奴ですね。そうですか?


とは言えちょっと真面目な話をするなら、
当然のツッコミとしてご都合主義が過ぎる。
初めから全てが予定調和な配役もそうですが、
何より「組織」が綺麗に運び過ぎている。

それは、「障害」はあれど、それを乗り越えた際に発生するはずの
行動に対する「弊害」がないストーリー運びと言ってもいいでしょう。

ていうかこの物語に漂う嘘くささの大半がその
一切の行動の結果に弊害が無いストーリー運びに起因していて。
一度うまく運んだ物事が予定調和にしか進まない、
現実に山ほど起こるであろう『物事がある程度すすんだ上での想定外の不条理』が
ちっともさっとも存在していない(安い死除く)。

それはもう、ご都合主義と言われても仕方がない作風ですし、
ある意味では間違いなくご都合主義を楽しむ物語運びがされている。

言ってしまえば、保険屋さんの絵空事に似てるんですよね。
うん、これは本当にそういう話だと思う。


それでも、です。
決してボロクソに貶して然るべきな酷い話ではありません。


ただひたすらに焦点を絞った安い話ではあるけれど。
だからこそ描けている面もあるし、
間違いなく下手な入門書よりは親切で読ませる内容です。
決してお勧めする物語ではなくて。
ネタとして弱いのは勿論だけど、
やっぱり読んでて腑に落ちない点が点在しているのが大きいけれど。

それをケチをつけるベクトルと言われればそれまでだけど、
むしろ詐欺っぽい雰囲気に疑ってかかる本能に近い感じ。

だから全てひっくるめて「仕方がない」話だと思います。


そして言うなれば。
洗脳じみた断言や聞く耳を持たない断定に満ちた専門書に比べて、
格段に優しい目線で描かれた物語なのは間違いなくて。

描かれている事象に疑えるというゆとりのある本で、
それはそこまで悪くない物語なんじゃないかと思います。


まあ安い感動の為に親友を殺した展開だけはうんこ。
恥を知るべき工夫の無さには、酷い仕事であると言わざるをえません。

だからこそ、安い話が読みたくて、ちょっと雑学にも触れたい人にはマジお勧めします。

保証できる安っぽさは絶品と言えるでしょう。


いや、ほんと其処まで悪くはねーハズなんですよ。
しかし口を開けば誉められない。なんだこれは。
2011/11/02(Wed) | 雑感ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。