FC2ブログ
朝日=天でFA?
FAのシーズンですね。三兎を追う阪神の二遊間は果たしてどうなるのでしょうか。
介護を終えた偉大なるショフトこと鳥谷選手がこのタイミングで去るのか
いやはやシーズンオフの野球界から目が離せませんね。あー離れない離れない。
あと新番組の鉄人ことアイアンシェフを、なんか見れてしまっているのですが
機材トラブルで料理人がピンチってシナリオが二回も切られていて
それは流石に脚本家もう少し仕事をしろよとおもったわけです。
いやいや、名誉を賭けた戦いで機材トラブルは、訴訟ものじゃあねーのかいな?
あと「このテーマに松茸は余計」とかホザいていたオバさんがいて
食材に対する感謝の気持ちとかが全然ねぇな、最低だなこの人。
この人の為に料理作るとかたまったもんじゃあねーよな。と思いました。
もしも高級食材が可哀想という言葉があるのなら、
それはきっとこう云う時のためにあると思う。
あのBABAAに食われた松茸は本当に可哀想でした。
しかしまあ、ラストの判定発表、ファイナルアンサーって突っ込み待ちの
カビ臭い、そして大して面白くもハラハラもしない演出も大概古いですよね。
そういうわけでFAって言葉は凄い間抜けだなあと思いましたわけです。
○○でFAとかいう言葉を未だに目にすることがありますが
いやいや考え続けろよ、糖分足りてるか?と。
そう思う、で止めずにあたかも普遍の真理みたく断定しちゃう行為は
思考はとてつもなく危険だと思うのですよ。周囲にとっても自分にとっても。
固定された答えはとてつもなく楽ですけど
それに従った世界がどうなるかは、
世界史の教科書とか読めば理解るじゃないですか。
そんな秋の夕暮れに思う。今夜は秋刀魚が食べたい。



…みたいな感じのつまんねー話ですが、本題はココカラ。
この一年ぐらいの天声人語はマジで狂ってて面白いです。
シタリ顔してるだろ、アレで世界一綺麗な文章とかいってんだぜ。
というわけで実は、上の脈絡がぶった切れまくった文章も
下の点を気にするだけで簡単に天の声、人の語りとなるのです。

①起で適当に共通点のある話題をふたつ提示。
  ※共通点とはダジャレレベルの整合性でOK。
②承で、とりあえず誰かに「けしからん」的な内容を晒す。
  ※この時、意見では無く普遍の真理を気取ること。
③転でようやく本題を出します。つまり正直、前半はいらない話題だと。
  ※ここでも普遍の真理を気取るのを忘れない。なんせ天の声ですから。
④結では脈絡とか無視して季節の話題とか雰囲気で誤魔化す。
  ※ここで初めて書き手の意見を出したっぽく振る舞うことが重要。



↓するとこうなる。




△芸術、食欲、行楽、読書、そしてスポーツ。秋も深まり、季節は巡る。行く年来る年の足音が聞こえ始めて年の瀬も近くなり、今年もフリーエージェントの季節がやってきた。例えば縦縞が目印の球団では守備の要である二遊間の選手である三人に、必死の形相で甘い声を出しているらしい。
△フリーエージェントと言えば、見出しなどでFAと省略されることがある。そういえばネット上などでは最近、別の意味を持つ単語としてFAという言葉が使われていると聞く。ファイナルアンサー、かつて日本一多忙な司会者が使っていた、一世を風靡したあの言葉である。
△先日、その番組を放映していた同局で懐かしの番組が復刻された。アイアンシェフと名を変えて、料理の鉄人たちがその腕を競う。旬の食材に高級食材。贅沢な食材を存分に利用し、時に機材トラブルにも見舞われながら、それぞれが制限時間内に至高の逸品を作り上げる。素直に料理を味わうのではなく、知ったようなコメントを吐く自身の姿に酔っているようにも見える自称審議委員達の姿には辟易するものがあるが、とにかくその番組の最後に下される判定の場面でも、やはり同局伝統の演出としてファイナルアンサーのような溜めが行われていた。
△思えばファイナルアンサーという言葉もおかしな言葉である。グローバリゼィションが進み複雑化した現代社会において、答えとは必ずしも不変のものではない。今や答えというものは、たった一つでもないのだろう。フリーエージェントの喩えを思えば自明の理である。悩んで出した答えに従い選んだ球団で、必ずしも期待通りに活躍できるとは限らない。生きる中で、絶対に変わらない、最後の答えなどありえないのだ。
△人は、もっと考えて生きる必要がある。領土問題に揺れる我が国でも、自身の意見に固執するのではなく、一度隣国の主張にも耳を傾ける必要があるのではないだろうか。きっと考え続けるという行為は、そういうことなのだ。
△しかし今は難しい話は明日考えるとして、まずは今宵の晩御飯について考えるとしよう。秋といえば秋刀魚だ。もしかするとそれぐらいは我が家の食卓における揺るぎない答えとして、ファイナルアンサーしてしまってもいいかもしれない。もちろん感謝の気持ちで、いただきます。




どうしよう。やっつけ仕事なのに思ったより出来がイイ気がする。
スポンサーサイト



2012/11/11(Sun) | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る