FC2ブログ
昨日も今日も明日もきっと月は綺麗だな、ちくしょうめ
繋がっている物語は好きですか。
それぞれが独立していて、でも繋がっている。
物語はミステリィが散りばめられて、でも犯人がいるというわけじゃない。
人にある、簡単にさらけださない過去という秘密、ミステリィ。



<蒼空時雨><初恋彗星><永遠虹路><吐息雪色>
以上が2012年8月現在で四作でているシリーズ「花鳥風月
それに蒼空に派生する<INNOCENT DESPERADO>
そして、<残酷><告別><断罪><愛情>からなるのが
2012年8月25日に完結したノーブルチルドレン」シリーズ
すべてメディアワークス文庫から出版されている綾崎隼先生の連作です。

嬉しい繋がりや、辛い連鎖が、それぞれの物語の行間に明示される物語。
それぞれが繋がって行くので、できれば、上記の順番で読んでほしいと思います。


「おめでとう。ちっとも嬉しくないと思うけど、痛みがあるなら、それは立派に恋よ」

人がいれば恋もするし悲劇も起きる。
だけどミステリに犯人なんて、いらなかった。

「もがいて、苦しんで、のたうち回りなさい。落ちるだけ落ちて初めて気付く想いもある。どうしようもなく寂しくなって、ようやく求めてしまう温もりだってあるわ。――のお陰であんたは大人になれたのよ」



新潟県の豪族、舞原家と千桜家に生まれた子供たちの物語
それを幾重にも織重ねながら描く物語だと言っていいのかな。
まぁそれは物語の背景のようなもので。
だけど因縁はいつでもどこかで簡単に絶対に追いすがる。

それぞれがそれぞれ、痛々しい人たちが痛々しい想いに痛みを重ねて痛みを味わう
そして、その先で、しっかり安らいだり、痛みを抱えて、それでも歩きだしたり。

何もかもが痛い、そんな物語群だと思います。

みんなが幸せになるってわけじゃない。
だけど、みんなが幸せになれる、そんな物語の着地をみせます。
繰り返しますけど、みんなが幸せになれるわけじゃない。

そして、是非、<ノーブルチルドレンの愛情>に辿り着いてほしい、と。
「現代のロミオとジュリエット」だなんて木端恥ずかしいキャッチが飾られる
まさにイタさの集大成みたいな「ノーブルチルドレン」シリーズですが
そこにあるのは、和らがない痛みを優しく撫でるような、そんな切なさでした。

まるで、これまでのシリーズにあった痛みを拾い集めるような<愛情>。
ここまで「読んでよかった」と思えた本は正直、久しぶりでしたですよ。
それぐらいに悲劇を前提としたうえでの<愛情>の着地は、
特にどこに着地するか分からなかった琴弾麗羅の【機微】は、
きっとどこまでも素晴らしいものがありましたと思います。




10代っていう、無敵の無謀さと、正しさにも優しさにも言い訳がいらない世代
20代っていう、今だから理解できる呪いにも似た自意識過剰。
そしてそれからの人生へ。

みんなが幸せになるってわけじゃない。
だけど、みんなが幸せになれる、そんな物語の着地をみせます。
繰り返しますけど、みんなが幸せになれるわけじゃない。

それぞれの着地。そこにある痛々しいほどのイタさ。
それでも、人は前を向くし、そこにまた意志もうまれる。


―――そして、幸せになれる。


この本を心から楽しむことができる心が残っていて、良かったと思います。

おれは<ノーブルチルドレンの愛情>、心から押します。とても素敵な本です。
だからそれを最大限に楽しむために、綾崎隼先生の本を心から押します。
たとえ希望なんて無いとしても。泣いていても。

やっぱり優しさは、誰にも負けない。
スポンサーサイト



2012/08/25(Sat) | オススメるセレクション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まだ面白いことが書けないけれど
お久しぶりです。

すげぇ辛いことも色々起きているし
現実に自分の情けなさなんかも痛感する日々ですが
やっぱり優しい人とかがいて面白い人なんかがいて
現状これ以上のことは何も期待できないし、
それでも期待してしまってなんだかなぁ、な
そんな毎日を過ごしてはしますが、なんとか一段落。
先日を以って、ひとまずのリビングヘルに蹴りをつけました。
あとはおれ以外の人間次第という状況です。

そんなついでの近況報告。

オリンピックは仕事の追い込みと重なっていたのでほとんど見れませんでした。
それはなんとも非国民ですね。
いやいや、世界に誇る国のトップ企業が大変なことになっているのに
それを無視して震災の復興助成金を天下り団体に回すヤツラなんかに比べたら!
ごめんなさい、ニュースなんかも上っ面しか追えていないんですよ。
シャープは好きなんでなんとか頑張ってほしいなあと思います。マジで。

ていうか消費税にしてもそうですが
選挙対策の為にデフレ政策を加速させようとする
まじ時代逆行の連中こそマジに非国民ですよ。
年金世代にイイ顔ができて、しかもデフレも加速するとなればそりゃあ消費税あげるわ。
年金世代はねー、手取りの金額が固定だからデフレを望むんだってさー。
でも実際のデフレって単純に低価格るって意味じゃないはずなんだけどなー。
ばかだよねー、にほんこくみん。しなねーかなあ、でふれ。

うん、いい感じにばかな文章だ。

WWEは最近まじにミズミズが一番ひいきなんでジョバ続きが悲しいです。
しかしやっぱりマイクが面白いヤツはいいなあと再確認。
あと、試合BESTのDVD PPV2009-2010の出来が
凄い良くて、まさかのプロモ全収録には感動の涙でした。
前にそういうベスト版でレッソーマニアのを買ったら
プロモが全カットされていて泣けてきましたからね。
WWEのDVDは、実際よっぽどでない限りは
中古屋で見つけたのを回収する流れが多いので
こういう変化に気づくのに相当なタイムラグがあります。
まだDISC3が見れてませんが
これはちょっと記憶頼みに感想を書きたくなる内容。
そういうことを言った時は大体書かないんですけどね。
でもまぁ、色々と惜しい年やったんやねと確認した次第なので
だから少しだけ殴り書き以下。

エッジとシナさんのラストマンスタンディングにしても
シナさんとオートンのアイクイットマッチにしても
ラストシーンのもうひと踏ん張りひと工夫で
もっと語り継がれてもイイ過程を踏んだよい試合でした。
あとジェフとCM御大のTLCは普通に順当な良試合でしたけど
あれもフィニッシュは弱かったですよね。
特大ラダーからのスワントーンでジェフが自滅した通常営業って感じ。
しかしああいう試合を見ると思うのが、
エッジのTLCにおける伏線撒きスキルは凄さ。
序盤でCM先生が設置したテーブルが
中盤にショボくしか使われなかった時に痛感しました。
違うよ、伏線フリークはもっとピタゴラスイッチを期待してたんですよ、的な。

漫画はかっこ悪い話、最近あまりテンション上がった記憶がないのですけど
小説はここ一年ずっと、綾崎隼先生がアツいです。
メディアワークス文庫も中々にアツい出版レーベルだと思いますが
中でも綾崎隼先生はぶっちぎりですね。
美男美女がばったばったと痛々しい恋愛に散っていく話が多いです。
そしていわゆるひとつのみすてりぃ、もしくはすこしだけさすぺんす。
とても好みなのです。今月発売になるシリーズ完結編
「ノーブルチルドレンの愛情」もすげー楽しみですぜ。
シリーズまとめてオススメ記事かきたいなあ。

アニメは貧乏神がイイのです。
連載のほうもようやくうっとおしいテンションな
パートを脱却しつつあるんでうれしいですよ。


そんな感じで、長々と駄文でした。
こういう更新とか、いつぶりでしょうかね。聞かれても。
2012/08/19(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る